1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. 【No.94】『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』ゲームへの深い愛が詰まりつつ、ドラマとしても良バランスな画期的な一作【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

【No.94】『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』ゲームへの深い愛が詰まりつつ、ドラマとしても良バランスな画期的な一作【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

今回選んだタイトル『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』

今回は、本日からソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の新ハード「PlayStation 5」(PS5、プレステ5)の予約が開始されたというニュースを目にしたので、こちらをチョイス。

『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』3話分の感想

第1話「レトロゲームの懐かしさ&登場人物の物語の化学反応に期待」

とにかく設定&演出がいい。主人公の渡辺礼治(田中圭)が、ゲームセンターだった実家を訪れ、ゲームに夢中になった過去を回想しつつ物語が進行するのだが、そこには実在のゲームが登場。当時を知る人はもちろん、ゲーム好きのファン心をくすぐってくる。

第1話には『ゼビウス』『クレイジー・クライマー』『ギャラガ』『パックマン』などが登場。映像やBGMにテンションが上がり、プレイ気分をそそられる。現在と過去の時間軸を行き来しつつ物語は描かれるようなので、今後に期待したいところだ。

田中圭ほか、波瑠や浜野謙太ら本人が中学生を演じているのは違和感あるが、どことなくキュートで悪くない。『ゼビウス』のゲームデザイナー・遠藤雅伸氏が出演しているのも見どころだ。

中盤話(第6話)「箱をはじめ新品感へのこだわりに脱帽」

ゲームを通じて仲を深めたが大人になり、礼治は就職活動に失敗、木戸はゲームプログラミング会社を起業、高野(波瑠)はファッション雑誌の編集者にと、三者三様の人生模様が興味深い。

どう絡んでいくのかと思ったら、企画に悩む高野が木戸の言葉から思いついたゲームコラボが実現。ところがアクシデントが発生し礼治に助けを求めるという、少々ベタだが流ちょうな展開は悪くない。

『スーパーマリオブラザーズ』や『熱血高校ドッジボール部』、『グラディウスIII』といった名作・人気作が目白押し。今作の原点的なゲームタイトルが『ゼビウス』だった理由が、それとなくわかるような内容、展開は心憎い。

最終回「作品から感じられるゲーム愛と、長い年齢を演じきったキャストが見事」

礼治と木戸が思い出のゲームで対決したり、礼治の父・雅史(佐藤二朗)のゲーム愛が炸裂したりと、ドラマとしての最終回にはふさわしい展開は観ていてすがすがしい。

年を重ねる中でゲームとの付き合い方、向き合い方が変わったが、礼治と木戸、高野の関係は健在。不思議だが、好きなもの・大事なものを共有し同じ時代を共に過ごしたことが3人の関係性を表している気がした。

ゲームを添え物としてではなく、ストーリーにうまく絡めつつ、しっかりゲームとしても見せる。そんな今作はいい味を出しているので、ゲームファン以外でも楽しめるはず。『ドラゴンクエスト』を扱った界には堀井雄二氏も出演しているようなので、この連休中に全話視聴してみたい。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』の3項目★付け評価

★は最大5点

ゲームを主軸に据えドラマとしても成立:★5/こだわりと愛に満ちたゲームの取り上げ方:★5/長い年月を過ごすキャラクターを演じきったキャスト:★4

『ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~』について

【製作年】2014年
【出演者】田中圭、波瑠、浜野謙太、川島潤哉、松浦祐也、佐藤二朗 ほか
【あらすじ・みどころ】主人公の中年男性がかつてゲームセンターを営んでいた実家を訪れ、仲間とゲームに夢中になった過去を回想していく。実在ゲーム・ソフトを登場させつつ、少年たちの成長を振り返るドラマ。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

田中圭

生年月日1984年7月10日(36歳)
星座かに座
出生地東京都中央区

田中圭の関連作品一覧

波瑠

生年月日1991年6月17日(29歳)
星座ふたご座
出生地東京都足立区

波瑠の関連作品一覧

浜野謙太

生年月日1981年8月5日(39歳)
星座しし座
出生地神奈川県

浜野謙太の関連作品一覧

関連サイト

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST