1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ゲーム
  4. 『龍が如く』シリーズの世界観を作り上げたCKB、矢沢永吉、稲葉浩志、山下達郎…錚々たるミュージシャンたちによる主題歌、挿入歌まとめ!

『龍が如く』シリーズの世界観を作り上げたCKB、矢沢永吉、稲葉浩志、山下達郎…錚々たるミュージシャンたちによる主題歌、挿入歌まとめ!

矢沢永吉『Loser』

前回『龍が如く』シリーズのストーリーをメインにまとめてみましたが(記事はこちら)、シリーズ新作が出るたびにストーリーやシステムと同じくらい気になるのは、新たに登場するキャラクターを演じる俳優陣、そしてゲーム中に流れる楽曲を提供するアーティストだったりします。
『龍が如く2』で、もともと大ファンだったクレイジーケンバンドの「12月17日」がエンディングに使われたのは、ストーリーにもピッタリと相まって非常に印象的だったのですが、その後のシリーズでもゲームではあるまじきレベルの豪華なアーティストたちが次々と参加。『龍が如く』の世界をまるで映画のように一層ドラマティックに盛り上げてくれたアーティストをまとめてみました。

【関連ニュース】
最新作『龍が如く8(仮称)』も制作中!今こそ振り返りたい『龍が如く』シリーズの熱き漢たちのストーリー

目次

クレイジーケンバンド
矢沢永吉
ZEEBRA
GOSPELS OF JUDAS
氷室京介
湘南乃風
稲葉浩志
山下達郎
SiM

クレイジーケンバンド

●『龍が如く2』(2006年)
エンディング:「12月17日」
挿入歌:「黒い傷跡のブルース」

CDはこちら

クレイジーケンバンド『GALAXY』
「12月17日」「黒い傷跡のブルース」収録

『GALAXY』

2006年9月発表の8thアルバム。話題となったシングル曲「メリメリ」やFIRE BALLとPAPA Bをフィーチャーした「ハマのアンバサダー」などを収録。土臭さやソウルっぽさが一段と増した作品だ。

矢沢永吉

●『龍が如く3』(2009年)
主題歌:「Loser」
挿入歌:「時間よ止まれ」
エンディング:「想いがあふれたら」

CDはこちら

矢沢永吉『ALL TIME BEST ALBUM』
「Loser」「時間よ止まれ」収録

『ALL TIME BEST ALBUM』

永遠のロッカー、初のオールタイム・ベスト。3枚組というボリューム感に加え、自ら選曲を手掛けたという意味では、楽曲による自叙伝的ニュアンスを持つ内容ともいえよう。ロックンロールからバラードに至るまで多彩な持ち歌は、すべてを“永ちゃん色”に染め得る説得力を実感させるものばかり。

矢沢永吉『YES』
「想いがあふれたら」収録

『YES』

今回の永ちゃんはちょっと違う。インタビューなどでも語られているように、社会に目を向けたリアルなテーマを扱った曲があったりするのだ。でも、やっぱ、ソコは永ちゃん。結局はすべてが“俺節”になっちゃってるトコが凄い。ロンドン&日本録音。

矢沢永吉『Loser』
「Loser」収録

『Loser』

PS3『龍が如く3』のメイン・テーマ曲で、作詞は高橋研、作曲は矢沢。アップ・テンポでグイグイ突っ込んでくるヴォーカルは迫力満点。

ZEEBRA

●『龍が如く4 伝説を継ぐもの』(2010年)
主題歌:「Butterfly City Feat. RYO the SKYWALKER & Mummy-D & DOUBLE」

CDはこちら

『Butterfly City Feat. RYO the SKYWALKER , Mummy-D & DOUBLE』

『Butterfly City Feat. RYO the SKYWALKER , Mummy-D & DOUBLE』

レーベル移籍第1弾シングルは、あっと驚くモダンなエレクトロにトライした強力なダンス・チューン。ヒップホップ、レゲエ、R&B界から1組ずつアーティストを集めたことからも、再び時代を動かそうという意欲は満々だ。PS3用ゲーム・ソフト『龍が如く4 伝説を継ぐもの』テーマ曲。

GOSPELS OF JUDAS

●『龍が如く5 夢、叶えし者』(2012年)
主題歌:「Bloody Moon」

CDはこちら

『IF』
「Bloody Moon」収録

『IF』

氷室京介と親交の深いクリエイターたちで組織されたプロジェクトによるファースト・アルバム。本作ではLA在住の日本人ギタリストYTが中心となり、骨太なロック・サウンドを展開。SF映画のサウンドトラックを思わせる映像的な音楽集だ。ライヴ活動休止前に録音された氷室のヴォーカル曲も収録。

氷室京介

●『龍が如く5 夢、叶えし者』(2012年)
挿入歌:「Still The One」
挿入歌:「So Far So Close」
挿入歌:「永遠 ~Eternity~」
挿入歌:「Wild Romance」
挿入歌:「魂を抱いてくれ(nylon-guitar version)」
エンディング:「ダイヤモンド・ダスト」

CDはこちら

『Ballad~La Pluie』
「Still The One」「So Far So Close」「永遠 ~eternity~」「魂を抱いてくれ(nylon-guitar version)」「ダイヤモンド・ダスト」収録

『Ballad~La Pluie』

大人のロックを聴かせる氷室京介のバラード・ナンバーのみをチョイスしたバラード・コレクション。EMI時代の音源も収録され、完全初回限定時のヴァージョンもここで一般に聴けるようになった。

『L'EPILOGUE』
「So Far So Close」「Wild Romance」「魂を抱いてくれ(nylon-guitar version)」「ダイヤモンド・ダスト」収録

『L'EPILOGUE』

自身の監修による初のオールキャリア・ベスト・アルバム。ソロの代表曲からBOOWY楽曲の再録まで含んだ作品は、“KYOSUKE HIMURO LAST GIGS”を見据えたかのようなライヴが意識されたかのような内容で、聴くにつれキャッチコピーの“俺たちは氷室京介を卒業できない”という思いが強まってやまない。

湘南乃風

●『龍が如く0 誓いの場所』(2015年)
主題歌:「バブル」
エンディング:「紅」

CDはこちら

『湘南乃風 ~COME AGAIN~』
「バブル」「紅」収録

『湘南乃風 ~COME AGAIN~』

初の2枚組オリジナル・アルバム。“ORANGE DISC”には「バブル」や「晴ル矢」といった攻め気ムンムンの激熱アッパー・チューンを揃え、“NAVY DISC”には「パズル」「ちくしょー☆ばいみー」のように苦悩を描いたダークなナンバーが中心に並ぶ。彼らの作風をあらためて見せつけた全17曲。

●『龍が如く7 光と闇の行方』(2020年)
主題歌:湘南乃風&中田ヤスタカ「一番歌」

CDはこちら

『湘南乃風 ~四方戦風~』
「一番歌」収録

『湘南乃風 ~四方戦風~』

移籍後第1弾、約2年ぶりのオリジナル・アルバム。再び4人が集結した“風伝説”第2楽章は、ドラマ『パパがも一度恋をした』主題歌「ただいま!」などタイアップ曲が満載。新境地を切り開く革新作となっている。

稲葉浩志

●『龍が如く 極』(2016年)
主題歌:「BLEED」
テーマソング:「Receive You[Reborn]

CDはこちら

 『羽』
「BLEED」収録

『羽』

5年半ぶり5作目のシングル。「羽」は、アニメ『名探偵コナン』オープニング曲。「BLEED」は、PlayStation 4/PlayStation 3専用ソフト『龍が如く 極』テーマ曲。「水路」は、WOWOWで放送のドラマ『誤断』主題歌。

山下達郎

●『龍が如く6 命の詩。』(2016年)
主題歌:山下達郎「蒼氓」
挿入歌:山下達郎「希望という名の光」
挿入歌:山下達郎「飛遊人 –Human–」
挿入歌:山下達郎「片想い」
挿入歌:山下達郎「アトムの子」

CDはこちら

『OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~』
「蒼氓」「希望という名の光」「アトムの子」収録

『OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~』

75年から2012年にかけて発表した数多くの名曲の中から達郎本人が49トラックを厳選した文字通りの“ベスト・オブ・ベスト”。最新リマスタリングによる音質は力強く温かみがあり、自ら記したライナーノーツも必読もの。今なお前進を続ける不世出のメロディメイカーに乾杯!

『ARTISAN』
「飛遊人 –Human–」「片想い」「アトムの子」収録

『ARTISAN』

何といってもタイトルがいい。ジャケットもあのミリポルスキー。ずっとリズムにこだわっていた彼だが、歌詞、リズム、メロディー、ヴォーカルの四拍子が完璧に時代にフィットしている。

SiM

●『龍が如く 極2』(2017年)
主題歌:SiM「A」
エンディング:SiM「The Sound Of Breath」

CDはこちら

『A / The Sound Of Breath』

『A / The Sound Of Breath』

レゲエパンク・バンド、SiMのシングル。表題曲はゲーム『龍が如く極2』のテーマ曲、カップリングは同作のエンディング・テーマ。東京や大阪で巻き起こる抗争と二人の龍の闘いを、ゲームのファンというヴォーカルのMAHが書き下ろしている。
nanayae

【Editor】nanayae

好きなものにはサブカルの香りがすこし。カルチャーに囲まれ、カルチャーとともに生きている。大切なものは「土曜ソリトン SIDE-B」に教わった気がする。おもいっきり昭和生まれ。好きな音楽ジャンルは、90年代の音楽全般(特に渋谷系とその周辺)、日本のフォーク&ロック、テクノポップ、シティポップ、ソフトロック、AOR、ジャズ、ソウル、ラテンもの。I LOVE 柴犬。TSUTAYA MUSIC PLAYLISTでも執筆(⇒記事はこちら)。

nanayaeの執筆記事一覧 Twitter(@7iromagic)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

矢沢永吉

生年月日1949年9月14日(72歳)
星座おとめ座
出生地広島県広島市

矢沢永吉の関連作品一覧

ZEEBRA

生年月日1971年4月2日(50歳)
星座おひつじ座
出生地東京都

ZEEBRAの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST