1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. ドクターが主役だが医療ものじゃない!? 個性とクセとエッジが効きまくりの新感覚さが◎――『神酒クリニックで乾杯を』

ドクターが主役だが医療ものじゃない!? 個性とクセとエッジが効きまくりの新感覚さが◎――『神酒クリニックで乾杯を』

神酒クリニックで乾杯を

(C)2019「神酒クリニックで乾杯を」製作委員会

変わり者だがスペシャリストなメンバーによる絡みが最高!

もうそろそろ知念実希人の作家デビュー10周年記念作にして、実業之日本社の創業125年記念作となる『硝子の塔の殺人』が発売ということで、彼の著作を基に実写化されたドラマ『神酒クリニックで乾杯を』が懐かしくなり再視聴。ちなみに、原作は2018年本屋大賞で第8位となり、知念実希人初の映像作品でもある。

主要な登場人物たちはみな医師か看護師なのだが、いわゆる一般的な病院を舞台にした医療ものではなく、事件ものがメイン。公式のキャッチコピーでは「名医たちによるメディカルエンタメミステリー」と銘打たれていたが、まさに言い得て妙で、その変化球ぶりがクセになる作品だ。

院長・神酒章一郎(安藤政信)を筆頭に、色気抜群の美人医師で声帯模写が特技の夕月ゆかり(松本まりか)、人と接するのが極端に苦手だがハッキング能力に秀でた内科医・黒宮智人(柳俊太郎)、見た目は子供だけど実は32歳という精神科医・天久翼(板垣李光人)、ドジ属性だが優秀なナース・一ノ瀬真美(山下美月)と、VIP専門の隠れ家的な医院「神酒クリニック」には能力は高いがクセが強すぎるメンバーがずらり。そこに新米外科医の九十九勝己(三浦貴大)がやって来ることで物語の幕が上がる。

それにしてもキャスティングが見事。ちょっとしたラノベ感あふれるキャラクター設定もたまらないのだが、そんなイカしたキャラクターも、実力派たちが演じると抜群にハマっていて痛快。雰囲気も少しダークな雰囲気もあり、もちろん医療テイストもありで、ちょっとしたスーパー戦隊的な風味も感じさせてくれるのも興味深い。

リアリティーをどこまでも求める人にはちょっとツッコミどころ多めだろうが、それを差し引いてもストーリーもきちんと構築されていて、バランス感は良好だ。とにかく彼らのやり取りを観ているだけでも、十分に楽しめるというのは素晴らしい。とにかくエッジが効いていて、爽快感もたっぷりあるので、未見の人はだまされたと思って挑戦してみてほしい。エンタメには“アクの強さ”も必要だと再確認した。


TVドラマ『神酒クリニックで乾杯を』

(C)2019「神酒クリニックで乾杯を」製作委員会

原作:知念実希人

TVドラマ『神酒クリニックで乾杯を』

全5巻レンタル中

製作年:2019年
出演:三浦貴大、安藤政信、山下美月、松本まりか、柳俊太郎、板垣李光人 ほか

【フリーライター】遠藤政樹

【フリーライター】遠藤政樹

映画やドラマ、アニメにマンガ、ゲーム、音楽などエンタメを中心にインタビューやスチール撮影ありのイベント取材、コラム、レビューを執筆。IT系や企業案件もこなせるフリーの編集・ライター。お仕事も随時、募集中。

執筆記事一覧

アーティスト情報

知念実希人

生年月日1978年10月12日(42歳)
星座てんびん座
出生地沖縄県南城市

知念実希人の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST