「ミス東スポ」2017誕生!グランプリ・日里麻美は「史上最強のミス東スポ」目指すと宣言 サプライズ選出・矢野冬子は大号泣

2人目の特別賞としてサプライズ選出された矢野冬子。発表時は大号泣

2人目の特別賞としてサプライズ選出された矢野冬子。発表時は大号泣

9日、東京スポーツ新聞社主催のアイドルコンテスト「ミス東スポ2017」の発表イベントが開催され、グランプリに日里麻美(ひさと・あさみ)が選ばれた。日里は「史上最強のミス東スポ」を目標に掲げ、共に選ばれた4人のメンバーと喜びの笑顔を見せた。

「ミス東スポ2017」に選出された5名。左からまなせゆう、桜木まな美、日里麻美、山下真利、矢野冬子。

「ミス東スポ2017」に選出された5名。左からまなせゆう、桜木まな美、日里麻美、山下真利、矢野冬子。

半年間にわたってオーディションが開催されたミス東スポ2017。グランプリは、予選で7位だったという日里。尻上がりに順位を上げ、最後に1位に輝いた。「中間結果では1位だった。このタイミングで発表されると、後の追い上げが不安だった。残りの2回のイベントで皆の頑張りがすごくて、(ミス東スポに)"入れないかもしれない"と不安で落ち込んでいた」と率直な気持ちを吐露。そして涙ながらに「『史上最強のミス東スポでした』と呼ばれるよう、頑張っていきたい」と意気込みを語った。

2位は山下真利(やました・まり)、3位は桜木まな美(さくらぎ・まなみ)、特別賞はまなせゆうな、矢野冬子(やの・とうこ)の2名が選出された。

東スポは、特別賞の2人の選出理由について言及。まなせは「プロレスの東スポですから、まなせさんのような力強い女性がこれから必要ではないか」とスタッフの総意で選んだという。矢野については「アイドル時代からたくさんのファンがいる。長身でスタイルバツグン。紙面で取り上げられたらすごい反響があった」と語っている。

本コンステトは、面接審査を通過した現役グラビアアイドルが予選ステージ(6〜9月実施)、および決勝ステージ(10〜12月)の約6ヶ月間に及ぶオーディションの末、8名のファイナリストの中から6代目ミス東スポの5名が選ばれた。

>グラビアアイドルの記事をもっと読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST