1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. 【No.93】『仮面ライダー鎧武』世界観の奥が深い!葛藤や成長、選択や信念を描いた人間ドラマが◎【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

【No.93】『仮面ライダー鎧武』世界観の奥が深い!葛藤や成長、選択や信念を描いた人間ドラマが◎【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

仮面ライダー鎧武

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

今回選んだタイトル『仮面ライダー鎧武』

今回は、9月16日の語呂合わせにちなみ、公式から『仮面ライダー鎧武』の完全新作『鎧武外伝』の制作が決まったというニュースが発表され、Twitterでトレンド入りしていたことから、こちらをチョイス。

『仮面ライダー鎧武』3話分の感想

第1話「初変身までの流れがナチュラルで好印象。オレンジ落下はキュート」

令和2作目となる『仮面ライダーセイバー』が現在放送中だが、鎧武は平成仮面ライダーシリーズの15作目。「戦国武将」と「フルーツ」というモチーフは言葉だけではイメージしにくいが、ビジュアルを観ると何とも様になっているから不思議だ。

佐野岳演じる葛葉紘汰のセリフ、「俺は変身したい」のくだりは、その後鎧武に変身することを思えば、なかなか味わい深い。今となっては違和感ないが、頭上からオレンジが落ちてくる変身シーンは、今観てもキュートで新鮮味がある。

変身アイテムを手にするまでの流れはスムーズだし、初変身や武器の使い方に戸惑う姿なども、ややご都合感はあるが自然。脚本を『魔法少女まどか☆マギカ』などで知られる虚淵玄なだけに、今後どのような展開を見せてくれるのか興味は尽きない。

中盤話(第23話)「主人公のパワーアップ回は人間的な部分も見えて○」

前話の最後で明かされ、今話の冒頭の振り返りでも流れた第1話で倒した敵に関する衝撃の事実に脅かされつつ、こうした切なさも虚淵玄らしく見応えがある。

中盤話だけに世界観に関することが明かさるなどいろいろ動きがあり面白いが、主人公が絶望から立ち直るエピソードや、ヒーローものには欠かせない主役のパワーアップなど見逃せない要素も盛りだくさんだ。ただ、パワーアップ用の変身アイテム、あんなあっさり手に入れるというのは意外な描き方だった。

それにしてもレギュラーキャストが高杉真宙、「BOYS AND MEN」の小林豊、久保田悠来らと今ではそうそうたるメンバーだが、DJサガラ役の山口智充の芸達者ぶりも光る。

最終回「主要キャラの成長ぶりに感銘&ラストにふさわしい共闘が胸アツ」

それぞれのキャラクターの後日談が語られるという穏やかな流れの中、突如として敵が出現。だがすでに戦極ドライバーを失った呉島光実(高杉真宙)らは変身できない。最後までハラハラ、ドキドキさせてくれる脚本は盛り上がる。

どんな流れになるのかなと思っていると、城乃内(松田凌)の男気はカッコいいし、ミッチの「僕たちがヒーローにならなきゃいけないんだ!」というセリフが実にしびれる。

そして極めつけは紘汰/鎧武の帰還。ミッチの成長ぶり&鎧武&仮面ライダー龍玄の共闘に、思わず胸が躍る瞬間だ。特撮らしいアクションはもちろん、奥深い世界観の中でキャラクターたちの成長を描いた物語は良かった。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『仮面ライダー鎧武』の3項目★付け評価

★は最大5点

モチーフの意外性と変身シーンのインパクト:★5主人公・葛葉紘汰の思想と脚本の奥行き:★4.5/ストーリーが行き着いた先と紘汰の決断:★4

『仮面ライダー鎧武』について

【製作年】2013年
【出演者】佐野岳、小林豊、高杉真宙、志田友美、久保田悠来 ほか
【あらすじ・みどころ】沢芽市は巨大企業ユグドラシル・コーポレーションの後押しを受けて急速な発展を遂げ、人々は豊かな暮らしを享受していた。しかし、どこかその環境に閉塞感を感じる若者たちはストレスを溜め込み、それをストリートダンスで発散させていた。そんな若者たちの間では、錠前型のアイテム“ロックシード”で小動物インベスを召喚して戦わせるゲームが密かに流行し、ダンスチーム同士で白熱したバトルが行われるようになるが、小動物の生息地である“異世界”から得体の知れない怪物が侵入し始め、沢芽市は混乱に巻き込まれていく。一方、あるきっかけで異世界に迷い込んでしまった葛葉紘汰はオレンジのロックシードとベルト“戦極ドライバー”を手に入れ、仮面ライダー鎧武(ガイム)に変身して人々を守る正義の戦いへと身を投じていく。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

佐野岳

生年月日1992年4月3日(28歳)
星座おひつじ座
出生地愛知県

佐野岳の関連作品一覧

小林豊

生年月日1989年3月19日(31歳)
星座うお座
出生地滋賀県

小林豊の関連作品一覧

高杉真宙

生年月日1996年7月4日(24歳)
星座かに座
出生地福岡県

高杉真宙の関連作品一覧

関連サイト

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST