1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. 【No.65】『恋愛じゃなくて結婚』【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

【No.65】『恋愛じゃなくて結婚』【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

恋愛じゃなくて結婚

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

今回選んだタイトル『恋愛じゃなくて結婚』

今回は、昨日の水樹奈々に続き、本日も小野賢章&花澤香菜と声優の結婚ニュースが続いたことから、こちらをチョイス。

『恋愛じゃなくて結婚』を選んだ3つの決め手

決め手その1『どストレート』

価値観は人それぞれ。それも恋愛や結婚となれば、その度合いもより強まるもの。さらに、そうした考え方にも多様性や変化が現れている現代、こんなにも真っ直ぐなタイトルで勝負というのは見ものだ。

決め手その2『ストーリー』

結婚したい女性と結婚したくない男性という正反対な考えを持つカップルを中心に、結婚観が異なる人物たちの恋愛と結婚に対する心理を追求。ラブコメながら一線を画すストーリーが話題を呼んでいたよう。期待が高まる。

決め手その3『フレッシュ』

『烏鵲橋の兄弟たち』『男が愛する時』などで知られるヨン・ウジンもドラマ初主演作。ヒロインは歌手活動もするハン・グル、さらに「2AM」のジヌン、「Secret」のソナらPOPスターもずらり。フレッシュな演技に注目したい。

『恋愛じゃなくて結婚』3話分の感想

第1話「ラブコメ全開のヒロインがどう転がっていくのか」

初回のサブタイトルは「礼儀正しく別れる方法」。いきなり波乱の展開を予感させる中、風船やバラの花びらで飾り付けをしながら待つジャンミ(ハン・グル)の元に、彼氏のフンドン(ホ・ジョンミン)がやって来るのだが、彼女の結婚願望を感じ取り、バスルームへ逃げ込む。のっけからなかなか。

挙げ句の果て、お見合い中に相手から水をかけられた整形外科医のギテ(ヨン・ウジン)は、友人のフンドンから助けを求められ、フンドンを連れて帰るという荒技。いやあ結婚したい女性からすると、見事なまでの“敵”ぶり。じゃあそういう相手と付き合わなければ…考えるのは浅はかで、やっぱり価値観は多様だと思い知らされる。

ここからラブコメらしく、ギテの母親がジャンミのことを自分の息子と結婚したがっている彼女と勘違いし家に誘ってしまう。一見クールなギテと、ラブコメまっしぐらなキャラのジャンミ。どう転がっていくのだろうか。

中盤話(第8話)「認められない、認めちゃいけない2人の関係は…」

中盤話のサブタイトルは「メリーミー イフ ユーキャン」。直訳すると、「結婚して できるなら」となる。どうやらギテの母ボンヒャンは、ジャンミを息子の恋人だと信じるも、2人の仲を認める気はない様子。口では結婚を勧め、両家の顔合わせも設定するのだが、何を企んでいるのやら。なかなか興味深い。

しかもジャンミに対して早くも“鬼姑”ぶりを早くも発揮。よく分からないが、周りにこんな人がいたら怖すぎると背筋がひやり。先の読めない展開は悪くない。

ジャンミとギテは“偽装恋愛”をしているようなのだが、ジャンミは次第にギテに引かれていく。このあたりは若干、ご都合主義を感じしてしまうので、もう少し説得力がほしい。ただロマコメにそこまで求めても…と思い、素直に楽しむことにする。

最終回「なんだかかんだで“らしく”あることが一番かも」

母親が病気であることを知ったジャンミはギテと家に戻るが、母親はギテと一緒にいることに不満な様子。まあ自分が大変なので仕方はないけど、さすがに認めてあげればと思ってしまう。そして、ギテがいよいよジャンミにプロポーズ!なのだが、両親が離婚の危機にある中、なぜこのタイミングなのだろうと、さすがにラブコメとはいえ、本気でツッコみたくなる。

もろもろあった後、再びギテがプロポーズをしようとするのが、どうして突然なのか。ジャンミがおしゃれな場所でというのも無理はない。ただ独身至上主義だったギテがここまで変わるのには、ちょっと感動する。

さらになんだかんだあるのだが、最終的にはジャンミとギテらしい結末が。そんな最終話のサブタイとは「それでも結婚」。良くも悪くも恋愛と結婚は2人が幸せなら…と改めて感じた。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『恋愛じゃなくて結婚』の3項目★付け評価

★は最大5点

・ジャンミ:★5/行きすぎた行動が目につくものの、恋愛や結婚に真っ直ぐな姿が好印象だ。
・結婚観:★4/人生の大きなイベントの一つだが、捉え方は千差万別。リアリティーある展開で描いたのは○。
・キャスト:4/フレッシュなメンバーを中心に、ベテランが脇を固める。物語に奥行きが出ていた。

『恋愛じゃなくて結婚』について

【製作年】2014年
【出演者】ヨン・ウジン、ハン・グル、チョン・ジヌン、ハン・ソナ ほか
【あらすじ・みどころ】元カレにストーカー扱いされた結婚したい女。両親から結婚をせっつかれている独身至上主義の男は、彼女を恋人と紹介して結婚を破棄させようと考えるが……。ヨン・ウジン主演、リアルなロマンティック・コメディ。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST