1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. 【No.83】『ノーサイド・ゲーム』大泉洋の名演に感銘!起死回生のカタルシスが痛快【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

【No.83】『ノーサイド・ゲーム』大泉洋の名演に感銘!起死回生のカタルシスが痛快【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

ノーサイド・ゲーム

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

今回選んだタイトル『ノーサイド・ゲーム』

今回は、本日が「ラグビーの日」ということで、池井戸潤の小説が原作で社会人ラグビーチームの奮闘を描くこちらをチョイス。

『ノーサイド・ゲーム』3話分の感想

第1話「池井戸潤作品×大泉洋の化学反応は滑り出し上々」

数々のヒット作を生みだしてきた池井戸潤&TBSの日曜劇場。そして「TEAM NACS」としては池井戸作品出演が最後となったが、大泉洋が主演ということで、当時も期待感を持って視聴し始めたのを覚えている。

顔アップや怒鳴り声など池井戸ドラマには“お約束の演出”も健在。このあたりの王道的な雰囲気さえ合えば今作は楽しそう。スポーツものなので好みはあるだろうが、主人公・君嶋のキャラクターが大泉洋の雰囲気もあいまって面白い。

冒頭の彼の顔アップの表情や自宅での妻・真希(松たか子)とのやり取りなどを見るにつけ、いろいろ意味で窮地に追い込まれたりイジられたりがここまで似合う俳優もなかなかいない。そのあたりも楽しみたい。

中盤話(第5話)「スポーツのものとしてもビジネスものとしても楽しめるのは◎」

本作は廃部寸前のラグビー部・アストロズを、素人の君嶋がゼネラルマネージャー(GM)となって部員たちと再建を目指していくのだが、物語の見せ方としてビジネスに通じるような要素を絡めて展開していくのは興味深い。

またラグビーは複雑なルールがいくつかあるのだが、そのあたりはアナリスト・佐倉多英(笹本玲奈)とのやり取りや監督の柴門(大谷亮平)のセリフで自然と解説。見やすさとわかりやすさを両立していて素晴らしい。

それにしても米津玄師の『馬と鹿』が絶妙。盛り上がりや感動をより強めてくれる。名作には名曲が欠かせないが、相乗効果がすごすぎる。

最終回「クライマックスのまとめた方まで爽やか&鮮やか!」

アストロズの大黒柱・浜畑(廣瀬俊朗)のケガや君嶋の“真の敵”など、引っ張るところは引っ張りつつも見せ場はテンポ良く出し惜しみなし。中だるみせず、のめり込ませる手法は気持ちいい。

さらに試合シーンも抜群。広いコートを走り回ったりスクラムのために人が集中したり動きは複雑だが、選手の表情を見せつつプレーもダイナミックに見せる。演技とわかっていても臨場感と緊張感は圧巻といえる。

多くの味付け要素はあるものの、軸はスポ根ドラマ。ただ、単純に精神論に終始しない作風には、いろいろ感じ方はあるだろうが、あえてストレートな「頑張れ」という言葉がよく似合う。それにしても大泉洋という俳優のうまさを再認識した。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『ノーサイド・ゲーム』の3項目★付け評価

★は最大5点

大泉洋のハマリ役ぶり:★5/ビジネスとスポーツを融合した物語:★4.5/スポーツ熱が低くとも心底、楽しめる:★4

『ノーサイド・ゲーム』について

【製作年】2019年
【出演者】大泉洋、松たか子、高橋光臣、眞栄田郷敦、笹本玲奈、入江甚儀、松尾諭、石川禅 ほか
【あらすじ・みどころ】池井戸潤原作小説を大泉洋主演で映像化するTBS系ドラマ。大手自動車メーカーに務めるサラリーマンが左遷され、ラグビーチームのゼネラルマネージャーを兼務することに。彼自身とチームの再起をかけた戦いを描く。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

アーティスト情報

大泉洋

生年月日1973年4月3日(47歳)
星座おひつじ座
出生地北海道江別市

大泉洋の関連作品一覧

松たか子

生年月日1977年6月10日(43歳)
星座ふたご座
出生地東京都

松たか子の関連作品一覧

関連サイト

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST