1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. 【No.175】『ブラッディ・マンデイ』すべての仕掛けに意味がある。押し引きの妙に引き込まれる良作【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

【No.175】『ブラッディ・マンデイ』すべての仕掛けに意味がある。押し引きの妙に引き込まれる良作【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

ブラッディ・マンデイ

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得意ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

今回選んだタイトル『ブラッディ・マンデイ』

今回は、続々と放送がスタートする2021年4月期の春ドラマ関連から…と思っていたが、月曜日ということもあって無性に鑑賞したくなったこちらをチョイス。

『ブラッディ・マンデイ』3話分の感想

第1話「意味ありげな描写&セリフであっという間に世界へ没入」

良いものは良い。好きなものは好き。わりと素直にそう言える作品の一つである本作は、三浦春馬氏が主演、佐藤健、吉沢悠、松重豊、吉瀬美智子らが出演していた、龍門諒原作&恵広史作画のマンガ『BLOODY MONDAY』が原作の連ドラだ。

主人公・高木藤丸(三浦)は「ファルコン」と呼ばれる“天才ハッカー”で、ハッキングを駆使して敵と戦う、いわゆるダークヒーロー的な役割を担っているのだが、父親が公安による対テロ組織である「THIRD-i(サードアイ)」に所属する高木竜之介(田中哲司)というのがミソ。これによりテロ組織と戦う意義づけみたいなものが遠回りすることなく描けるのは悪くない。まったく方向性は違うが『デスノート』にも通じる設定とも言える。

それにしてもノートPC一つでロシアの機密情報にもアクセスできてしまうという万能感は少しくすぐったいが、同級生が困っているのを助ける演出など、高校生が天才という危うさをポップな中でも盛り込んでいるのは好感。そして登場人物が多めで、意味深なシーンやセリフで引きつけつつ、初回からウイルステロという派手な展開で飽きさせない。

中盤話(第6話)「謎を解いたら新たな仕掛けが発動する展開が快感」

第1話から登場する、いかにも怪しさ満載な折原マヤ。吉瀬美智子の妖艶な演技がハマっている。彼女の役どころを理解して観返すと、第1話でのPC水没のわざとらしさも納得。この手の伏線だらけのドラマは、後になって確認のための周回視聴も面白いのが醍醐味の一つだ。

今話では抗ウイルス剤を手に入れるべく、藤丸、九条音弥(佐藤健)、朝田あおい(藤井美菜)の高校生3人で繰り出すのだが、途中ほんわかムードな描写もあって思わずツッコミを入れたくなるのはご愛敬。テロ組織のハッカーとの対決シーンもそうだが、ハッキングを鳥を使って見せる演出はなかなか興味深い。PC画面だけよりもスタイリッシュでカッコよく感じられる。

それにしてもいい人そうな雰囲気だけは醸し出していた敷村教授(神保悟志)の“本性”や、竜之介の行動の真意が読めずなど、ますます謎が深まるばかりで興味は尽きない。

最終回「視聴者の期待を煽り続ける上に、それを裏切らない」

最終話に至るまで、ありとあらゆる謎とあおり、裏切りと衝撃を放出しまくり楽しませてくれるのだが、クライマックス間近でもその期待を裏切らない。原作マンガを読んでいるとインパクトは薄まるのだが、それでもやっぱり面白いのはアルファベットのマジックという、アイデア勝ちと言えるだろう。特に未読&ドラマ未見の人はきっと驚くことだろう。

それと折原マヤ。もっとも活躍したとも言えるキャラクターで、彼女が最後に明かす雇い主はなかなかの衝撃。そこがそうつながっているとなると、テロリスト集団の真の首謀者以上に、その行動のすべてを振り返りたくなる。何をどう受け止めるかは観た人の自由だが、これだけ謎を散りばめ、その都度回収。それでいて続きが観たくなる作りは嫌いじゃない。シーズン2も別の機会に紹介したい。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『ブラッディ・マンデイ』の3項目★付け評価

★は最大5点

1話ごとに伏線&回収が連続するドキドキ:★5/アイデア&スタイリッシュが効いた演出:★4.5/誰もが怪しく見えてくるキャスト陣の好演:★4.5

『ブラッディ・マンデイ』について

【製作年】2008年
【出演者】三浦春馬、吉瀬美智子、佐藤健、松重豊、片瀬那奈、芦名星 ほか
【あらすじ・みどころ】龍門諒原作・恵広史作画による同名コミックを三浦春馬主演で実写化したサスペンスドラマ。高校生の天才ハッカー・高木藤丸と致死性のウィルスを手中にしたテロリストとの戦いを描く。共演は吉瀬美智子、佐藤健、片瀬那奈、徳永えり、成宮寛貴ほか。ロシアの諜報員から殺人ウィルスを手に入れたテロリストのマヤ。彼女はその場で殺人ウィルスをばらまき、その効果を確認した後、日本にやってくる。それを察知した対テロリスト組織サードアイは、天才ハッカー“ファルコン”に出動を要請する…。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

三浦春馬

生年月日1990年4月5日(30歳)
星座おひつじ座
出生地茨城県

三浦春馬の関連作品一覧

吉瀬美智子

生年月日1975年2月17日(46歳)
星座みずがめ座
出生地福岡県

吉瀬美智子の関連作品一覧

松重豊

生年月日1963年1月19日(58歳)
星座やぎ座
出生地福岡県

松重豊の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST