1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. 【No.179】『ザ・クイズショウ』櫻井翔&横山裕の熱演光る。“片桐仁&戸次重幸版”と合わせ技で深みも【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

【No.179】『ザ・クイズショウ』櫻井翔&横山裕の熱演光る。“片桐仁&戸次重幸版”と合わせ技で深みも【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

ザ・クイズショウ 2009

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得意ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

今回選んだタイトル『ザ・クイズショウ 2009』

今回は、「関ジャニ∞」の横山裕さんが主演を務める、津村マミのマンガが原作の連ドラ『コタローは1人暮らし』」(テレビ朝日系)が4月24日から放送開始ということで、こちらをチョイス。

『ザ・クイズショウ 2009』3話分の感想

第1話「“神山”櫻井翔&“本間”横山裕、キャラクターと雰囲気がマッチ」

以前、本企画でも紹介した片桐仁&「TEAM NACS」戸次重幸が共演した「2008年版」、いわゆる“第1期”から2年後という設定で放送されたのが、櫻井翔が主演で横山裕らが出演した「2009年版」、“第2期”だ。

同名タイトルの両作は、基本的に独立した物語が進行。ただ2008年版と櫻井翔版の『ザ・クイズショウ』では、似たようなエピソードが展開されていることに気づく。後々、お互いの関係性が明らかにはなってくるのだが、そういった要素を除いても、本作は一つの連ドラとして楽しむだけの面白さはしっかりとある。

「MC-KAMIYAMA」としてクイズ番組のMCを務める神山(櫻井翔)は、なかなかユニークなキャラクター。櫻井のパブリックなイメージと相反するかのようなノリと雰囲気が神山のうさんくささを巧妙に表現している印象だ。ディレクター本間を演じる横山も、何か裏がありそうな感じがぴったり。少し登場人物が多くインパクト重視な描写も見受けられるが、各話でのクイズを媒介にしたエピソードと、縦軸で描かれるであろう要素には純粋に興味がそそられる。

中盤話(第5話)「次第に明らかになりつつある神山の過去にそそられる」

第5話では「ゴッドハンド」と称えられている外科医・友部がクイズ番組の解答者。演じているのは石黒賢なのだが、古い話題で恐縮だが、彼が医者役を演じているとつい『振り返れば奴がいる』を思い出してしまう。そんなことはさておき、神山と対峙した友部は、神山のことを知っていると口にする場面があったり、神山と本間の関係性を匂わすようなシーンがあったり、中盤らしい盛り上げで楽しませてくれる。

神山と友部の対決は、政界進出ももくろむという友部の設定もあり、口が達者な感じで丁々発止とやり合う様は見応えあり。さらに最終的には開き直るかのような友部を、石黒賢が豪快に演じきっているのが見事だった。2008年版とのリンクも示されるのも興味深い。

最終回「すべてが解明されたとき、そこに残ったものは…!?」

さまざまな出来事をへて、最後の解答者は本間。いよいよ直接にして最終対決が神山との間で繰り広げられるのだが、櫻井翔の情熱的な演技もさることながら、ニヒルでダークな本間という男を演じた横山裕の熱演もあなどれない。2人の熱量がドラマを盛り上げたのは間違いないだろう。

本間が神山にこだわる理由、神山が記憶喪失となった原因など、本作の縦軸として描かれてきた要素の“真相”が明らかにされていく。破滅的なオチも選択肢とはあるのだろうが、すべてをつまびらかにした上で、あえてより深く、そしてピュアなクライマックスとなったことは、少々物足りなさはあるものの、総じて悪くない。

パワープレイ感も交えつつというのは、むしろ本作らしいとも言えるが、各話&縦軸ともにつながりがよく、まとまっている印象。2008年版と合わせて観ることで、また別の味わい方もできるが、本作だけでも十分に熱い物語が堪能できる。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『ザ・クイズショウ 2009』の3項目★付け評価

★は最大5点

リメイクでもあり、続編でもあり、オリジナルでもある:★4/人間という存在のもろさや切なさ、温かさが印象的:★4/仕掛けと回収、見せ方の巧妙さが引きを生む:★4

『ザ・クイズショウ 2009』について

【製作年】2009年
【出演者】櫻井翔、横山裕、松浦亜弥、篠井英介、田中哲司、和田正人 ほか
【あらすじ・みどころ】全問正解で1000万円、さらに賞金全額を賭けたドリームチャンスで夢の実現が出来るという、銀河テレビの名物番組ザ・クイズショウ。その司会者・神山悟は、事故で記憶を失っており、素性は担当ディレクターの本間俊雄のみが知っているという謎の人物だった。訳ありの解答者たちに彼はこう告げる、“私は、あなたの全てを知っています”、と…。ラーメンズ・片桐仁の主演で好評を得た深夜の異色サスペンス・ドラマを櫻井翔主演でリメイク。共演は横山裕、松浦亜弥、真矢みき、戸次重幸ほか。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST