乃木坂46のアンダーメンバーの楽曲を集めたアンダーベストが完成。新曲には鈴木絢音の初センター曲も!【インタビュー】

乃木坂46

─いよいよアンダーメンバーによるオリジナルアルバム『僕だけの君 ~Under Super Best~』がリリースされます。タイトルを聞いてどんなことを思いましたか?

鈴木絢音(以下、鈴木) ● “僕”をアンダーメンバー、“君”をファンの方に当てはめると、18thシングル「逃げ水」のカップリング曲「アンダー」の歌詞にリンクする部分があって、アンダーアルバムにぴったりなタイトルだと思いました。“僕”をファンの方、“君”をアンダーメンバーに当てはめても同じことが言えるので、タイトルだけで想像が広がります。

渡辺みり愛(以下、渡辺) ● いろいろな意味に例えられると思うんですけど、例えば、“恋愛”や“ファンに対する表現”だったり、いろいろな捉え方をしてくれると嬉しいなと思います。

─アルバムには、中元日芽香さんのソロ曲「自分のこと」を含む、新曲4曲が収録されます。ノリのいいポップチューン「自惚れビーチ」は、すでに“アンダーライブ全国ツアー2017 ~近畿・四国シリーズ~”で披露されていて、ファンの方たちにも大好評のようですね。

鈴木 ● この曲で初めてアンダーセンターを務めることになりました。タイトルに“自惚れ”とあるとおり、自分自身に惚れているワガママな女の子目線の歌詞になっています。

渡辺 ● 絢音は普段おとなしい子に見られがちですが、私はこの曲がよく合っていると思います。

─残りの2曲はどんな曲ですか?

鈴木 ● 「その女」は寺田蘭世ちゃんのセンター曲です。語りの部分では喋り声でも歌声でもない普段聴くことのできないメンバーの声を聴くことができます(笑)。「誰よりそばにいたい」は、アンダー楽曲としては珍しいバラード曲です。1番の歌割りは少人数なので、メンバーの声が聴き取りやすいと思います。

渡辺 ● 友人に聴いてもらったんですが、「いい意味で乃木坂っぽくなくていい!」と感想をもらいました。私もいちファンとして聴いていてかなり好きです。

─新曲以外にはこれまでのアンダー楽曲が収録されていますが、特に思い入れのある曲を教えてください。

渡辺 ● やはり、「風船は生きている」です。初のセンターを務めさせていただいた曲で、ファンの方々が「大好きなんだー」と言ってくれるこの曲が大好きです。

鈴木 ● 私は、私たちアンダーメンバーにしか歌うことのできない曲だから、「アンダー」ですね。

─初回仕様限定盤の特典映像には、アンダー楽曲のMVも収録されます。思い出に残っているMVは?

鈴木 ● 私は「風船は生きている」です。ケンカのシーンで人生で初めて胸ぐらをつかみ、騒いでいるシーンでは人生で初めてお菓子を投げました。1日で2つも人生初を経験することができました。

渡辺 ● 私は、「別れ際、もっと好きになる」。この時期3列目でしたがその中でも楽しめた撮影で、悔しい気持ちもありましたが、(堀)未央奈を支えようと強い気持ちを持っていた時期でもあります。カレーを食べて衣装にこぼしてしまったこともよく覚えています(笑)。

─おふたりにとって“アンダー”とはどんな存在なんでしょうか?

渡辺 ● この質問はよくされるのですが、未だにちゃんとした返答ができてないです。ここにいて学ぶことがたくさんあります。

鈴木 ● 私もそうですね。

─では、“アンダーライブ”とはどんな場所ですか?

鈴木 ● 自分を見つけてもらえる場所です。アンダーメンバーにとって、とても大切な場所なので、守り続けていきたいです。

─初回生産限定盤の特典映像には、そんな“アンダーライブ”の名場面が収録されます。過去を振り返って、おふたりのベストパフォーマンスは?

鈴木 ● 自分のパフォーマンスをよかったと思ったことは一度もないので分からないんですが、“アンダーライブ 東京公演”は、メンバーからもスタッフさんからもファンの方からもよかったというお言葉をたくさんいただきました。

渡辺 ● 私は、北野日奈子と中元日芽香がアンダーセンターを務めた18枚目シングルの九州ツアーです。みんなで助け合いながら成功することができました。

─“アンダーライブ”の思い出はありますか?

渡辺 ● 私が初のセンターを務めて緊張している中、選抜、アンダー、3期生、いろんなメンバーが励ましメールをくれたのが物凄く嬉しくて、涙が出ました。

鈴木 ● 私は、“アンダーライブ 九州シリーズ”の時。メンバー全員ととんこつラーメンを食べに行ったことです(笑)。

─おふたりはすごく仲がいいですが、お互いの好きなところはどこですか?

鈴木 ● 私が暇な時、みり愛ちゃんに「何かお話をして」とムチャ振りをしてしまうのですが、「またかよ~」と言いながらもお話を聞かせてくれるところです(笑)。

渡辺 ● 絢音はよく楽屋で隣だったりして、私がいろんな話をしています。優しく頷いて答えをくれる、とても素敵な女性です(笑)。固いイメージがついてるかと思いますが、甘えてきてくれる絢音が個人的には好きですよ。

─おふたりは“真夏さんリスペクト軍団”にも入っていますが、なにかエピソードがありましたら教えてください。

渡辺 ● 真夏軍団は比較的バラバラに会話を繰り広げる統一感のない4人ですが、バラバラに会話が繰り広げられていてもみんなそれなりに会話に参加できているという、何とも奇妙なグループだと思っています(笑)。

鈴木 ● 私はみり愛ちゃんとのエピソードになってしまうのですが、プラネタリウムに一緒に行く約束をしているのにも関わらず、私が極度のインドア人間であるがために、1年以上約束を実行に移していません。

─ありがとうございました。それでは最後に今後の目標をどうぞ。

鈴木 ● 趣味がお仕事に繋がり、さまざまなお仕事に挑戦させていただく機会が増えてきました。乃木坂46全体のお仕事はもちろん、個人のお仕事も頑張っていきたいです。

渡辺 ● 私も自分の趣味をとにかく爆発させていきたいです。それがお仕事に繋がればいいなと思っています。

(取材・文:門宏/撮影:堀弥生)

乃木坂46 リリース情報

僕だけの君 〜Under Super Best〜

初回生産限定盤

僕だけの君 〜Under Super Best〜

NEW ALBUM
1.27 RENTAL
1.10 on sale

初回生産限定盤(2CD+DVD):SRCL-9630~2 6,018円(税抜)
初回仕様限定盤(2CD+DVD):SRCL-9633〜5 5,556円(税抜)
通常盤(2CD):SRCL-9636〜7 3,241円(税抜)
TSUTAYA 予約/購入特典
先着特典
B3 ポスター(TSUTAYA撮り下ろし絵柄)
(撮影メンバー:鈴木絢音、渡辺みり愛)
抽選特典
鈴木絢音、渡辺みり愛 直筆サイン入り撮り下ろしLifestylin'? ポスター(10名様)

⇒作品紹介・レビューを読む

乃木坂46 オフィシャルサイト

乃木坂46の関連記事をもっと読む

誌面では読めないフルインタビュー掲載!ここでしか観られない限定コメント動画も♪
TSUTAYA on IDOLはコチラ

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

乃木坂46

結成年月日2011年8月21日(7年)

乃木坂46の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST