1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. 【No.152】『99.9-刑事専門弁護士-』松本潤演じる知的でクセ強めのキャラ“深山先生”を堪能【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

【No.152】『99.9-刑事専門弁護士-』松本潤演じる知的でクセ強めのキャラ“深山先生”を堪能【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

99.9-刑事専門弁護士-

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得意ないためご注を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

今回選んだタイトル『99.9-刑事専門弁護士-』

今回は、昨日SNSでのカウントが注目を集めていた人気ドラマ『99.9 刑事専門弁護士』が今朝、映画化を発表し、主演の松本潤が「嵐」活動休止後、俳優として初仕事&『ナラタージュ』以来4年ぶりの主演映画というニュースを目にしたので、こちらをチョイス。

『99.9-刑事専門弁護士-』3話分の感想

第1話「味わいがありすぎる主人公のキャラクターに期待大」

本作が放送されたのは16年4月期で、その後18年1月期に「SEASONⅡ」が放送されるも、それでも早3年前。そこそこ時間が経過しているにも関わらず、今でも印象に強く残っているのは、松本潤演じる主人公・深山のキャラが立っていることも要因の一つだろう。

少し風変わり性格ながら0.1%の無罪の可能性にこだわり事実を徹底的に追及する弁護士という、一見すると王道テイストに感じるが、脇を固める元検事の敏腕腕弁護士・佐田役の香川照之らとの絶妙な掛け合いが効果的。深山という人物がかなりチャーミングに見え、その魅力に虜になってしまうのだ。個人的には片桐仁が扮するパラリーガル・明石からいろんな意味で目が離せない(笑)。

残り0.1%に隠された事実を追求していくストーリーなのだが、事件関係者の一方に過度な肩入れをして描くという感じではないのに好感。もちろん感情移入できるような部分もゼロではないが、深山のキャラと事実が明かされていく爽快感を堪能するにはほどよいブレンド感がいい。今後につながるであろうフラグもいくつか入れ込み、継続視聴したくなる。

中盤話(第5話)「過去と現在が複雑に絡み合うエピソードにどっぷり」

今話の冒頭、深山と彼が所属する法律事務所の所長・斑目(岸部一徳)のやり取りから、彼の過去にも徐々に触れていく予感。ここまでも思わせぶりな描写はいくつかあったが、さりげなさも残しつつ視聴者にわかりやすく提示する手法は悪くない。

そういう意味では今回の案件が深山の過去と関係がありそうな雰囲気で引きつけ、振り返ってみるとちょっとクスッとしてしまいそうな手がかりなど、コミカルな描き方も徹底。それでいて検事正・大友(奥田瑛二)や佐田の存在も事件の背景に見え隠れするなど、奥行きでも楽しませてくれる。

初の前後編で展開というのも大きいかもしれない。思いのほか複雑な様相を呈してきているが、解決編ではどのような結末が待ち受けているのか。すぐにでも次が観たくなる。

最終回「クライマックスにふさわしい盛り上がり&見せ場の数々に感無量」

最終話では自身の過去と重なるような事態に巻き込まれた依頼人・石川(「KAT-TUN」中丸雄一)の案件を担当。自供や証拠がある中、石川がやっていないことを示すのはかなり困難な状況ではあるが、深山が粘り強くアリバイを証明しようとするのだが、検察側が“奇策”で対抗するなど最終回らしい盛り上がりを見せてくれる。ここも深山の過去と同様。彼がいかにして事実にこだわるかになったのかにもつながり、見応え十分だ。

これまでとは打って変わって“真面目モード”全開の深山の姿もGood。正義や真実に対して「100人いたら100通り考えがあるようなものは信じない」というスタンスが、とても心に響いてきた。脇を固めるキャラクターにもそれぞれ“見せ場”が用意されているのも良かった。

実際に第2作が制作されたのだが、締めくくり感がありつつも続編に期待を持たせるような場面もあるような終わり方も悪くない。これだけ魅力あるキャラクターを生み出したからには、さらなるエピソードが観たくなるものだ。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『99.9-刑事専門弁護士-』の3項目★付け評価

★は最大5点

松本潤の新境地とも言える役どころ:★5/コミカルさと真剣な事件検証の両立:★4.5/小ネタ満載で攻めてくる掛け合い:★4.5

『99.9-刑事専門弁護士-』について

【製作年】2016年
【出演者】松本潤、香川照之、榮倉奈々、青木崇高、片桐仁、マギー、渡辺真起子 ほか
【あらすじ・みどころ】松本潤が変わり者の弁護士に扮したTBS系ドラマ。大手法律事務所の刑事事件チームに引き抜かれた弁護士がさまざまな事件を担当し、事件の真相に迫り無罪を勝ち取っていく。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

松本潤

生年月日1983年8月30日(38歳)
星座おとめ座
出生地東京都

松本潤の関連作品一覧

香川照之

生年月日1965年12月7日(56歳)
星座いて座
出生地東京都

香川照之の関連作品一覧

榮倉奈々

生年月日1988年2月12日(34歳)
星座みずがめ座
出生地鹿児島県

榮倉奈々の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST