1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. 【No.109】『雲霧仁左衛門』ハードボイルドタッチの作風に頭脳戦&アクション、情緒あふれる人間ドラマが映える【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

【No.109】『雲霧仁左衛門』ハードボイルドタッチの作風に頭脳戦&アクション、情緒あふれる人間ドラマが映える【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

雲霧仁左衛門

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得意ないためご注を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

今回選んだタイトル『雲霧仁左衛門』

今回は、テレビ東京の新ドラマ枠「ドラマプレミア10」の第1弾として、秋元康が企画&原作、大根仁が脚本と監督を担当し、中井貴一が主演を務める連ドラ『共演NG』が放送開始ということで、こちらをチョイス。

『雲霧仁左衛門』3話分の感想

第1話「仁左衛門の粋ぶりがカッコいい!無骨な式部も見逃せない」

時代劇と言えば『水戸黄門』『鬼平犯科帳』『暴れん坊将軍』など、数多くのヒットシリーズがあるが、近年はなかなか連ドラで…というのは少なめ。そうした中『雲霧仁左衛門』は何度も映像化されてきたが、今回視聴し、改めて時代劇のスゴさというか作品の強さを感じさせられた。

大盗賊・雲霧仁左衛門(中井貴一)と火付盗賊改方長官・安部式部(國村隼)を中心とした攻防が繰り広げられるのだが、仁左衛門は「殺さず、犯さず、貧しき者からは奪わず」という掟を守り、正体を悟られずまるで雲のように消える鮮やかな手口が、そのキャラクター性も相まって正直言ってカッコよく粋だ。

対する式部は仁左衛門の捕縛を使命と考える無骨者。好対照な2人が魅力的すぎ、どのような対決を展開してくれるのか期待が高まる。演じる2人も実にハマっていって好感が持てる。義賊的なノリが好きなら仁左衛門、正義一徹というなら式部と、好みによって肩入れするサイドを変えるのも楽しそうだ。

中盤話(第3話)「脚本&演出の妙が物語に素敵な彩りを」

本作は仁左衛門たちの活躍を描く物語なのだが、そこにはライバルである式部の存在が欠かせない。

ということで今話では、2人の対決が一層加熱。あまりの仁左衛門らの手際の良さに、式部が火付盗賊改方に内通者がいるのでは…と疑いを持つという、王道だがヒリヒリする展開に目が離せない。

こうした展開は、原作はもちろん脚本、演出の巧妙さが光る。『鬼平犯科帳』ではおなじみの本所の五郎蔵(山口幸晴)も登場。いい感じでドラマに波風を立ててくれる。派手さとおとなしさ間を揺れ動きつつ、適度なバランスを保った空気感が素敵だ。

最終回「時代劇だが現代的な演出も取り入れられワクワク感が◎」

ここまでテンション高く視聴してきたが、最終回も期待を裏切らない。そして、どんなに粋で、しっかりとして掟を定めていても、仁左衛門がやはり“悪党”であることを感じさせるエピソードは、実に趣がある。

そのエピソードを踏まえると、今回はどのような手口を使うのかと興味津々に観ていると、驚きの行動に。いやあ魅せてくれるぜ、仁左衛門。さらに式部の“陰”を感じると即座に徹底という潔さも素晴らしい。クライマックスの仁左衛門の姿も見事すぎる。

相手の情報を徹底的に集め、それを基に綿密な計画を立案し実行。良質なスパイものやサスペンスを観ているような痛快さがあり、時代劇の雰囲気と合わせて絶妙だ。仁左衛門と式部の知恵比べも見応えがあった。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『雲霧仁左衛門』の3項目★付け評価

★は最大5点

時代劇という様式美に新たな息吹:★4.5/中井貴一が演じる粋ですがすがしい漢:★4.5/ストーリーや映像に感じる風情:★4

『雲霧仁左衛門』について

【製作年】2013年
【出演者】中井貴一、内山理名、柄本佑、手塚とおる、遠藤久美子、甲本雅裕、鶴田忍 ほか
【あらすじ・みどころ】雲のように現れて霧のように姿を消す雲霧仁左衛門は大金持ちの金藏しか狙わず、決して人を殺めない。彼が率いる盗賊一味とそれを追う火付盗賊改方との攻防を描く。中井貴一主演、NHK BSプレミアムの時代劇ドラマ。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

中井貴一

生年月日1961年9月18日(59歳)
星座おとめ座
出生地東京都

中井貴一の関連作品一覧

内山理名

生年月日1981年11月7日(39歳)
星座さそり座
出生地神奈川県

内山理名の関連作品一覧

柄本佑

生年月日1986年12月16日(33歳)
星座いて座
出生地東京都

柄本佑の関連作品一覧

関連サイト

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST