1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. ゲーム
  4. 7つの時代を超えて、巨大な悪に立ち向かえ!『ライブアライブ』について紹介

7つの時代を超えて、巨大な悪に立ち向かえ!『ライブアライブ』について紹介

東京ゲームショウが大盛況に終わり、ゲーム購入欲が高まる季節になってきました。
皆さまは気になったゲームは購入済みでしょうか。
色々とあって迷っている方にぜひおすすめしたいのが7月22日に発売された『ライブアライブ』をぜひ!
今回は『ライブアライブ』のおすすめなところを紹介させていただきます。

ライブアライブ

(C) 1994, 2022 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

人気作品が念願のリメイク

本作は1994年にスーパーファミコンのソフトとした発売されたRPGであり、現在でも根強いファンがいる作品です。
7つの時代がゲーム内の舞台となっており、各時代の7人の主人公達が自分たちの時代の中で活躍していくストーリーとなっております。
主人公たちのキャラクターデザインは現在でも活躍を続けている有名な漫画家の方がデザインしており、錚々たる漫画家名を見て驚く事間違いなし!
そんな話題の名作が今年の7月にSwitch版としてリメイクされての発売になりました。
スーパーファミコンのゲームが、令和に復活というのがファンにとっては大変喜ばしい事ですね。
昔の雰囲気を残しつつも、現代ではどのように生まれ変わったか?
実際にプレイした感想も交えながら紹介させていただきます。

HD-2Dのグラフィックで正当進化

本作はスーパーファミコンのゲームだった為、当時はドット絵のグラフィックがメインでした。
今回のリメイクでグラフィック面は果たしてどのように進化したのか。
なんと最新のゲーム作品でも使用されている、「HD-2D」という表現技法を使い2Dのドット絵の世界に奥行きのある立体感が採用されることに!
ライブアライブは様々な時代を冒険する物語である為、時代が変わればグラフィックの雰囲気もがらりと変わることに。
太古の自然と荒涼した台地が広がる原始編は、一見穏やかな雰囲気にも見えますが危険な動物の気配がどこからともなく?
夜の江戸に不気味に浮かび上がる城郭が印象的な幕末編は、静かな城内や不自然なほど大きな月が不気味で緊張感のあるステージを演出します。
などなど各時代が見せる風景はどれも個性的。
どの時代から始めようかわくわくしてきますね。

様々な時代を冒険

本作はゲームジャンルはRPGとなっておりますが、普通のRPGではなく各時代ごとにプレイスタイルは大きく変わっていきます。
特に驚いたのが現代編です。
実際にゲームで見てもらいたいので多くは語れませんが、RPGと格闘ゲームの壁を取り払ったかのような大胆なゲーム進行に初めての方は驚くはず。
一戦一戦、緊張感のあるバトルが目の前で繰り広げられます。
SF編はRPGの常識とは真逆のシステムとなっており、何と道中での戦闘は一切なくひたすら敵から逃げる展開となっております。
敵と戦闘を避けるのはなかなか難しく、突然現れた敵に驚いて逃げる展開はまるでホラーゲームのよう!?

物語が集結していく展開は見ごたえあり

各時代のキャラエピソードをクリアすると、最後に新シナリオ「中世編」が出てきます。
中世編は本作を語る際には外せられないパートとなっているため、ぜひ最後までプレイしてほしいパートです。
中世編は王道ファンタジーの世界観で構成されており、ストーリーも国の勇者に選ばれた主人公が魔王に攫われた姫を助けにいくというまさに王道なシナリオ。
仲間とともに旅をしていく様は、安心感がある展開です。
ですが、中世編の本領発揮はその後になります。
魔王を倒した後に何が起こるのか、勇者とは魔王とは一体何なのか、など考えさせられる展開にぜひ頭をうならせつつ、各時代を冒険してきた仲間とともに見届けてほしい作品です。

『ライブアライブ』ファイナルトレーラー

作品情報

Nintendo Switch『ライブアライブ』

発売中

Nintendo Switch『ライブアライブ』

価格:7,480円(税込)

zakki

zakki

子供の頃からずっとゲームをプレイし続け早数十年。面白い作品を探したり時には人に勧めたりすることもしばしば。
ゲーム歴は長いが横スクロールアクションは苦手。最近のリアルな3Dアクション系はゲーム酔いが酷くてクリアできず。
ゲームの才能は無いが、自分に合うゲームをひたすら探すことが趣味となっている。
気軽に楽しめてかつストーリー重視、雰囲気が良いゲームなどプレイ中。

zakkiの記事一覧

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング