1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. 【No.123】『花遊記<ファユギ>』モチーフは『西遊記』だが恋愛ものとしても抜群【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

【No.123】『花遊記<ファユギ>』モチーフは『西遊記』だが恋愛ものとしても抜群【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

花遊記<ファユギ>

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得意ないためご注を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

今回選んだタイトル『花遊記<ファユギ>』

今回は、先日見放題配信がスタートした作品でタイトルが気になったこちらをチョイス。

『花遊記<ファユギ>』3話分の感想

第1話「『西遊記』と恋愛要素のミスマッチに興味津々」

画像とタイトルからも伝わってくるが、今作は小説『西遊記』がモチーフ。なのだが、それをロマンチックファンタジーに仕上げようという試みが、まさに韓国ドラマらしく感じられ視聴意欲を刺激される。

霊が見える能力のため周囲から怖がられ独りぼっちの少女チン・ソンミが、ある日、偶然に牛魔王(チャ・スンウォン)に出会い…という、もう冒頭からファンタジック感が全開で、先行きの読めない展開にワクワクが募る。

そんなソンミをだまして逃走する孫悟空を演じるのはイ・スンギ。インパクトある毛皮をまとった姿は、ずる賢いイメージのある孫悟空にぴったりで、世界観にもマッチしている。天界復帰を狙って悪霊退治しながらポイントを稼ぐという設定も面白い。

最強を目指して“三蔵”を喰らおうとする悟空だが、実はそれがソンミ。幼いころに交わした約束を守ってほしいソンミ、三蔵を食べたい悟空、そして三蔵を守ろうとする牛魔王。興味深い関係性だ。

中盤話(第10話)「韓国ドラマらしいラブ展開に胸キュン」

悪鬼に能力を奪われ、牛魔王からは普通の人間に戻ったのだからお別れだと言われるソンミ。悟空は悟空で三蔵の能力を手に入れた悪鬼と契約するなど、2人の関係性もここまでかと思わせられるも、どうやら一筋縄ではいかない展開が用意されていて、巧妙に引っ張るのが心憎い。

そして悟空が呼ばれてもいないのにソンミに会いに来るのだが、その正体は…といいうお見事な展開にニヤリ。そしてクライマックスでの緊箍児に関するソンミと悟空のやり取りは、まさにラブストーリーの王道とも言える胸キュン感があり、観ていてちょっと恥ずかしくなるが「やっぱりそうだよな」と納得してしまった。

最終回「ソンミと孫悟空がたどり着く“場所”とは…?」

いったいどのような結末を迎えるのか。いろいろと想像をめぐらすが気になるところ。冒頭、悟空の生い立ちが切々と語られていく中、水簾洞の外に出ようとしない悟空を外に出すため、子供たちを送り込む牛魔王。良い味出しているキャラクターで好感が持てる。

どうやら悟空は記憶を失った状態。そこへソンミが現れるが当然覚えていない。ただ彼女と共に過ごす中で徐々に記憶を取り戻していく。まさかこの方向の展開とは思わず涙腺を刺激されてしまう。

そして記憶を取りも出した孫悟空は…という流れになるのだが、西遊記の世界観にうまいことラブ要素を組み合わせ、それでいて妖怪退治の要素も外さないというのはバランスが絶妙。最後の最後まで続きを気にさせる脚本と演出が素晴らしい。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『花遊記<ファユギ>』の3項目★付け評価

★は最大5点

小説『西遊記』と恋愛要素の組み合わせ:★5/イ・スンギが演じる孫悟空がベストマッチ:★4/世界観と演出の妙がバランス良好:★4

『花遊記<ファユギ>』について

【製作年】2017年
【出演者】イ・スンギ、チャ・スンウォン、オ・ヨンソ、イ・ホンギ、チャン・グァン ほか
【あらすじ・みどころ】ソンミは「名前を呼んだら助けに来る」という、絶対に破れない妖怪と人間の契約をオゴンと交わし、彼の封印を解く。しかしオゴンは、彼女から自分の名前の記憶を消して逃げてしまう!25年後、再会したソンミに“緊箍児(きんこじ)”をはめられたオゴンは、その力により彼女を愛するように!? やがてソンミも、“緊箍児”の力だと知りつつもオゴンに惹かれていき…。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

イ・スンギ

生年月日1987年1月13日(34歳)
星座やぎ座
出生地

イ・スンギの関連作品一覧

チャ・スンウォン

生年月日1970年6月7日(50歳)
星座ふたご座
出生地韓国

チャ・スンウォンの関連作品一覧

イ・ホンギ

生年月日1990年3月2日(30歳)
星座うお座
出生地

イ・ホンギの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST