「『重版出来!』はどの役もやってみたかった」 ピン芸人佐久間一行、4月ドラマを振り返る

吉本興業の劇場・神保町花月のオープン9周年記念の公演「エンドラインは裏切らない」が7月5日~9日に行われ、ピン芸人の佐久間一行が出演する。

卓球をテーマにした舞台「エンドラインは裏切らない」に出演する佐久間一行

卓球をテーマにした舞台「エンドラインは裏切らない」に出演する佐久間一行

公演は卓球を舞台にした設定で、大手卓球用具メーカー・Nittakuの協賛を受けた本格的なもの。公演とは別に、出演する芸人同士のガチンコ? 卓球対決も見られる。

今年でデビュー20周年を迎える佐久間。普段はピンで活動している彼が、こうした芸人同士同じ舞台に立つ公演は4年ぶりだという。「20回くらいこういう公演には出てましたが、稽古の連絡とか舞台に上がるまでの流れが久しぶりだな、という感じです」と懐かしい表情を見せた。

ただ、ピンでの舞台と違い、“自分を出す幅”は限られてくる。「大阪の吉本新喜劇だったら自分をウワッと出していくのでしょうけど、こういう舞台は一人だけ、というものではないので、空気感でやっていくしかないですね。ですから、(単独ライブの時とは)違う自分が見られるかもしれません」と、早くも場の空気を読み始めている。

東野幸治に勧められた役は…?

一人で舞台に立つことが多い佐久間だが、こうした公演のほか、最近はテレビドラマにも出てみたい、と思うようにもなったという。

「それまであまり意識したことがなかったんですが、この間、東野(幸治)さんにも勧められたんです。『さっくんは、犯罪者の役がいいよ。明るい感じなのに怖いのが、すごい合うよ』って(笑)。僕自身がそういう役が合うなんて思ってもみなかったですけど、やはり人からどう見られているかも大事なので」と気になる様子。

他にも「テレビでの演技を」という声が多くなった佐久間は、意識してドラマを見るようになったという。

「“チュートリアルの徳井さん”じゃなかった」

特に4月期のドラマで注目していたのがそしてチュートリアルの徳井義実が出演していた『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系)だった。

『できしな』のチュートリアル・徳井の演技を絶賛 (C)ドリマックス・テレビジョン/TBS

『できしな』のチュートリアル・徳井の演技を絶賛 (C)ドリマックス・テレビジョン/TBS

『私結婚~』の徳井の演技は、佐久間にとって格別だったようだ。「“チュートリアルの徳井さん”のイメージが長かったのに、全然それを感じなかったです。感動しすぎてこの間一緒の舞台だった時に思わず感想を伝えに行ってしまいました」

「ドラマのサントラも買ってしまった」くらいハマったという。

そしてココリコの田中直樹が出演中の『朝が来る』(フジテレビ系)も、徳井と同じくシリアスな演技が印象に残ったという。「バラエティにもたくさん出ているのに、違うので、徳井さん、田中さんお二人ともすごいと思った」

そんな佐久間が、出てみたかったドラマとして挙げたのは『重版出来!』(TBS系)。

「『重版出来!』はもう、すべての役になりたかったです。しのぎを削る漫画家さんとか、それを支える編集者さん、あとはヒャダインさんが演じていたデザイナーさんも。お笑い芸人という立場の自分とずっと重ねてみていたから、登場人物と自分の距離が本当に近いものがあったので、毎回怖かった」と興奮気味だった。

デビュー20周年を迎えた佐久間。単独ライブでは、肩の力を抜いたり、コラボレーションをしたり、はたまたデビューに立ち返ってシンプルにしてみたり、と試行錯誤を重ねている。

7月5日~9日まで行われる公演「エンドラインは裏切らない」は、佐久間の新たな一面を間近で見るまたとないチャンスかもしれない。もしかすると、秋口にはドラマの向こうに出ているかもしれない…?

(文:中西啓)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

佐久間一行

生年月日1977年9月3日(42歳)
星座おとめ座
出生地茨城県水戸市

佐久間一行の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST