1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. 【No.196】『激流~私を憶えていますか?~』ミステリーやサスペンスより群像劇テイストが強め【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

【No.196】『激流~私を憶えていますか?~』ミステリーやサスペンスより群像劇テイストが強め【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

激流 ~私を憶えていますか?~

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得意ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞し、感想と★付け評価でざっくり紹介していく“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

今回選んだタイトル『激流 ~私を憶えていますか?~』

今回は、お笑いコンビ「千鳥」の冠番組『相席食堂』(ABCテレビ)の全国ネット特番『相席食堂ゴールデンスペシャル』の第2弾が6月8日に放送されるが、そこで「GLAY」のHISASHI、「Kis-My-Ft2」の千賀健永らミュージシャン5人が“旅人“を務めるというニュースを目にしたので、こちらをチョイス。

『激流 ~私を憶えていますか?~』3話分の感想

第1話「過去の事件が現在にどう影響するのか?」

柴田よしきの小説を基に、女優・田中麗奈主演で実写ドラマ化した本作。GLAYが主題歌を担当していることをきっかけに選んだが、20年前の修学旅行で失踪した同級生からメールが届いたことで再会した5人が、不可解な事件に巻き込まれる…というタイトル&あらすじも魅力的だ。

初回ということもあって、登場人物たちの“今”を中心にキャラクター紹介が厚めになっているのはだが、観ていて気になったのは失踪事件の“熱さ”。こういった過去からの…的な設定を軸に描く作品は数多くあるが、“現在”を生きる登場人物たちにとっては、個人差はあっても、まさに単なる過去に過ぎないのだろう。それは現実でも同じことが言えるかもしれない。

本話でも同じ出来事を体験した同級生5人も、久々に再会したことや今抱えている問題の方が重そうな雰囲気。もちろんそういった要素が失踪と絡んでくるだろうことは想像に難くないが、それにしても同級生の失踪があったのに…と思わず感じてしまうほど。これが“リアル”というものだろうか。誰がどう関係し、何がどうなっていくのか。

中盤話(第4話)「終盤戦に向けての仕掛けが出そろった感」

どんな連ドラもそうだが、こういったタイプのドラマほど途中話も欠かさずに視聴したいところ。その都度の展開や人間関係が大きく結末などに影響してくるからだ。初回と今話を観る限り、今を生きる登場人物たちが再会してからのストーリーに重きが置かれて進行している印象が強め。もちろん、それらも過去の出来事にいずれ関係してくる可能性もあるのだが、まだまだ核心までは道のりがありそう。

さらに失踪とどうつながるのか不明だが、明らかに匂わせ感が全開な殺人事件などもあり、京美を引くネタは随所にあって視聴意欲は刺激してくれる。今話でドラマも折り返し地点を迎えたので、ここから先のさらなるヒートアップに期待したい。

最終回「スピードを上げきったところで訪れる結末は…」

同じような意味合いだが、使われ方によってとらえ方が変わってくる「ミステリー」と「サスペンス」という言葉。明確な違いや線引きは難しいが、主に「謎解き主眼」と言われるミステリー、「解決までのハラハラやドキドキを楽しむ」と言われるサスペンス、はたして本作はどちらのイメージで観るのがいいのだろうか…。心からそう思うほどに不思議な味わいのドラマだった。原作を読んでいると、また異なる印象を受けるのかもしれない。

個人的にはジェットコースター的な急展開の連続というよりも、結末でも知ると“イヤミス”的な手触りも強めな感じも。「ミステリー<サスペンス<群像劇」という表現が近いかもしれない。謎や仕掛けもさることながら、魅せ方やストーリーの進み方からは群像劇なテイストもチラホラ。ちょっとどっちつかずの面も否めなくはないが、全体的にはうまくまとまっていた。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『激流 ~私を憶えていますか?~』の3項目★付け評価

★は最大5点

過去の事件が現在に影響を…という設定:★4/多くの人が自分事として考えやすい関係性:★3.5/謎と仕掛けで押しまくるハイテンポな展開:★3.5

『激流 ~私を憶えていますか?~』について

【製作年】2013年
【出演者】田中麗奈、桐谷健太、刈谷友衣子、高橋一生、森本レオ、根岸季衣 ほか
【あらすじ・みどころ】柴田よしきの同名小説を原作にしたサスペンス・ミステリー。修学旅行で失踪した15歳の少女から20年後、5人の同級生たちに届いた謎のメール。そして、再会した彼らに不可解な事件が次々と襲いかかる。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる
お店で借り放題!返却期限なし!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

柴田よしき

生年月日1959年10月14日(61歳)
星座てんびん座
出生地東京都

柴田よしきの関連作品一覧

田中麗奈

生年月日1980年5月22日(41歳)
星座ふたご座
出生地福岡県

田中麗奈の関連作品一覧

桐谷健太

生年月日1980年2月4日(41歳)
星座みずがめ座
出生地大阪府

桐谷健太の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST