No.45『THE TUNNEL -サボタージュ』【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】

THE TUNNEL -サボタージュ

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞。そして3つの「決め手」「感想」「★付け評価」とともにざっくり紹介していく、“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざるを得ないためご注意を)。

今回選んだタイトル『THE TUNNEL -サボタージュ』

今回は、先日鑑賞した『THE TUNNEL -国境に落ちた血』が面白かったので、そのシーズン2があることを知り、こちらをチョイス。

『THE TUNNEL -サボタージュ』を選んだ3つの決め手

決め手その1『“相棒”再び』

前作に引き続き、スティーヴン・ディレイン演じるカールと、クレマンス・ポエジー演じるエリーズがメインキャストを務める。今回はどのようなバディぶりで楽しませてくれるのだろうか。

決め手その2『今度の事件は?』

今回はドーバー海峡で、トンネルの不可解な事件&で飛行機の墜落事故が発生。この2つの事件を軸に展開していくようだが、どのような関連があり、どんな謎が隠されているのか。興味は尽きない。

決め手その3『シリーズものの良さ』

決め手1とも似てくるかもしれないが、メインが同じである続編ということは、それだけでキャラクター性や世界観に安心感が持てるというもの。うまい方向に作用すれば、一層楽しめそうだ。

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

『THE TUNNEL -サボタージュ』3話分の感想

第1話「変わらぬ良さと新たな刺激。両要素が絶妙にマッチング」

今作は、前作の事件から数年後が舞台。今回もまた、雰囲気たっぷりな映像&空気感の中、事件の模様が静かに描かれていく。変わらない“手触り”がたまらない。

時系列的には、その後の物語となるのだが、エリーゼ(クレマンス・ポエジー)は昇進してチームリーダーに。一方、カール(スティーヴン・ディレイン)は捜査官を辞めていたのだが、今回の事件を機に捜査官への復帰を決める。直感力と分析力のコンビネーションの先に見える真実に、早くも期待感に胸ふくらむ。

それにしても連れ去りと飛行機事故、一見すると無関係そうな事件がどのように絡み合っていくのか。素直に先が気になる。

中盤話(第4話)「新たな一手を投入する展開がうまい」

相変わらずの丁寧さとテンポ感が同居する展開は○。そして些細なことも明らかにするためこだわる性格のエリーゼのキャラクター性が、事件捜査&解明を核とするドラマにはぴったりで安心する。

カールの方も紆余曲折はあったものの、人物像に大きな変化はなし。その他の登場人物を数多く引き継がれているので、前作を観ているとより面白さと理解度が深まる。未視聴だと少し置いてきぼりをくらいそうな部分もあるが、それを差し引いても、仮に今作から観ても魅力的な物語と言えそう。

初っぱなから多角的に事件が起きていたが、今話では警察署で立てこもり事件が発生し、情報漏れが…。相変わらず興味を引くのがうまい脚本だ。

最終回「安心のコンビぶりが◎&意外性に最後まで驚かされた」

不気味さが満載の連続殺人が繰り広げられていた前作と比べて、今作はより人間的で現実的な事件といった感触。スケール感やBGM、エンタメ度といった色のつけ具合もアップしている面も多く見受けられ、世界観を同じにしながら、また別の楽しみ方ができるのが面白い。

それでいて粛々と行われる捜査や、ハラハラドキドキな仕掛け、急展開で目を離せなくさせる物語、手を抜かない意外性など、作品の核となる要素は健在。これこそ醍醐味と言え、見応え抜群だった。

相変わらずな2人のバディーや、さまざまな社会問題を盛り込んだ脚本は秀逸。話数が前作より少ない分、若干だが駆け足感はあるものの、総じてパワーアップしていた。

『THE TUNNEL -サボタージュ』の3項目★付け評価

★は最大5点

・コンビネーション:★5/合わないようで合う。そんな矛盾するような評価がふさわしいカールとエリーズが素晴らしかった。
・前作超え:★4/続編は1作目を超えられないという不安は無用。好みにもよるが、良さを継承しつつ強化されていた。
・派手さ:★4/淡々とした雰囲気のベースは変わらず、さまざまな面で派手さをプラス。嫌じゃない薄めの味付けがいい。

『THE TUNNEL -サボタージュ』について

【製作年】2019年
【出演者】スティーヴン・ディレイン、クレマンス・ポエジー ほか
【あらすじ・みどころ】事務的だが入念であり、最近昇進したばかりの警視、エリーズ・ワッサーマン(クレマンス・ポエジー)と、無口だが優秀な警部、カール・ローバック(スティーヴン・ディレイン)はとある事件の捜査で再会する。ユーロトンネル内からフランス人のカップルが誘拐され、そのカップルの小さな娘、クロエ・フォーニエが心的ショックを受けたまま置き去りにされるという事件だ。しかし、さらにイギリス人とフランス人、双方を乗せた旅客機がイギリス海峡に墜落し、乗客乗員全員が死亡するという事件が起こって事態は複雑化する。突如、二人の目の前にはより大きな疑問が。そして社会はその疑問への答えを待っている・・・ カールとエリーズは、航空事故の残骸が広がる中から手がかりを探り、つながりをたどる。そしてその過程で、複雑に絡む邪悪な勢力と対決することになる。手に汗握る瀬戸際政策の中、カールとエリーズは全てをかけて真の正義を追求する。

▶『THE TUNNEL -サボタージュ』を動画配信で観る

動画配信も、旧作レンタルも、まるっと定額でおうちTSUTAYA!
TSUTAYAプレミアムを利用してみる

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST