『殺人者の記憶法』アルツハイマーの元連続殺人鬼VS新たな殺人鬼という世界観が抜群な秀作【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】

『殺人者の記憶法』

『殺人者の記憶法』

本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。

2020年6月25日の鑑賞タイトル『殺人者の記憶法』

鑑賞前の期待値「型破りなキャラクターたちのアンサンブル」

本日は、韓国を代表する実力派俳優である『ベルリンファイル』などのハン・ソッシュと、『オアシス』などで知られるソル・ギョングの共演で注目を集めている『悪の偶像』が今週公開ということで、こちらをチョイス。

加害者と被害者、双方の父の運命が交錯するサスペンスノワールである『悪の偶像』に対し、アルツハイマーを患う元連続殺人犯ともう一人の殺人犯との対決を描く物語。ソル・ギョングが元連続殺人犯、キム・ナムギルが新たな殺人犯に扮し、『サスペクト 哀しき容疑者』などを手がけたウォン・シニョンが監督を務めている。

タイトルのインパクトもさることながら、殺人者同士の対峙、そこにアルツハイマーという要素が加わることで、どのようなドラマが生まれるのか。

鑑賞後の感想「殺人を犯した者同士の対決を軸にした物語は複雑で奥深く目が離せなかった」

アルツハイマーで元連続殺人鬼という顔を持つ獣医のビョンス(ソル・ギョング)は、ある日、接触事故を起こした男テジュ(キム・ナムギル)と出会う。目つきや雰囲気から彼も殺人犯と感じたビョンスは、警察に通報するが取りあってもらえない。やがて愛娘のウンヒ(キム・ソリョン)の彼氏として現れたテジュを、ビョンスは1人で捕まえようとするが、アルツハイマーのため記憶が途切れ混乱していく…。

今作は韓国にて予約時点でベストセラーとなり、発売と同時に1位を記録するなど、かなりムーブメントを起こした同名小説が原作。それだけの人気作ということもあり、主人公のキャクラターの特異さやストーリー設定などもエッジが効いていて、観始める前から面白そうな要素が満載だ。

そして、その期待値のハードルを軽々と打ち破ってくれた。今作では、元殺人鬼が新たな殺人鬼から娘を守ろうと行動するのだが、こうした父親としての“平凡さ”を当たり前のように組み込む人間臭さはリアリティーがあり、殺人犯であったことを忘れて思わず感情移入してしまうから不思議だ。

そして、なにより観る者の心を踊らせるのが、テジュが殺人鬼であることはビョンスしか気づいていないということ。特定の人物を除き、この視聴する側だけが知っているという状況は思わぬサスペンスを生み、ハラハラやドキドキ、心の中でのツッコミという楽しみ方を提供してくれる。ベタな手法だが悪くない。

加えてアルツハイマーという病。これもまたサスペンス感をアップする強烈なスパイスをなっており、ビョンスの運命をも左右する力を発揮するなど、どこまでいっても飽きさせない入れ子構造に感嘆した。

倫理的にも道徳的にも法律的にも決して殺人は許されざる行為ではあるのだが、物語の中ではその人間性などもプラスされ、登場人物が魅力的に描かれているのも◎。のぞいてはいけない世界、足を踏み入れてはならない領域、そして時間の残酷さ。さまざまな要素が食い合うことなく抜群の相乗効果を発揮し、ミステリーとしてアンフェアな面も少なからずあるものの、一つのドラマとして心ゆくまで堪能できた。

“別バージョン”とされている『殺人者の記憶法:新しい記憶』も機会があれば観てみたい。

『殺人者の記憶法』で一番グッときたポイントは「クオリティーの高い画」

ソル・ギョングとキム・ナムギル、両者の圧倒的な差を見せつけるような体付きを含めた役作りも見事だが、さらに感情の爆発がにじみ出るような対決シーン、大迫力の事故シーンなど、画力の強さが物語を色濃くしていた。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『殺人者の記憶法』について

【製作年】2017年
【監督】ウォン・シニョン
【出演者】ソル・ギョング、キム・ナムギル、キム・ソリョン、オ・ダルス、ファン・ソクチョン ほか
【あらすじ】ソル・ギョングが、アルツハイマー病の元連続殺人鬼のビョンス役で役者魂を全開にし、キム・ナムギルと壮絶な演技バトルを繰り広げる!秀逸なストーリー展開やどんでん返しに、一瞬たりとも目が離せないスリラー!! ある日、接触事故を起こしたビョンス。彼は、相手の車のトランクに積まれたバッグから流れ出る血や、その目つきから、運転していたテジュが最近起きている連続殺人事件の犯人だと確信する。なぜなら、ビョンスも元連続殺人鬼だったのだ!!
【Filmarks★評価】3.6(5点満点中)

▶『殺人者の記憶法』を動画配信・レンタルで観る
▶TSUTAYAプレミアムを利用してみる
▶【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】アーカイブを読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ソル・ギョング

生年月日1968年5月1日(52歳)
星座おうし座
出生地

ソル・ギョングの関連作品一覧

キム・ナムギル

生年月日1981年3月13日(39歳)
星座うお座
出生地

キム・ナムギルの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST