『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦 CORE』主役ライダーを上回る“鳴海荘吉”吉川晃司のハードボイルドぶりに熱狂&感涙【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル Feat.スカル MOVIE大戦CORE』

『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル Feat.スカル MOVIE大戦CORE』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2020年5月14日の鑑賞タイトル『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル Feat.スカル MOVIE大戦CORE』

鑑賞前の期待値「ライダー競演に参戦する吉川晃司の立ち回りぶり」

本日は、Twitterでもトレンド入りしていたが、吉川晃司が地上波連ドラで初主演を務める『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系)が6月から放送されるという明るい話題より、こちらをチョイス。

同ドラマは、『金田一耕助』シリーズで知られる横溝正史による『由利麟太郎』シリーズを映像化。吉川は白髪の名探偵・由利麟太郎で主演を務める。そして彼の助手・三津木俊助役には『烈車戦隊トッキュウジャー』のライト/トッキュウ1号を演じていた志尊淳。ヒーロー同士の競演が話題だ。

新ドラマまでも探偵役だが、今回鑑賞するタイトルでも探偵・鳴海荘吉に扮している吉川。メインは『仮面ライダーオーズ/OOO』&『仮面ライダーW』だが、特にスカルに注目したい。

鑑賞後の感想「吉川晃司と鳴海荘吉がオーバラップして見える渋い色気に釘付け」

照井竜/仮面ライダーアクセル(木ノ本嶺浩)との結婚を決めた、私立探偵・鳴海荘吉(吉川晃司)の娘・亜樹子(山本ひかる)。左翔太郎(桐山漣)とフィリップ(菅田将暉)らと戦いに巻き込まれ、プテラノドンヤミーが持つメモリーの力で荘吉の過去を垣間見ることに。一方、鴻上(宇梶剛士)による実験で織田信長のミイラからホムンクルスとして蘇生したノブナガ(大口兼悟)は、火野映司/仮面ライダーオーズ(渡部秀)らと出会う…。

映画の公開当時、放送中だった『OOO』とその前作『W』のクロスオーバー作は、物語のきっかけづくりを『W』が担い、両ライダー集結への転換を『OOO』、そして強敵に対して共闘するクライマックスという3部構成。『OOO』&『W』の新エピソードが展開させつつ互いの物語をリンクさせる描き方は、それ自体は悪くはない。

特に『W』では、劇場版『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』で初登場した仮面ライダースカルが、なぜ変身することになったのかという、いわゆる“ビギンズナイト”の物語をじっくりと魅せてくれる。荘吉の相棒・マツ役は山本太郎氏。劇中での役割を含め、何度観てもそのハマりぶりがいい。

荘吉の“初変身”は不完全な状態なのだが、その意味は物語の進行と共に明らかに。第1部終盤での切なげな佇まいもそうだが、常に背中で語るカッコよさを体現している吉川の存在感が胸アツだ。

そして3部のクライマックス。激闘を終えた後、亜樹子がなぜ荘吉が家族の元を去ったのか理由を知るシーン、さらに結婚式での憎い演出が本当に胸に染みる。亜樹子の“仮面ライダーアレルギー”をきっかけに、仮面ライダーとは、守るとは、という根本に踏み込んでいるのも興味深い。

『オーズ』のエピソードがテレビシリーズと比べツッコみたくなる部分もあるが、それを差し引いても3つのエピソードのバランスが良く、なによりも鳴海荘吉が文句なしにカッコいい。また観たくなる一本だ。

『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル Feat.スカル MOVIE大戦CORE』で一番グッときたポイントは「シンバルキック&罪を数えろ」

生身でのアクションを難なくこなす吉川の優れた運動神経に脱帽。おなじみシンバルキックを彷彿させるシーンもいい。また「さあ、お前の罪を数えろ」の決めゼリフも渋い。吉川が歌う劇中歌「Nobody’s Perfect」、大黒摩季とのユニット「DaiKichi~大吉~」名義の「HEART∞BREAKER」も世界観にぴったりだ。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル Feat.スカル MOVIE大戦CORE』について

【製作年】2010年
【監督】田崎竜太
【出演者】吉川晃司、桐山漣、菅田将暉、山本ひかる、木ノ本嶺浩、山本太郎、かでなれおん ほか
【あらすじ】人気を集めた「仮面ライダーW(ダブル)」と、その後を引き継ぎ放映が始まった「仮面ライダーオーズ/OOO」がスクリーンで本格タッグを組む「仮面ライダー」シリーズ劇場版。それぞれの仮面ライダーが活躍する「W編」と「オーズ編」に加え、Wとオーズが最強の敵に立ち向かう「MOVIE大戦編」の3部構成。
【Filmarks★評価】3.3(5点満点中)

▶『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル Feat.スカル MOVIE大戦CORE』を動画配信・レンタルで観る
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる
▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

横溝正史

生年月日1902年5月25日(79歳)
星座ふたご座
出生地兵庫県神戸市

横溝正史の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST