1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. 【No.168】『私の名前へ』運命の人の名が体に刻まれる世界観&キャストのキュートな演技が◎【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

【No.168】『私の名前へ』運命の人の名が体に刻まれる世界観&キャストのキュートな演技が◎【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

私の名前へ

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得意ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

今回選んだタイトル『私の名前へ』

今回は、作品タイトルと「運命の相手の名前が体に刻まれた世界で生きる」という説明文が気になり、こちらをチョイス。

『私の名前へ』3話分の感想

第1話「世界観とヒロインの可愛さが際立つ」

初回のサブタイトルは「知らない名前が体に刻まれる理由」なのだが、ヒロインのチョン・ジウ(ソン・ユジョン)の腕に名前が突然描かれていくシーンは、まさにファンタジック。そもそも運命の相手の名前が体に刻まれる設定もそうだが、幻想的ロマンティックだ。

探し続けてようやくその相手、「B1A4」のゴンチャン演じるユ・ジェハに巡り会うのだが、とある理由から彼はジウのことを男と勘違いし自分はネームではないと言ってしまう。そこに至るまでの前フリが、ジウがスマホをいじりながら間違って入った男子トイレから出てきたところや、に入り、ジェハが先輩から聞いた誤情報など、スムーズな描写で心地いい。

物語世界では、運命の人の名前が体に刻まれる「ネーム」と、刻まれない「ノーネーム」がいる模様。このあたりがどう展開に影響してくるかも気になるところ。それにしてもネットで検索したり同姓同名に出会ったガッカリしたり、ソン・ユジョンのキュートさが際立つ。

中盤話(第3話)「恋愛あるあるを見せる描写がまぶしい」

冒頭、眠ってしまっているようなジウを抱えて部屋まで連れてきたジェハ。ここである物を踏み、足を滑らせてキスしてしまう。さすがに「そんなことあるか!」とツッコミを入れてくなるものの、こうしたアクシデントがなければラブストーリーは始まらない。

そこから必要以上に意識してジウのことを避け気味になるのだが、そうはいっても気になってしまうもの。ジウの飲みかけの飲み物を別の男性が飲もうとするのを見てあわてる姿なども含め、ゴンチャンのチャーミングな雰囲気&演技がキラリ。それにしても止める理由が「菌」なのには笑った。

終盤、自分の気持ちを確かめる行動を起こすジェハだが、相変わらずジウが男性と勘違いしたままの様子。どうなるか興味がそそられる。

最終回「ネームがなくなっても好きか?」

別の男性がジウに告白するシーンを目撃し、タイミングを逃したと感じてあきらめようとするジェハ。告白されたジウは、自分の思いと真摯に向き合うことで大切な何かに気づいていくのだが、「ネームだから好きなのか」「あなただから好きなのか」というセリフに込められたものが、なかなかに奥深い。

振り返ってみると勘違いとすれ違いを繰り返していた印象の2人だが、恋愛にはつきものともいえ、そうしたものを乗り越えていく中で生まれ、育まれていく。まさに今話の「運命になるまでの本当の過程」とつけられたサブタイトルがぴったりだ。

そしてヒロインと仲良い男女の友人が、なんだかんだで付き合うというのも恋愛ドラマのお約束。セロム役のハン・チェギョンによるちょっとしたツンデレぶりも、ソン・ユジョンに負けず劣らず可愛く癒やされる。

主人公とヒロインの2人が昔実は……といったシーンはちょっと蛇足感もあるが、ドラマとしてはほんわかとした雰囲気が良く、象徴的に使われていたネームがうまく効いていた。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『私の名前へ』の3項目★付け評価

★は最大5点

「ネームバース」というユニークな世界観:★4/ゴンチャン&ソン・ユジョンのフレッシュさ:★4/1話あたりショートな尺&テンポの良さ:★4

『私の名前へ』について

【製作年】2019年
【出演者】ゴンチャン(B1A4)、ソン・ユジョン、キム・ドゴン、ペク・ジェウ、ハン・チェギョン ほか
【あらすじ・みどころ】運命の人と出会えたとばかり思っていたジウは、ジェハに振られてしまう。そんなことがあったにもかかわらず、ハンギョルの家で一緒に暮らすことになった2人。気まずい雰囲気の中、歓迎会で酔ってしまったジウは…。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST