WANIMAインタビュー 全力でやりたいことへ向き合い続け、明日へと踏み出すキッカケとなる存在。新作『Everybody!!』、遂に完成!

WANIMA

WANIMA

デビューからわずか2年5ヵ月にも関わらず、さいたまスーパーアリーナにて初ワンマンを開催するなど、枠組みを飛び越えてその名を轟かすロックバンドとなったWANIMAが、メジャー1stフルアルバム『Everybody!!』をドロップする。その内容に加えて、向き合うスタンスや抱える想いについて話を聞いた。

─ついに『Everybody!!』がリリースされます。これまでの作品と比べて、手触りや印象として違いはありますか?

KENTA ● 特に違いというのはないですね。僕らはシングルでもアルバムでも同じ温度で臨むので、そこは同じというか。

─約2年ぶりということもあり、フルアルバムというサイズに対して難しさを感じたりは?

FUJI ● そういう意味では、シングルの方が難しいかもしれないです。3曲とか4曲でその作品の色を出さないといけないし。もちろん、曲をどんどん作っていくということに関しては、フルアルバムの方が大変だとは思うんですけど。

─恐ろしいぐらいのスピードで注目を集めていると思いますが、そういったところで気負うようなこともなく?

KENTA ● みんなの期待に応えたいという気負いはありますけど、それはいつもと同じだし。ただ、フルアルバムを作るにあたって、音楽は難しく考えるモノじゃないと再確認したんです。

─傍から見ると、いろんなことに忙殺されて、自分たちを見失うようなこともあるのかなと想像してしまうんですよ。

KENTA ● めちゃめちゃ考えて選択してるし、“他の人やったらできないけど、WANIMAやったらしっかりらしくやれる”ということも多くて。

─何かそういった考えで取り組んでみたことはありましたか?

KENTA ● 例えば、今回のリリースにあたって“#WANIMAのCMスマホでつくる”という企画をやってみたんです。みんなのWANIMAへ対する想いを動画にして送ってもらって、それが本当のCMになるんですけど、こういうのも今までなかったですよね。

─面白い発想だなと感じました。加えて、WANIMAとファンの信頼関係が築かれている証拠でもあるなと。規模が大きくなるにつれて、いろんな反響を耳にすることもあると想像しますけど、ボールを投げたらちゃんと返ってくると信じてるわけじゃないですか。

KENTA ● そうですね。いろんなところへ出させていただき、心無い言葉に引っかかることもあるんですけど、その何十倍、何百倍の人たちが“ともに生きていきたい”と応援してくれていて。そういった人たちのことを思うと、些細なことはどうでもよくなって、“その先へ一緒に行こう”って気持ちになっていくんです。いつも助けられてますね。

─ある種のカリスマというか、そういった存在になりたいといった気持ちはありませんか?

KENTA ● もし、その気持ちがあるんだったら、最初からそういう立ち振る舞いをします(笑)。

一同 ● ハハハハ(笑)。

KENTA ● 曲を作るたびに“才能ないな。どうしたらいいんだろう”って感じてるし。カリスマと言われる人たちは“寝とる間に曲ができる”みたいなことを言うじゃないですか。

─曲が降りてくるみたいな表現をされる人もいますね。

KENTA ● 降りてくるようなこと、全然ないですから。いつもギリギリで辿り着けてます、WANIMAは。

─降りてくるようになりたい?

KENTA ● はい!

一同 ● ハハハハ(笑)。

FUJI ● そうなれるのならば、なりますよ(笑)。

KENTA ● でも、僕たちは野良犬ですからね(笑)。

─ただ、数々のライヴや制作を通して、成長を感じる場面もあったのかなと思います。

FUJI ● 僕たちはずっと一緒にいるし、なかなか気づきにくいところというか。誰かに言われて“そうなのかな?”っていう感じです。

KO-SHIN ● 成長につながったのかはわからないですけど、ずっと努力は欠かしていないです。できるだけいいモノを作りたいっていう気持ちはみんな共通してるし。

KENTA ● 今、KO-SHINが言うたように、3人とも大前提として“いいモノを作ろう。それを届けよう”というのがあるし、そこを今回もブレずにやれたのはよかったなと思ってます。

─フルアルバムの内容についても伺っていきますが、様々な旨味が融合しながら、それぞれの曲が強烈なカラーを持っていると感じたんです。バンドの充実ぶりを物語っていると思いました。

KENTA ● 新曲は一番届けたい曲じゃないとおかしい気がしてるので、今のWANIMAが伝えたいことがしっかりこめられました。

FUJI ● 純粋に自分たちが今やりたいことであったり、“(ライヴで)こういうのだったら盛り上がってくれるだろうな”という曲を入れられたと思ってます。

─どの曲もグッとくるんですが、「シグナル」は特に印象的でした。閉塞感すら漂う日常から踏み出す力になる曲だと感じましたし、ただポジティブなことを歌うわけじゃないその視点こそがWANIMAらしいなと。

KENTA ● この曲は“18祭”という、“1,000人の18歳世代とともにステージを作る”という企画をキッカケにして生まれたんです。みんなからの(“18祭”への)応募動画を観て、大切なこと、大事なことを再確認させられたというか。照れながらも、自分たちの想いを伝えてくれたんですよね。それで、“自分たちが18歳のときはどうやったかな?”と思い返して、歌詞にもあるように「未完成でもいいけん、全力で自分たちがやりたいことへ向き合う姿勢が大切」っていうことを伝えたいと思いました。

─また、シングルとして発表された「CHARM」もいい存在感があるなと思いました。

KENTA ● “この歌をお守りに”という気持ちをこめて作ったし、ライヴでも欠かさずやってるんです。みんなそれぞれの曲になってるという実感もあるし、ちゃんと向き合えて作れてよかったなと思ってます。

KO-SHIN ● この曲は、最初に歌とギターから始まるじゃないですか。その瞬間から、お客さんが手を挙げてくれるんです。みんなと一緒に始めてるような、歌ってる感じがあるんですよ。

─そして、「ともに」も収録されてますね。もはや代表曲だと思いますが、ご自身としてはいかがですか?

KO-SHIN ● 何回も口にする、WANIMAのキーワード的な言葉にもなってますし、言ったら“顔”じゃないですけど、それぐらいになってると思うんですよね。ライヴでも絶対にやりますもん。

─しかも、終盤に収録されているところもいいですよね。作品に重みが増してますよ。

KENTA ● 「ともに」に頼りたくなかったところはあるのかもしれないです。前半に持ってくることが多いじゃないですか、シングルの曲たちって。でも、「ともに」はホントに伝えたいことではあるんですけど、最後らへんにあるイメージだったんです。

─2月からはライヴハウスとアリーナを並行してまわるツアーもスタートするほど、規模も大きくなってきました。この先に見据えるモノはどういったところなんでしょうか?

KENTA ● もっともっと、みんなに知って欲しいですね。まだまだ(WANIMAを)知らない人もたくさんいますし、僕らもより成長せんといかん。日本全土を巻き込んでお祭りがしたいです。

(取材・文:ヤコウリュウジ)

WANIMA リリース情報

Everybody!!

NEW ALBUM
2018年2月3日レンタル開始
2018年1月17日発売

WPCL-12817 3,000円(税抜)
TSUTAYA 予約/購入特典
ワンチャンくじ引き大会開催!
※ 実施していない店舗がございます。対象店舗などの詳細は、HPを御覧ください。
https://wanima.net/everybody/

⇒作品紹介・レビューを読む

WANIMA オフィシャルサイト

WANIMAの関連記事をもっと読む

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST