【インタビュー】劇団EXILE・青柳翔、憧れの佐藤二朗に「初対面なのに吹き出した」主演ドラマ『目玉焼きの黄身いつつぶす?』

“食べ方”を追求する深夜ドラマ『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』(MBS/TBSドラマイズム)が、11月より放送スタートする。

青柳翔

青柳翔(画像クリックで写真一覧)

今回は、目玉焼きの黄身はいつつぶすのか? カレーのルーはどうかけるのか? 焼き鳥は串から外すのか?……と食べ方に人一倍強いこだわりをもつ主人公・田宮丸二郎を演じる劇団EXILEの青柳翔にインタビュー。

本作の見どころや共演者とのエピソードの他、国際的俳優チャン・チェンと共演した映画『MR.LONG/ミスター・ロン』の撮影や歌手活動など多岐にわたって話を聞かせてくれた。

佐藤二朗との掛け合いに注目! 青柳翔はプライベートでも食べ方にこだわりあり?

─近年、食をテーマにした作品がたくさん出てきています。その中で本作の見所は?

青柳翔(以下、青柳):このドラマは、食べ方をフィーチャーしています。僕が演じる二郎という役は、その食べ方について、自分と違うと怒鳴り散らしてしまうような役ですが、頑固だけれどもピュアでチャーミングで、原作の面白いところがそのまま表現できればいいなと思ってやらせてもらいました。

─実写版で「こういうところを見せたい!」という点は?

青柳:二郎の「そこまで驚く!?」みたいなところがこの漫画の面白さです。そこを実写でやると違和感があるのかなと思いつつ、でもそれを面白おかしく表現できればいいなと思ってます。

─特に注目してほしいシーンや演技などはありますか?

青柳:セリフが原作のままなんです。「どうしたんだい?」とか聞いていて「ん!?」って気になるセリフをわざとそのまま使ってます。すごく古臭い感じのする言い回しですけど、こだわりを持った熱い男になれるよう演じました。そこに注目してほしいです。

青柳翔 (C)

青柳翔 (C)「目玉焼きの黄身いつつぶす?」製作委員会

─本作のようなコメディへの意識はどんな感じですか?

青柳:見る分には大好きです(笑)。

─自分がやる分には苦労を感じる?

青柳:難しいですね。経験が必要だと思います。今回は成海璃子さんと佐藤二朗さんに助けて頂きながら、撮影に臨みました。

─お二人と共演してみての印象はいかがですか?

青柳:成海さんは一度共演させて頂いた事もあるんですけど、そこまでお話できていなかったので、今回色々お話させてもらいました。すごくステキな方ですし、見た目より少し男らしい方なのかなと思いました。佐藤さんは、色んな作品を拝見していてけっこうファンだったので、共演できて率直に嬉しかったです。佐藤さんはすごくスパークしているので、ぜひ楽しんでほしいです。

─佐藤さんとの掛け合いはどんな風に行われるんですか?

青柳:ご飯の食べ方の話が中心ですね。例えばちらし寿司で、二郎はワサビ醤油をパパってかけて口にかき込むのが「最高に旨い!」と信じ込んでるんですが、隣で別の食べ方をしている人に納得しなくて怒ります。そういう時、佐藤さん演じる近藤は「お前はちらし寿司すら見えていないんじゃないか?」みたいなことを言ってきます(笑)。

─話だけ聞いてるとワケ分からないですね(笑)。

青柳:アハハハ! そういう会話が繰り広げられながら、人との違いを受け入れることで二郎が成長していくお話です。本当に楽しい作品になっているので気軽に楽しんでほしいです。

─今回の主人公・二郎のように、ご自身の食のこだわりやマイルールは?

青柳:すごくピンポイントなんですけど、某ハンバーグレストランのソースをかけるのが好きで、そのソースがご飯にかかるのが嫌なんです。テーブルの横に置いてある紙ナプキンを巻いてお皿に段差をつけて、ソースがご飯にかからないように、そしてつけあわせのサラダが混ざらないように分けて食べます。「変わってる」とよく言われます。

─たしかにこだわりを感じます(笑)。

『ミスター・ロン』でバカップルに挑戦? 中国語で「愛してる」連発

―今年2月に開催されたベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され、今年12月に国内上映される映画『MR.LONG/ミスター・ロン』では、賢次を演じています。こちらはどんな役どころでしょうか?

青柳:ロンに扮するチャン・チェンさんが日本に来て一人の女性・リリーと出逢うストーリーです。そのリリーがどんどん負のスパイラルにハマっていく時、回想として出てくる恋人役です。

―劇中ではどんな立ち位置なんですか?

青柳:リリー役のイレブン・ヤオさんがどんどん奈落の底へ落ちていく時に思い出す、幸せだった日々。幸せの象徴になります。

―撮影の雰囲気はいかがでしたか?

青柳:チャン・チェンさんはやっぱりオーラがありますし、すごく存在感があります。現場でもアクションに対するこだわりを感じました。

─チャンさんの演技で学んだり関心したりした点は?

青柳:チャンさん演じる殺し屋のロンが、ナイフの軌道とか全て熟知している感じが伝わりました。そこは勉強になりました。日本的じゃないというか、カッコよかったですね。

─監督からはどんな指示が?

青柳:ずっと「バカでいい、バカでいい」って言われました。とりあえず「小っ恥ずかしくなるような幸せなカップル」と。

─言い方がちょっとよろしくないですが、バカップルを演じてくれと。

青柳:そうですね。「ウォーアイニー(※中国語で「愛している」の意)」しか分からなくて、それだけを何回も何回も言ってました(笑)。そのセリフの音は使われていないんですけど。

─カットされるのはちょっと切ないですね。

青柳:あ、いえ、監督に元々「使わないから、大丈夫だから」と言われていたんです。とりあえず「好きだ!」という気持ちを前面に出して、幸せな日々を賢次がやってくれたらと話を受けました。

『アメトーーク!』と『イッテQ』は欠かさずチェック! お気に入りのシンガーは秦基博とAimer

─『目玉焼き―』のようなコメディ作品や『ミスター・ロン』のようなシリアスな作品に出演する傍ら、歌手としてご活躍です。俳優業との違いは?

青柳:今だ、まだ分かっていないです。ライブなどでお客さんが喜んでくれるように、自分も気持ちよく歌えるように練習して歌うだけです。

─色気のあるセクシーな声だなと思います。

青柳:なんか、すみません(笑)。

―逆に俳優業と通ずる点は?

青柳:そうですね……、ごめんなさい。まだ正直ガムシャラにやっている最中で、パッといい言葉が頭に浮かんでこないです。

―いえいえ!お気になさらず!じゃあ俳優業も歌手業も無我夢中で頑張っているところだと。

青柳:そうですね。

─こういった芸能活動をする中で、心がけていることはありますか?

青柳:慣れが出てきた時に「あ、危ないな」と思うようにしてます。

─「危ない」というのは?

青柳:自分が「あれ? できたかも」と思う時に映像とか見ると、たいしてできてなくて、ガムシャラにやって良いのか悪いのか分からない時に「良かったね」って言ってくれる人が多かったりするので、そういう時慣れて油断しがちなんです。だから慣れが出てきた時はよく振り返るようにしてます。

─客観的に、冷静になって自分を見つめるようにしてる。

青柳:はい。わりとテンパるタイプなので。

─けっこう緊張しやすい性格なんですか?

青柳:そうですね、緊張しいです。

─人見知りもあったりするんですか? 初対面の人とは緊張するとか。

青柳:う~ん、そうですね!

─じゃあ『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』で佐藤さんと初めて会った時も緊張したんじゃないですか?

青柳:佐藤さんの場合は、「わ、佐藤さんと一緒にできるんだ……!」と思いました。

─「憧れの人だ!」という感じが大きかった。

青柳:そうですね。衣装合わせの時に初めてお会いしたんですけど、部屋に入った時すでに衣装合わせが終わってあのパンチパーマ姿だったんです。

この姿が青柳との初対面だった佐藤二朗

「あのパンチパーマ」姿で青柳翔と初対面を果たした佐藤二朗 (C)「目玉焼きの黄身いつつぶす?」製作委員会

初対面なのに吹き出すっていう、大変失礼なことをしてしまいました(笑)。

─なるほど、緊張より面白さがまさったと。そんな佐藤さんの出演作で印象に残っているのは?

青柳:仏役で出ていた勇者ヨシヒコ(テレビ東京系)です。あれが一番印象に残っています。

─他に佐藤さんの出演作以外に、お気に入りの映画・ドラマは?

青柳:小さい頃見ていた冒険物や恐竜系とか、そういうの観たくなりますね。

─例えば『ジュラシック・パーク』シリーズとかですかね! シンプルに楽しめるもの。

青柳:はい。「こういうのあったな~」とか思い出しながら観るのが好きです。

─『勇者ヨシヒコ』を観ているという話ですが、お笑い系も好きなんですか?

青柳:バラエティ番組を録画するくらいです。『アメトーーク!』(テレビ朝日系)と『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)は欠かさず観てます。

─では、お気に入りの音楽は?

青柳:秦基博さんの「鱗」とかお気に入りです。あと最近すごくいいなと思っているのはAimerさん。「蝶々結び」とか聞いてます。いいなと思った曲を入れた携帯のプレイリストを、いつも流し聞きしてます。

──色々お聞かせ頂きありがとうございます。ドラマはもちろん、今後のご活躍期待しております!

(文:桜井恒二) 

スタイリスト/松川総(TRON) ヘアメイク/鵜飼雄輔(TRON)

『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』

MBS 11月5日スタート 毎週日曜24:50〜
TBS 11月7日スタート 毎週火曜25:28〜

原作:おおひなたごう目玉焼きの黄身 いつつぶす?』(ビームコミックス/KADOKAWA刊)
脚本:鈴木謙一
監督:山口雄大
出演:青柳翔 成海璃子 大谷亮平 八木将康 武田玲奈 遠藤史也 保紫萌香 平沼紀久 山下真司(特別出演) 佐藤二朗

青柳翔さんサイン入りチェキプレゼント!

青柳翔さんのサイン入りチェキを1名様にプレゼント!

青柳翔さんのサイン入りチェキを1名様にプレゼント!

青柳翔さんのT-SITEインタビューをご覧の方1名様に、青柳さんのサイン入りチェキをプレゼント!

下記フォームからどしどしご応募ください。

>青柳翔さんサイン入りチェキプレゼント応募サイト

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

青柳翔

生年月日1985年4月12日(34歳)
星座おひつじ座
出生地北海道

青柳翔の関連作品一覧

佐藤二朗

生年月日1969年5月7日(50歳)
星座おうし座
出生地愛知県春日井市

佐藤二朗の関連作品一覧

成海璃子

生年月日1992年8月18日(26歳)
星座しし座
出生地神奈川県川崎市

成海璃子の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST