1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. 【No.141】『重版出来!』ポップ&ポジティブに働くことを描いた心地いい良作【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

【No.141】『重版出来!』ポップ&ポジティブに働くことを描いた心地いい良作【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

重版出来!

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得意ないためご注を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

今回選んだタイトル『重版出来!』

今回は、俳優・ムロツヨシが『嘘を愛する女』や『ブルーアワーにぶっ飛ばす』などを輩出した映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILMS(TCP)」で、2016年準グランプリに輝いた金井純一の企画『ファインディング・ダディ』を基にした映画『マイ・ダディ』にて初主演することが発表されたことから、こちらをチョイス。

『重版出来!』3話分の感想

第1話「リアリティーとインパクトが適度に融合した展開が面白い」

マンガ誌「月刊!スピリッツ」(小学館)で連載されている松田奈緒子のマンガが原作で、ムロは大御所マンガ家のチーフアシスタント沼田役での出演だったが、今作が黒木華の連ドラ初主演作という“つながり”も。

リアルタイム放送時は原作も未読で、いわゆる“お仕事ドラマ”なのだろうと思って観始めたのだが、改めて鑑賞してみると、黒木演じる黒沢心の“普通ぶり”がいい。とかくヒロインを有能にしたり持ち上げたりといった傾向も職業ものではありがちだが、新人という設定がベタながら効いていて、ほどよさがあって好感が持てる。

心が用務員の制服を着た出版社社長・久慈(高田純次)に一本背負いをするシーンのようにインパクト狙いかと思いきや、全体的には職業要素も丁寧に入れ込みつつ、それでいて重くならないようなポップさが◎。心が体育会系ノリなので、今後もドタバタしながら成長していく姿に期待が持てる。

中盤話(第5話)「人生や仕事における“運”のとらえ方に妙に納得」

心が所属する『バイブス』編集部には、オダギリジョー、松重豊、荒川良々、安田顕といった強者が顔をそろえ、それぞれ個性あふれるキャラクターを演じているのだが、主役が見えなくなるような群像劇になってしまわないのが見事だ。

今話では心がマンガ家・中田(永山絢斗)と共に新人賞応募作の制作に奮闘するストーリーが描かれるのだが、観終えて思わず膝を打ってしまうほどサブタイトルの「運をつかいこなせ!」が見事に決まっていて感心してしまった。

これは社長の久慈の体験談に基づくエピソードなのだが、心が編集長の五百旗頭(オダギリジョー)から“又聞き”するという体裁が巧妙。奥行きと味わい深さが醸し出され、染み入るような出来になっている。さらに「配られたカードで勝負するしかない」をはじめ、多くの名言も登場。いろいろな人に刺さるだろう言葉の数々がたまらない。

最終回「押しつけがましくならずに大切なテーマを描くスタンスに好感」

ドラマだから…と言ってしまえばそれまでだが、それでも最終話では数字も大事だがやっぱりそれだけじゃないというのを、ちょっとしたスパイスを効かせながら描いているのが心憎い。例えば初版部数、例えばPV数など現実的な側面を見せつつ、その先にあるものを際立たせる。自然とグイグイ引っ張られる感覚は、観ていて気持ちが良い。

もちろん編集者とマンガ家という関係性における互いの成長物語や、頼れる先輩たちからの無言、有言のアドバイスや、まだまだこれからという気概など、生きていく上で欠かせないものの数々を熱くなりすぎずサラッと、それでいて丁寧に見せてくるのは素敵だ。連ドラとしてのサービスもふんだんに盛り込まれているのも最終回らしくてうれしい。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『重版出来!』の3項目★付け評価

★は最大5点

理想と現実に揺れる仕事へのスタンスを描く物語:★4/各人の価値観をバランス良く調和させている点:★4/個性豊かな愛すべきキャラクターの面白さ:★4

『重版出来!』について

【製作年】2016年
【出演者】黒木華、オダギリジョー、坂口健太郎、荒川良々、濱田マリ、野々すみ花、永岡佑 ほか
【あらすじ・みどころ】松田奈緒子による同名コミックを黒木華主演で映像化したTBS系ドラマ。元柔道の五輪代表候補だったというヒロイン、黒沢心が大手出版社に入社し、青年漫画誌の編集部員として奮闘する姿を描く。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST