1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. 【原守先生おかえりなさい!『ドクターX ~外科医・大門未知子~』に帰還!!】せっかくだから鈴木浩介出演作の個人的おすすめ作品3選

【原守先生おかえりなさい!『ドクターX ~外科医・大門未知子~』に帰還!!】せっかくだから鈴木浩介出演作の個人的おすすめ作品3選

『LIAR GAME(ライアーゲーム)』シリーズ

(C)2007 フジテレビ

女優の米倉涼子が主演を務める人気シリーズ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)に、鈴木浩介演じる原先生が帰ってくる。第4話で加地秀樹(勝村政信)が「原、帰ってこないかなあ」とつぶやくシーンもあったが、そんな原がまさかの大門未知子(米倉)と同じ「神原名医紹介所」所属のフリーランス外科医になって再登場というのだから、気になりすぎる。ということで、原守役の鈴木浩介の出演作から、独断と偏見でチョイスした作品を紹介してみたい。

『LIAR GAME(ライアーゲーム)』シリーズ

『LIAR GAME(ライアーゲーム)』シリーズ

(C)2007 フジテレビ

『LIAR GAME』といえば、甲斐谷忍のマンガを戸田恵梨香&松田翔太らで実写化。連ドラ2シーズンに劇場版2作品が制作されるなど、人気を博したシリーズだ。鑑賞したことがある人も大生だろうし、今さら多くを語るまでもないが、数多くのクセが強いキャラクターが登場する中、鈴木浩介が演じた福永ユウジ(シーズン1のみ、フクナガユウジ表記)のキレキレぶりは最高! ビジュアル面もさることながら、直(戸田)をだますくだりの嫌みったらしい言動やイライラさせるような動きは、ついつい目で追ってしまうほどだ。

頭が良く、ためらいなく他人をだまして利用する福永だが、爪が甘く、直を助ける天才詐欺師・秋山(松田)に何度もやり込められる。そのため、一見すると“捨てキャラ”風に感じられるのだが、ストーリーが進むにつれて意外な一面も見せてくる。そうはいっても基本的には、自分の利害が関係してくると、ちゅうちょなく裏切るあたり、キャラクターのブレなさがあって逆に心地いいぐらいだから不思議な魅力を持っていると言える。

なんだかんだでいずれの作品にも登場し、劇場版2作目では意外なカタチで姿を現して楽しませてくれる。今回シリーズすべてを改めて視聴し、ますますあのマッシュルームに引きつけられてしまった。

『悪党~重犯罪捜査班』

『悪党~重犯罪捜査班』

(C)2011 朝日放送・テレビ朝日・MMJ

高橋克典が主演を務めた連ドラで、事件解決のためなら手段を選ばぬ刑事・富樫正義をクールに演じた作品。『LIAR GAME』での弾けっぷりとは打って変わり、鈴木浩介が演じるのは富樫率いる第4係のメンバーの一人、柴田安春だ。富樫の悪党ぶりの裏には私利私欲がなく、事件の解決を目的として手段であるのに対し、柴田は自らの欲と保身のために悪事を働く。方向性は違えど、福永役もそうだが、鈴木が演じる“小悪党”はなぜか見ていて痛快なのが面白い。人間誰しも自分が可愛い……ということなのだろうか。

リアリティー路線というよりは、ちょっとしたファンタジー感を交えた作風。それぞれの事情で“ワケあり”な刑事たちの活躍と葛藤を描く群像劇テイストもあり、ストレートの刑事ものとは一線を画しているのも悪くない。権力に屈せず、悪ぶっていながら弱気を助ける。そんなタフネスな物語が意外なほどしみる。

『緊急取調室』シリーズ

『仮面ライダー555』

(C)2014 テレビ朝日

天海祐希が主演を務める人気連ドラシリーズ。『GOOD LUCK!!』『白い巨塔』『ハラスメントゲーム』などで知られる井上由美子が脚本を手がけ、取調室を舞台に真実にたどり着くため、犯人と心理戦をくり広げるという、新機軸な刑事ドラマだ。鈴木が演じるのは、警視庁捜査1課殺人捜査第一係で、「なべ」こと渡辺鉄次(速水もこみち)とコンビを組む、通称「もつなべコンビ」の「もつ」こと監物大二郎。仕事に誇りを持ち、熱い正義感を持って行動するが、爪を噛んだり物に当たったりする一面もあり、能力は高いがどこか憎めないキャラクターが良い。なべとの掛け合いも金箔ある場面の連続の中で、一服の清涼剤となっている。

基本的には真壁有希子らが所属する緊急取調室(通称キントリ)メンバーのフォローやバックアップをさせられることが多く、表だっての活躍というよりは、どちらかというと縁の下の力持ち的な役割。それでいて独特な存在感を漂わせているのは、演じている鈴木浩介の演技力が光るというもの。徹底した現実路線な描き方と相まって、ドラマに深みを与えている。

最新シリーズで監物にある事件が発生するのだが、やっぱりキントリにはもつも欠かせない。もし今後また続編が制作されるようなら、彼の帰還を期待したいところだ。

【フリーライター】遠藤政樹

【フリーライター】遠藤政樹

映画やドラマ、アニメにマンガ、ゲーム、音楽などエンタメを中心にインタビューやスチール撮影ありのイベント取材、コラム、レビューを執筆。IT系や企業案件もこなせるフリーの編集・ライター。お仕事も随時、募集中。

執筆記事一覧

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

鈴木浩介

生年月日1974年11月29日(47歳)
星座いて座
出生地福岡県

鈴木浩介の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST