1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. No.21『ラッキーセブン』【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

No.21『ラッキーセブン』【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

ラッキーセブン

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『ラッキーセブン』を選んだ3つの決め手

決め手その1『推理小説しない探偵もの』

いわゆる“月9”で放送されていたドラマ。今でこそ恋愛もの以外を多数放送しているが、この頃からこうしたテイストが急増。今作は探偵もので、しかも推理小説にでてくるようなタイプではない。単純に興味深い。

決め手その2『アクション』

興味がない人にとってはあまり心引かれない要素かもしれないが、連ドラで公式が本格アクションと正面切って推しているからには、そうではない人でもその完成度が気になるところ。松本潤や瑛太のカッコよさに期待!

決め手その3『豪華キャスト』

そう言うのは簡単だが、メインキャストを見るとたしかに豪華。松本潤に瑛太、大泉洋、松嶋菜々子と主役級だけでなく、仲里依紗や角野卓造、谷原章介、金田明夫など硬軟織り交ぜた芸達者が勢ぞろいしている。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『ラッキーセブン』3話分の感想

第1話「各キャラの顔見せとしては良し。探偵感アップに期待」

リアルタイムでも鑑賞したが、公式を見ると、「小さな探偵社を舞台にした群像劇」で、「アクション」「笑い」「前向きさ」というのがテーマの3本柱とのこと。

実際に観る際にはテーマを意識しながら…という人は少ないと思うが、たしかに探偵社メンバーが衝突や葛藤を繰り返しつつチームとして案件を解決するという雰囲気が、第1話からほんの少しだがうかがい知れた。

というのも松潤演じる時多駿太郎が新米探偵となるエピソード。シンプルな内容だが、新田輝(瑛太)や旭淳平(大泉洋)などくせ者感あふれるメンツの“顔見せ”としては見せ場も多く、合格点と言える展開だろう。

まだ探偵ものテイストは薄めだが、今後に期待は持てそうだ。

中盤話(第5話)「思いもよらぬ展開に、探偵社の行く末が心配に」

サブタイトルが「別れの予感、駆ける夜」となっており、どうなることやらと思いながら観ていると、まさかまさかの“あの人”が、とある事情でいなくなってしまうようだ。

ストーリー的には全話から継続している模様。だからといって意味不明という感じもなく、話の本筋はつかめる。ただ、縦軸と描いていく展開に絡んでいるためだろうか。やや思わせぶりな描写が多く、いきなり駿太郎が中心人物に成り上がり過ぎているのが少し気になった。

もちろん主役だし、秘めたる能力もそれにふさわしいものだから問題はないが、もう少しその辺りの描写があると感情移入がしやすい。とはいえ、一致団結感と謎の散りばめ具合は、これでもかと濃いめでいい。

最終回「謎解き&アクションの痛快さをライトに楽しめた」

そんなこともあるものかと、去って行ったと思われた“あの人”がめでたく復帰。しかし、体つきや醸し出す雰囲気から、アクションが似合う俳優だなと再確認した。ただ、ぜいたくを言うなら、もう少し探偵社のメンバーとの絡みがあっても良かったかも。

クライマックスとしては盛り上がったので万事OKだが、壮大な謎だけに、ちょっと解明に尺をとられ、今作らしいテンポの良さが少し緩やかに感じた。それはそれで、探偵ものとして、また縦軸展開の結末として必要な描写なので、文句は特にない。

探偵ものだけど視聴者は推理する必要はなく、謎、解決、アクション、小気味よさという方向性で楽しめるのは面白い。恋愛なしの月9も悪くない。

『ラッキーセブン』の3項目★付け評価

★は最大5点

・脱・恋愛路線:★5/入れようと思えば入れられるだけの環境がありながら、恋愛以外で描き切った今作は好印象。もっと観たい。
・大泉洋:★4/できそうででききれない。頼れそうで頼り切れない。でも欠かせない。そんな存在を演じさせたら絶品!
・アクション:★4/テーマの一つなだけあり、たしかに見応えはあった。痛快&爽快なアクションシーンもたまには悪くない。

『ラッキーセブン』について

【製作年】2016年
【出演者】松本潤、瑛太、仲里依紗、小山慶一郎、入来茉里、後藤奏佑人、吹石一恵、谷原章介 ほか
【あらすじ・みどころ】東京・北品川にある小さな探偵事務所を舞台にしたフジテレビ系“月9”ドラマ。個性的な探偵たち7人がチームワークを武器に、難解な案件に挑んでいく。松本潤、瑛太、松嶋菜々子、仲里依紗ら豪華出演陣が魅力。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

松本潤

生年月日1983年8月30日(38歳)
星座おとめ座
出生地東京都

松本潤の関連作品一覧

瑛太

生年月日1982年12月13日(38歳)
星座いて座
出生地東京都板橋区

瑛太の関連作品一覧

仲里依紗

生年月日1989年10月18日(32歳)
星座てんびん座
出生地長崎県

仲里依紗の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST