モフモフしたい! 読むだけで幸せな気分になれる犬・猫コミック5選 -TSUTAYAマンガ通おすすめ

犬・猫マンガ

犬・猫大好き! なのに、さまざまな理由でペットとは暮らせない……そんなモフモフ不足のアナタに! 犬・猫好きによる、犬・猫好きのための新旧コミック5つをオススメします。

「あ~、犬ってこういうことするよね~、あるある。」を実感します

『あしょんでよッ~うちの犬ログ~』(らくだ 著、KADOKAWA 刊)

あしょんでよッ~うちの犬ログ~』(らくだ 著、KADOKAWA 刊)

とーたん(飼い主)と同居するコーギーの日常を犬愛たっぷりに描いています。これでもかと、ウチの子ちょっとおバカさんだけど可愛いでしょ! と見せつけてきます。

【幸せな気分になれるポイント】
どんなポーズも可愛いのだけど、よりいっそう惹かれるのはマヌケな時! 白目むいて寝てるとか、暑くてだらけてるとか、脇に顔を突っ込んでるときとか。とーたん大好き過ぎて甘えている姿も最高です。こんな子が家にいたら、もう寄り道しないで帰ります。読んでいるうちに、いつの間にかうちの子のような気がしてくるので、是非お試しください!

作品詳細・レビューを見る

タオルの糸をピーーってしちゃうけど、そんなところも可愛いムーコ!

『いとしのムーコ』(みずしな孝之 著、講談社 刊)

いとしのムーコ』(みずしな孝之 著、講談社 刊)

ガラス工房の看板犬として、今日もムーコはお庭を駆け回る! イタズラしては飼い主のこまつさんに怒られますが、それでも大好きなこまつさんへの愛情がダダ漏れムーコに癒されます。

【幸せな気分になれるポイント】
ダメだといわれてもイタズラして怒られたり、自分のしっぽを追いかけたり、雪に大興奮したり、来客と遊んだり。ムーコの毎日を見ているだけでニヤニヤしちゃいます。特にこまつさんにお口ごとギュッてつかまれるシーンがたまりません。

作品詳細・レビューを見る

猫のおなかって、顔うずめたくなるよね

『東伍郎とまろすけ』(長月キュー 著、小学館 刊)

東伍郎とまろすけ』(長月キュー 著、小学館 刊)

主人公の夏目東伍郎は道場で師範を務めるほどの剣の達人。誰もかなわない東伍郎唯一の弱点は愛猫のまろすけ。まろすけを愛でるうちに巻き起こる事件や誤解にニヤニヤしてしまう猫溺愛コメディー。

【幸せな気分になれるポイント】
まろすけの可愛さに尽きる! 東伍郎が溺愛するのもうなづける。その絶妙なフォルムに読んだそばからまろすけファン化します! おなかに顔をうずめてモフモフしたいけど、猫がイライラしちゃうからほどほどにしましょう!

作品詳細・レビューを見る

猫はメインじゃありません。メインじゃないけど、猫が自然すぎて感動!

『猫のお寺の知恩さん』(オジロマコト 著、小学館 刊)

猫のお寺の知恩さん』(オジロマコト 著、 小学館 刊)

高校入学を機に遠縁のお寺に下宿して通うことにした源(げん)。そのお寺には3歳年上の知恩(ちおん)ねーちゃんがいて同居することに。ラブコメですが、今回は猫にご注目いただきたい!

【幸せな気分になれるポイント】
とにかくたくさんの猫がお寺で暮らしています! どの猫もメインになるわけじゃあないけど、いつも知恩さんにくっついてくつろいでいる。猫と暮らすって、こういうことだよなぁと疑似体験できるストーリーです!

作品詳細・レビューを見る

いまも昔も動物モノの金字塔! 何度でも読みたい名作です!

『動物のお医者さん』(佐々木倫子 著、白泉社 刊)

動物のお医者さん』(佐々木倫子 著、 白泉社 刊)

獣医師を目指す医大生たちと犬・猫以外にもさまざまな動物たちが巻き起こすドタバタコメディ! 知識としても役に立つことがあったりなかったり。

【幸せな気分になれるポイント】
シベリアン・ハスキーのチョビが可愛くて可愛くて……。当時シベリアン・ハスキーブームが起こったのも頷ける可愛さ! 個性が光る犬・猫・鶏などなど……人間よりも動物に大注目です!

作品詳細・レビューを見る

いろんなジャンルやテーマでマンガをおすすめ! TSUTAYAマンガ通スタッフが教えるとっておきの作品はコチラ

よどん

よどん

コミックレンタルの裏方のお仕事してます。年間約1,000冊のコミックを読みますが、特に決まったジャンルはない雑食です。最近は妖怪モノや血みどろ系に食指がうごきます。最近の悩みは読んだコミックの管理ができないこと。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST