1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. 【No.61】『神との約束』【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

【No.61】『神との約束』【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

神との約束~

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

今回選んだタイトル『神との約束~』

今回は、前々から気になっていたドラマが全話動画見放題の対象となっていたので、こちらをチョイス。

『神との約束~』を選んだ3つの決め手

決め手その1『タイトル』

ドラマを観るかどうか決める際、キャストやあらすじもさることながら、やはりタイトルのインパクト大事な要素の一つ。そこでいくと今作は神と約束という、いかにも意味深なワードの組み合わせで興味がそそられる。

決め手その2『夫婦の愛の物語』

このように表現すると夫婦間での問題を中心とした展開を想像しがちだが、今作ではそこに子どもの命を絡めることで、単なる愛ではなく、道徳や倫理といった面からのジレンマも。観る者が試されそうで面白い。

決め手その3『実力派キャスト』

『花より男子~Boys Over Flowers』『キレイな男』などのハン・チェヨンが息子の命を何としてでも守ろうとするソ・ジヨン役、その元夫役は『トンイ』『秘密』などのペ・スビン。人気と実力を兼ね備えた役者陣の熱演に期待だ。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『神との約束~』3話分の感想

第1話「ショッキング&インパクト大きい出だしで掴みはOK」

なかなか不穏かつ波乱含みの場面から物語がスタート。なにがしかの裁判が行われているようだが、このあたりが本作のメインテーマとなるようだ。最近はこういったインパクトのあるシーンから始め、そこから過去へ遡って事情を描くという手法をよく見かけるが、ベタだが気を引きやすい演出で悪くはない。

ジヨン(ハン・チェヨン)と息子ヒョヌ、再婚した夫ソン・ミノ(イ・チョニ)の3人が、ある日、ヒョヌの骨髄性白血病が判明し幸せな日々が暗転。しかもジヨンもヒョヌの実父キム・ジェウク(ペ・スビン)、誰も適合者になれないというのは悲惨すぎる。

そしてジェウクの現在の妻ウ・ナギョン(オ・ユナ)が怖すぎる。親友だったジヨンから計画的にジェウクを奪うなどドロドロ。こんな2組の家族が子どもの命を軸にどのような運命をたどるのか、見ものだ。

中盤話(第15話)「感情移入を誰にするかで見方が一変する面白さ」

視聴を始める前にチェックしたあらすじによると、ジヨンはヒョヌの骨髄移植を実現するため、ジェウクとの第二子を…という手段を選択している。禁断かつ最終とはよく言ったもので、まさに究極過ぎる。誤解を恐れず単純に言ってしまえば、許せるかどうかということ。そりゃ見応えがあるはずだ。

今話ではナギョンがまたやってくれる。ヒョヌの白血病再発に気づきつつも、息子として育てているジュンソの骨髄を取られたくなくてだんまり…いや、見方を変えればナギョンはナギョンでジュンソを守りたいだけなのだろう。母としての心情にはいたみいる。

ヒョヌは自分のために弟は死んだと思っていたのが、実は生きていることを知り、どんどん可愛がる。ヒョヌのいい子キャラは鼻につくことなく素直な気持ちで観られる。

最終回「心情面を重視した展開は染み入るビターテイストが◎」

設定面を論理的に考えれば、およそ現実的ではないのだが、その実、どこかありそうなことと思えてしまうのは、テーマ性だけでなくキャスト陣の熱演もあってのことだろう。

裁判ではナギョンから責め立てられるジヨンが発する言葉が、とにもかくにも心に突き刺さる。果たして自分だったらできるだろうか…。涙腺を静かに刺激してくるいいシーンの一つだ。その後のナギョンはちょっとかわいそうになる。見る角度次第ではナギョンも被害者の一面も。もちろん許されないこともしてきたのだが、ナギョンの行動が切なすぎた…。

最終的には登場人物たちがそれぞれの居場所的なものを見つけたように描かれるのだが、スッキリしたようでしない。まるで本当に人生のようにビター味わいだった。

『神との約束~』の3項目★付け評価

★は最大5点

・設定:★5/リアリティーを求めるのもありだが、本作では現実感より人間に注視して視聴すると味わい深い。
・ナギョン:★4/オ・ユナ演じるナギョン。いろいろとかき回してくれるのだが、最後の最後に切なくも胸打たれた。
・丁寧さ:4/ド派手なシーンはほぼないが、キャラクターと物語をじっくりと楽しめる演出は好感が持てた。

『神との約束~』について

【製作年】2017年
【出演者】ハン・チェヨン、ペ・スビン、イ・チョニ、オ・ユナ ほか
【あらすじ・みどころ】妊娠中に夫に裏切られて離婚したジヨン。出産した彼女はミノと出会い再婚し、3人で幸せに暮らしていたのだが、息子が白血病を発症し…。ハン・チェヨン扮するジヨンの、息子に深い愛情を注ぐリアルな母親の姿や、ジェウクの複雑な心情を見事に表現するペ・スビンの演技に引き込まれる。実力派俳優たちの熱演や壮絶なストーリー展開が話題となり、韓国では最高視聴率18.4%、12週連続同時間帯視聴率第1位を記録した、2組の夫婦の愛と憎しみの物語。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ペ・スビン

生年月日1976年12月9日(43歳)
星座いて座
出生地

ペ・スビンの関連作品一覧

イ・チョニ

生年月日1979年2月19日(41歳)
星座みずがめ座
出生地

イ・チョニの関連作品一覧

関連サイト

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST