1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ドラマ
  4. 【ドラマ『ミステリと言う勿れ』放送直前】せっかくだから菅田将暉出演作の個人的おすすめ作品3選

【ドラマ『ミステリと言う勿れ』放送直前】せっかくだから菅田将暉出演作の個人的おすすめ作品3選

俳優・菅田将暉が主演を務める連続ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)が、1月10日から放送される。ドラマは、田村由美の同名マンガが原作。天然パーマがトレードマークの主人公・久能整(くのう・ととのう)が、社会で当たり前とされていることに疑問を持ち、膨大な知識を基に淡々と持論を述べていく過程で、事件の謎も人の心も解きほぐしていくという新感覚なミステリーだ。“月9”初主演となる菅田将暉が、特徴的過ぎるヘアスタイルで変わり者を演じる姿には大いに期待が持てるところだが、放送前に彼の出演作から独断と偏見でチョイスした作品(※今回はドラマ編)を紹介したい。

山田孝之&菅田将暉ダブル主演『dele(ディーリー)』

山田孝之&菅田将暉がダブル主演を務めた連続ドラマで、所有者の死後にパソコンやスマホに残されたデータ、いわゆる「デジタル遺品」を扱った作品。依頼人の依頼を受け、死後に不都合なデジタル遺品を内密に抹消する仕事を営む坂上圭司(ヤマダ)と、自称「何でも屋」の真柴祐太郎(菅田)が出会い、依頼遂行のために奮闘する姿を描く。

菅田将暉と山田孝之の共演は豪華、かつ確かな演技力があり、脚本の妙も相まってどのエピソードも深くて濃い味わいが堪能できる。そもそも2人が当初から「当て書き」されていたこともあってか、彼らが演じるキャラクターが実にリアリティー&個性があって◎。デジタル遺品を扱う仕事でありながら、調査は2時間ドラマを彷彿させるような探偵チックな方法と、デジタルとアナログの融合も何だか心地いい。

圭司と祐太郎は一見すると正反対の性格のようで、実は深いところでは共通点も。互いに文句を言い合いつつも、そこには互いへの信頼が見え隠れし、バディーものとしても十分。基本、1話完結で進んでいくのも視聴しやすく、テンポ感がほどよい緊張感を生んでいる。完成度が高く、リアルタイム視聴時には全8話は物足りないと感じたが、改めて視聴した今回も同じ気持ちに。いつの日か続編に期待したい。

dele(ディーリー)

全4巻レンタル・発売中

dele(ディーリー)

出演者:山田孝之、菅田将暉、麻生久美子 ほか

まさに“伝説”と呼べるようなドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』

『電車男』や『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』、『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』、『仮面ライダービルド』など、数多くのヒットドラマを手がける武藤将吾が脚本を担当したオリジナル連続ドラマ。菅田将暉演じる教師・柊一颯(ひいらぎ・いぶき)が、生徒らを人質に取って学校に立てこもり、「最後の授業」を行うというサスペンスタッチのストーリーが描かれていく。

フェイク動画や誹謗中傷、いわゆるSNSの“炎上”などに関するメッセージが込められたエピソードが当時、大きな反響を呼んだ。さらにクールだが熱く、狂気じみているようで正論を投げかけてくる柊一颯の“言葉”の数々も観る者の心に訴えかける内容で、何かが乗り移ったかのような鬼気迫る菅田の演技は圧巻。生徒役を演じた若手俳優たちも今ではブレークを果たした人も多く、まさに“伝説”と呼べるようなドラマになっている。

破天荒な教師ものはいくつかあるが、本作は現代的な視点に立った内容と菅田将暉の演技力、この2点が話題となった要因だろう。演出などに賛否両論を呼ぶのは半ば覚悟の上と感じさせるほどの勢いと熱量は当時、次週の放送が待ち遠しくなったもの。本作を視聴する年齢や置かれている状況、タイミングなどによって受け取り方は変わりそう。また時間がたったら観てみたい。

3年A組 -今から皆さんは、人質です-

全5巻レンタル・発売中

3年A組 -今から皆さんは、人質です-

出演者:菅田将暉、永野芽郁、川栄李奈、片寄涼太 ほか

語る上では外すことができない『仮面ライダーW』

『MIU404』や『コントが始まる』、『民王』など、ほかにもいくつも候補はあったものの、やはり菅田将暉を語る上では外すことができない『仮面ライダーW』を今回の3作品目としたい。今回紹介できなかったドラマ作品や映画に関しては、いずれまた機会があるときに紹介できればと思う。

現在放送中の『仮面ライダーリバイス』は“1人で2人”に変身するが、Wは“2人1人”の仮面ライダーに変身。ハードボイルドになりきれない“ハーフボイルド”(半熟)な私立探偵・左翔太郎(桐山漣)と、その相棒・フィリップ(菅田将暉)という初々しい2人のキャストもさることながら、変身時に片方が倒れ込むという演出にはかなり驚かされた。とはいえ、仮面ライダーでバディーものというのは斬新で、バトルも能力的な要素が強くて引き込まれる。

基本的にはWが怪人を倒すというのは変わりないのだが、敵の正体や能力を明らかにしなければならないという探偵もの要素が利いていて、エピソードによって異なる味付けが◎。シリアスやコミカル、時にはハードボイルドにといった、テイストの違いも悪くない。左右非対称のビジュアルはインパクトがあり、決めゼリフも含めてカッコいい。

仮面ライダーW

全12巻レンタル・発売中

仮面ライダーW

出演者:桐山漣、菅田将暉、山本ひかる、なだぎ武 ほか

【フリーライター】遠藤政樹

【フリーライター】遠藤政樹

映画やドラマ、アニメにマンガ、ゲーム、音楽などエンタメを中心にインタビューやスチール撮影ありのイベント取材、コラム、レビューを執筆。IT系や企業案件もこなせるフリーの編集・ライター。お仕事も随時、募集中。

執筆記事一覧

アーティスト情報

菅田将暉

生年月日1993年2月21日(29歳)
星座うお座
出生地大阪府大阪市

菅田将暉の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST