1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. 【No.51】『素敵な選TAXI』【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

【No.51】『素敵な選TAXI』【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

素敵な選TAXI

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

今回選んだタイトル『素敵な選TAXI』

今回は、Twitterのトレンド&Yahoo!トピックスに生田斗真の名前があり、何があったと思ったら清野菜名との結婚報道だったことから、こちらをチョイス。

『素敵な選TAXI』を選んだ3つの決め手

決め手その1『アイデア』

タイムトラベルものは数多くあれど、タクシーに乗って走るだけで時間を戻せるというのは面白い。しかも“分岐点”というわかりやすくももどかしい指標を示しているのもポイントは高めだ。

決め手その2『竹野内豊』

二の線も三の線もいける竹野内豊が主演。最近ですっかり三枚目づいている気もするが…。そして主演なのに各エピソードでは“主役”じゃないのも興味深い。ゲストキャストとのコラボに期待だ。

決め手その3『バカリズム』

ピン芸人でありながら、脚本家としての顔をはじめ、多方面でマルチに活躍。気づけば向田邦子賞にも輝いている。そんなバカリズムが脚本を務める本作には、本人も出演している。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『素敵な選TAXI』3話分の感想

第1話「世界観&設定は良好。うまくいけば傑作の予感」

初回は顔見せというのが常套手段の一つではあるが、まるで何事もなかったかのように本題に入るスムーズさは嫌いじゃない。TEAM NACSの一員である安田顕と、ひと頃の何かから脱した感のある小西真奈美がゲストで主役だ。

狙い澄ましたかのような「選択肢」をキーワードにしたセリフの数々。主人公が枝分(えだわかれ)、彼の行きつけが「cafe choice」、そして乗っているのが「選TAXI」と至れり尽くせりで、いよいよ面白い。

レトロな車内の雰囲気とは裏腹に、分岐点まで戻ることができる。アンバランス感も悪くない。先読みできないちょっとしたミステリーと、小洒落たノリ&クスッとくる笑い。設定は良さげなので、あとはゲストキャラの設定&脚本次第で化けそうだ。

中盤話(第5話)「フォーマットの虚を突く展開&小ネタ攻めで飽きさせない」

フォーマットがある程度決まっているだけに、中盤あたりはだれてきそうな悪い予感がしていたのだが、それも何のその。なぜ選TAXIで戻る際に、映画やドラマであるようなタイムトンネルや時空空間といった“タイムスリップ感”がないことの“真相”が明かされる。

まったくもって小ネタだが、こうした要素を突いてくるあたりが心憎い。

今話では吉田羊が婚活パーティーで目をつけた男性を巡る物語なのだが、その男性役が袴田吉彦というキャスティング。絶妙すぎてニヤニヤしまう。しかも戻る理由がしょうもないのだが、そんなささいなことでもやり直せたら…と思うのが人情なのだろう。

挙げ句の果てに、斜めちょっと上だけをいくオチも意外に効いていた。

最終回「脚本と演出の秀逸な組み合わせに気持ち良くノックアウト」

どこまででもエピソードを続けていけそうな物語だが、最終回では枝分自身が選TAXIの客となる。王道チックなストーリーだが、バカリズムの一癖&何ひねりもある脚本なら、きっと思いも寄らぬ展開で楽しませてくれるはずだ。

その期待に見事に応えてくれた。いろいろと仕掛けはあるのだが、もっとも目立ちながらも巧妙なのが、サブタイトルの話数表示。あの数字の出し方で、想像がふくらみ、内容への期待感が高まるのだ。

そして本編自体も言うことなし。実はあの人がああで、枝分はやっぱり…という。予想と裏切りのブレンドが美しい。できることなら、もっともっと物語を観ていたい。

『素敵な選TAXI』の3項目★付け評価

★は最大5点

・脚本:★5/アイデアの絶妙さと細かそうでアバウトな設定。それを彩る演出もすばらしく、まさに素敵だ。
・枝分:★5/やはり何を置いても主人公のキャラクターは大きかった。芝居巧者の竹野内に盛大な拍手を!
・小道具:★4.5/レトロなタクシーに本人代行のパネル。タイムスリップ感の演出を狙ったアイテム。小道具に乾杯だ。

『素敵な選TAXI』について

【製作年】2014年
【出演者】竹野内豊、バカリズム、南沢奈央、清野菜名、デビット伊東、升毅 ほか
【あらすじ・みどころ】フジテレビ系にて放送された主演・竹野内豊、脚本・バカリズムという異色タッグによるファンタジー・ドラマ。乗客の望む過去に遡ることができる不思議な“選TAXI”の運転手・枝分と、さまざまな人間たちの出会いを描く。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

竹野内豊

生年月日1971年1月2日(49歳)
星座やぎ座
出生地東京都

竹野内豊の関連作品一覧

バカリズム

結成年月日1975年11月28日(44年)

バカリズムの関連作品一覧

関連サイト

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST