「合コンで男たちが目くばせ」…おかずクラブが恋愛で“道化”になった瞬間

今やテレビで見ない日はないほどの人気者になった、お笑いコンビ「おかずクラブ」のゆいPとオカリナ。

スラバのスノーショー

スラバのスノーショー

そんなふたりが、クラウン(道化師)が登場する体感型ショー「スラバのスノーショー」を応援することに。ゆいPに至ってはクラウンとして舞台に上がることも決定。今回はクラウンのヴァーニャ・ポルニン、アレクサンドル・フリッシュと、おかずクラブの二人がショーの魅力を語った。

――まずはショーの魅力を教えてもらえますか?

寝そべるクラウンをスマホに収めるゆいP

寝そべるクラウンをスマホに収めるゆいP

ゆいP今回のショーは体感型ということで、お客さんがショーに参加している感覚になれるところが大きな魅力です。スノーショーなので、客席にまで雪が降る演出があったり、ほかにも客席を蜘蛛の巣が覆うような演出がされたりします。あとは、クラウンが客席までおりてきて、お客さんをめっちゃいじるんですよ。えげつないくらいに(笑)。

オカリナ:お客さんに雪をめちゃくちゃかけたり、お客さんがかけているメガネを投げたりするんですよ。

ゆいP日本人ってそういう風にいじられるのを恥ずかしがったりする人も多いと思うんですけど、このショーの場合はそれがあっちこっちで起きるんです。クラウンの人数が多くて、会場で一斉にそういうのが行われているから、羞恥心もなくなって、楽しめるんですよね。

オカリナ:見てください、そう言ってる間にも靴を……(と言いつつ、隣に座るクラウンのアレクサンドルに靴を脱がされる。さらに、靴下に紙吹雪を詰め込まれながら)こういうことを突然始めますからね、ショーでも(笑)。

インタビュー中に靴下の中に雪を詰め込まれるオカリナ

インタビュー中に靴下の中に“雪”を詰め込まれるオカリナ

――かなり突然いじられるんですね(笑)。クラウンの方から見た、ショーの魅力はどこでしょうか。

ヴァーニャ:このショーはセリフが一切ないので、動きや音楽、照明や舞台美術で世界観を表しています。こうした表現は日本の映画などにも共通するところがあるので、日本の方にも必ず共感してもらえると思います。

合コンが懇親会に

――ところで、今回はクラウン、道化師がショーのカギになっていますが、おかずクラブのおふたりは恋愛でご自身が「道化」になった経験はありますか?

ゆいPそうですねぇ、やっぱり合コンが多いですよね。以前、女芸人の同期の子たちと合コンに行ったんですけど、待ち合わせの場所で私たちの顔見るなり、男たちがみんな目くばせしあって。

そっからはもう空気を察して道化になりますよね。この人たちの恋愛対象にはなれないかもしれないけど、この人たちに楽しいって思ってもらうところまでは頑張んなきゃ、と。

オカリナ:これから合コンで食事に行くってわかってるのに、すぐコンビニに行こうとするんですよ! それも私たちがなんとか笑いに変えてねぇ。最後は懇親会みたいになりましたよ。

ゆいPの気分転換は…

――おかずクラブのお二人はそんな時に、元気を出したり、気分転換するために観る映画なんかはありますか?

ゆいP私は『プラダを着た悪魔』と『デンジャラス・ビューティー』。このふたつは本当によく観ています。

『デンジャラス・ビューティー』 (C)2000 Warner Bros. Entertainment Inc.

デンジャラス・ビューティー』 (C)2000 Warner Bros. Entertainment Inc.

オカリナ:私は邦画で『キサラギ』という作品が好きで。この作品の、もともとはそれぞれ別々だった話が、最後にひとつにつながるっていうところが好きです。同じく邦画の『エイプリルフールズ』も同じような形式なので好きですね。

――ちなみにクラウンの方は、もしおかずクラブのふたりが恋愛で落ち込んでいたら、どんな風に慰めますか?

アレクサンドル:まず一番大事なのは、彼女たちのところに冷たい水の入ったバケツを持って行って、頭からかけて…。

ゆいPえ?今なんて言った!?なんで!?

アレクサンドル:で、その後に抱きしめる。

ゆいPそんな時に抱きしめるの?

アレクサンドル:水が悲しさを洗い流してくれるから…。

オカリナ:でも水が冷たい必要はないよね? 温かいシャワーとかでもいいよね?

アレクサンドル:すべてを忘れることはできる。

オカリナ:確かにびっくりして忘れるよ!(笑)

――ヴァーニャはどうですか?

ヴァーニャ:スラバがいつも教えてくれているのは『人生はお祭りだ』ということ。どんなにつらいことがあっても、それを楽しく愉快に超えていくことができるよっていうことを、スラバのショーは教えてくれてるんだ。

オカリナ:じゃあスラバのスノーショーを観ればいい、と。

ゆいPヴァーニャは最後にちゃんとつなげてて偉いな!(笑)

(文:横田泉)

SLAVA’S SNOWSHOW スラバのスノーショー 概要

世界30カ国以上、120を超える都市で500万人以上を動員!2014年・日本初公演で2万人を動員した、“体感型ファンタジーショー”が奇跡の日本再上陸!

大阪は、森ノ宮ピロティホールにて、7月15日(金)~26日(火)まで全15公演。東京は、シアター1010(センジュ)にて、7月30日(土)~8月14日(日)まで全20公演。

【公演データ】

大阪公演 7月15日(金)~26日(火) 会場:森ノ宮ピロティホール
東京公演 7月30日(土)~8月14日(日) 会場:シアター1010(センジュ)

問い合わせ

0570-550-100(チケットよしもと)

もしくは『スラバのスノーショー』オフィシャルページまで

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST