1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. 【No.102】『チャングムの末裔』料理にラブ、コメディ要素が絶妙なマッチ感で“美味”【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

【No.102】『チャングムの末裔』料理にラブ、コメディ要素が絶妙なマッチ感で“美味”【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

チャングムの末裔

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得意ないためご注を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

今回選んだタイトル『チャングムの末裔』

今回は、本日が「アメリカンドッグの日」ということで何かしら食べ物テーマの作品を探すと、以前から気になっていたタイトルが全話見放題の対象になったことから、こちらをチョイス。

『チャングムの末裔』3話分の感想

第1話「食のエリートと無頓着なヒロインが巻き起こすグルメ騒動が楽しそう」

冒頭からハン・ジョンシク(キム・ヒョンジュン)の華麗な包丁さばきが心地よく、一体どんな料理ができ上がるのか自然と楽しみになってしまう。完成した料もおいしそうで、そちら方面でも堪能できそうなのは期待が持てる。

伝説の宮廷料理人デ・チャングムの能力を、絶対味覚、絶対嗅覚、絶対触覚と3兄妹に分かれて受け継がれるという設定は、いろいろな展開が想像できて興味をそそられる。能力の見せ方、とりわけ嗅覚担当のハン・ジンミ(イ・ヨルム)の演出が面白い。

そんな食のエリートたちの中に興味を持たないポク・スンア(ユリ)が加入して一悶着起こす。ある意味、王道ではあるがポップでキャッチーな雰囲気や映像にマッチ。今後が楽しみだ。

中盤話(第12話)「料理も恋も“おいしそう”な展開の連続で○」

植物に悩みを話しかけるジョンシク。なんだかとってもキュートで、どことなく共感を覚える。アイドルを目指しているジンミが事務所に入るのだが、一歩踏み入れた時に匂いで堪能する姿は悪くないのだが、日常生活大変そう…といらぬ心配をしてしまう。

そんなジンミは、事務所にコネで入った人がいるという噂が出回り憤るが、彼女が目をつけているミンヒョクが関係していそうで一波乱ありそう。スンアに一途な思いを寄せるジョンシクの健気な行動や、サネを含めた関係性などラブ要素も悪くない。

コンビニフードのアレンジメニューが、ジャンクな雰囲気満載だがおいしそう。似た何かで再現したくなった。

最終回「脚本&世界観のバランスの良さが視聴後の爽快感をアップ!」

今話の幕開けも料理シーンからで、視聴する時間帯を考えないと普通に“飯テロ”に。しかも当然ながら韓国料理なので、すぐには食べられない&マネできないので注意が必要かしれない。

ジンミとミンヒョクのやりとりはまさにラブコメ全開。残るジョンシクとサネもそれぞれいい人と…。個人的には思うところもなくはないが、ハッピームード満開なのは心地いい。また薄々想像はしていたが、結果的にそこがくっつくのかという組み合わせも悪くない。

終盤では3兄妹の“決まり”に関する事実が明らかになるのだが、それを踏まえて振り返ると、それまでの必至さにクスッとしてしまう。それでも大切な誰かと食事をする大事さは伝わってくるし、食とラブ、そしてコメディーのバランスに優れたドラマだった。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『チャングムの末裔』の3項目★付け評価

★は最大5点

思わず食べたくなる料理の数々:★5/主人公らの特殊能力を生かしたストーリー:★4/食のみならず恋愛や笑いの要素も配分良し:★4

『チャングムの末裔』について

【製作年】2018年
【出演者】ユリ、ユリ[少女時代]、シン・ドンウク、イ・ヨルム、キム・ヒョンジュン[1991] ほか
【あらすじ・みどころ】サネ、ジンミ、ジョンシクの3兄弟は、伝説の宮廷料理人“大長今=チャングム”の子孫で、それぞれが絶対的な味覚、嗅覚、料理の腕前を受け継いでいた。一方、食べることが大好きなスンアは、自動車会社に入社。そこでサネの部下として配属されるのだが、入社早々ハプニングの連続。名誉挽回しようと、同僚たちを自宅に招いて、手料理を振る舞うことにするのだが…。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

シン・ドンウク

生年月日1982年9月14日(38歳)
星座おとめ座
出生地韓国・ソウル

シン・ドンウクの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST