「平昌冬季オリンピック」開幕記念! 手に汗握るウィンタースポーツ漫画5選 -TSUTAYAマンガ通おすすめ

キャプション

ガンバレ日本!!オリンピックで気になるものといえばメダル。前回のソチオリンピックでの日本のメダル数、覚えていますか? 金1、銀4、銅3。金メダルは、フィギュアスケートの羽生結弦選手が獲得しました。また新たな伝説が平昌から生まれることを期待しながら、今回はウィンタースポーツを題材とした漫画を紹介したいと思います。

ヘタレ男子が王子に変身!氷上に魔法をかけるラブ×コメディ

『銀盤騎士』(小川彌生 著、講談社 刊)

銀盤騎士 』( 小川彌生 著、 講談社 刊)

【 オリンピックとリンク ポイント】
滑走前の緊張感や、ドラマチックな「キスアンドクライ」での様子など細かな描写が際立つこの作品。守られてばかりの心が大切な人を思い、そして自分自身のためにスケートを通して成長しオリンピックの舞台に立つ姿はとても素敵です。共に戦う選手たちも魅力的でどの選手も応援したくなります!

【あらすじ】
小さな出版社で健康雑誌の編集をしている猪狩千登勢。幼なじみの雉子波心は男子フィギュアスケートのスター選手! だが彼の活躍の裏には、千登勢との「ある秘密」があった。その鍵は…魔法少女と鎧の騎士!?

作品詳細・レビューを見る

わずか数分間の滑りが、永遠に感じられるような瞬間がある

『モーメント 永遠の一瞬』(槇村さとる 著、集英社 刊)

モーメント 永遠の一瞬 』( 槇村さとる 著、 集英社 刊)

【 オリンピックとリンク ポイント】
槇村さとる先生の、“フィギュアスケート愛”が詰まったこの作品。(他にもフィギュアスケート漫画『白のファルーカ愛のアランフェスなど書かれています)ライバル達との軋轢やプレッシャーだけでなく、コーチなど大人との人間関係、学校での出来事などさまざまな困難が起きても、目標をまっすぐに目指し続ける姿に心奪われます。

【あらすじ】
氷上の孤独な戦いに臨む北原雪と彼女を見守る男達の胸に迫る思い…。10歳で出会った3人がともに歩んだ歳月を描く、フィギュアスケート・ロマン!!

作品詳細・レビューを見る

青い空に飛び出して、誰も知らない視界を手に入れろ!!

『ハルジャン』(小山宙哉 著、講談社 刊)

ハルジャン 』( 小山宙哉 著、 講談社 刊)

【 オリンピックとリンク ポイント】
スキージャンプのジャンプ台からの視覚描写は、圧巻!!高さの恐怖が迫力の描写とともに、ここに立つことが出来る人だけが味わえる高揚感がバシバシ伝わってきます。逆境に打ち勝つ姿は、勇気を与えてくれる。そして、どこまでも楽観的なハルくんの姿は魅力的です!!

【あらすじ】
運動神経抜群の高校生・梅田晴気、16歳。あだ名は、ハル。実は極度の高所恐怖症という弱点(チャームポイント)を持つハルだが、新任教師・尾崎と出会い、スキージャンプを知る。初めはジャンプ台の上に立つだけで足がすくんだが、徐々にジャンプの魅力に惹かれていく。

作品詳細・レビューを見る

ずっと、ホッケーやりたかった。

『GO AHEAD 』(樋口大輔 著、集英社 刊)

GO AHEAD 』( 樋口大輔 著、 集英社 刊)

【 オリンピックとリンク ポイント】
アニメ化、舞台化もされたサッカー漫画『ホイッスル!を描いた、樋口大輔先生が次作に選んだテーマは……アイスホッケー! どんな環境でもアイスホッケーを追い求める勇睴の姿が原動力となり、剛平が日本代表へと、各々が大きく成長していく様子に引き込まれ読む手を止めることが出来ません。

【あらすじ】
勇暉はプロのアイスホッケー選手を目指す中学生!!本場カナダから南国・宮崎県にやって来てしまい、不完全燃焼で焦っていた勇暉が出会ったのは、ホッケーの実力はプロ並(?)の新任教師、相羽剛平なのだが…!?

作品詳細・レビューを見る

“カーリング”って何じゃ?

『Sweep!! 』(上田美和 著、講談社 刊)

Sweep!! 』( 上田美和 著、 講談社 刊)

【 オリンピックとリンク ポイント】
所々に挿入される丁寧なカーリングの説明があるので知識がなくても大丈夫!誰からも愛される田舎っ娘の里子がひょんなことから友人達3人を巻き込んで、カーリングをすることとなり、カーリングの楽しさや、友情を育む喜びを一緒に感じ取ることが出来る作品です。

【あらすじ】
今はさびれた温泉街、見並町。そんな小さな町で、隣町と温泉を賭けた抗争が勃発!?しかも、勝負内容は何故か“カーリング”で…!?イナカ系イマドキ女子高生達の新感覚 スポーツコメディ、テイク・オフ!!

作品詳細・レビューを見る

さまざまなジャンルやテーマでマンガをおすすめ! TSUTAYAマンガ通スタッフが教えるとっておきの作品はコチラ

ニックネーム

あゆママ

出版社勤務を経て、TSUTAYAでコミックに関わる仕事をしています。
2人の子育て真っ最中のため、読書タイムは通勤時間。黄色い電車の中で、本を片手に、ストックしている子どもの「言いまつがい」が頭にふと浮かびニヤニヤしていても、そっとしておいてください(笑)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

槇村さとる

生年月日1956年10月3日(62歳)
星座てんびん座
出生地東京都葛飾区

槇村さとるの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST