この漫画の短編集がおもしろい! 名作マイベスト5選-TSUTAYAマンガ通おすすめ

この漫画の短編集がおもしろい! 名作マイベスト5選-TSUTAYAマンガ通おすすめ

大好きな漫画家さんたちの短編作品をご紹介!短編集・1冊だからと侮ることなかれ。短くても読み応え抜群です! 思わず物語のその先を想像してしまう作品をご紹介。

数々の長編名作を生み出してきた藤田和日郎先生!短編も面白すぎです!

『黒博物館スプリンガルド』(藤田和日郎 著、講談社 刊)

黒博物館スプリンガルド 』( 藤田和日郎 著、 講談社 刊)

【 1巻完結ならでは ポイント】
うしおととら』など藤田先生の作品は、どれも個性的で超魅力的なキャラクター、引き込まれるストーリー構成が最高ですが、短編でもその魅了は存分に発揮されてます!! 青年誌で掲載されたこともあり、今作は少し大人なほろ苦い内容。 本の装丁のこだわりが強く、とてもカッコイイので電子書籍派の方にもぜひコミックで読んでほしい!

【あらすじ】
謎の怪人とおぞましき連続殺人、そしてある“片思い”——霧深き19世紀の倫敦(ロンドン)を大混乱に陥れた都市伝説を元に描く胸躍るゴシック活劇(アクション)!!熱き活劇の名手が奏でる怪奇と冒険と浪漫の協奏曲(コンチェルト)!

作品詳細・レビューを見る

要らないと思っていた私の世界は、美しくおだやかだ…

『私と私』(佐原ミズ 著、徳間書店 刊)

私と私 』( 佐原ミズ 著、 徳間書店 刊)

【 1巻完結ならでは ポイント】
「要らないと思っていた私の世界は、美しくおだやかだ…」帯にも使われているこの言葉の意味を理解すると泣けます。どうしようもない現実の厳しさを描きながらも、優しい救いを描いた作品が多く、心穏やかになります。

【あらすじ】
不細工で変わり者の美和と完璧な美少女・実和。同じ名前で容姿も性格も正反対――。 “もうひとりの自分”に出会った時、少女たちは本当の自分を知る…。(『私と私』前後編)他。儚く切ない傑作短篇集。

作品詳細・レビューを見る

女と男のリアルに、切なくて苦しくなるのに読むのをやめられない…

『ユー ガッタ ラブソング 鳥飼茜短編集』(鳥飼茜 著、講談社 刊)

ユー ガッタ ラブソング 鳥飼茜短編集 』( 鳥飼茜 著、 講談社 刊)

【 1巻完結ならでは ポイント】
4作の短編の内、『いきとうと』をご紹介。傍から見れば幸せそうな毎日。でも、ゆっくり息ができなくなっていく…女の心の中がリアルに描かれます。作品の終わりに鳥飼先生の解説があるのでそれを読んでから再び読むのもオススメ!

【あらすじ】
主人公や趣向を変えて鳥飼茜が男と女の間にある深い溝に横たわる真実の物語を描いた短編集。主婦の危うい心の機微を描いた『いきとうと』、女子高生の淡い恋が可愛らしい『家出娘』、ラストの鮮烈なイメージが印象的な『白鳥公園』、別れた男女の再会の意外な結末を描く『You've gotta ラブソング』。

作品詳細・レビューを見る

恋愛マンガ!?いいえ違います。オタク男子と美少女の人間ドラマです

『イメージファイト』(藤緒あい 著、講談社 刊)

イメージファイト 』( 藤緒あい 著、 講談社 刊)

【 1巻完結ならでは ポイント】
表紙の可愛さからは想像できない展開なので男性もぜひ! スクールカーストが見事に描かれていて(特に女子の感じが秀逸)、学生時代のあれこれが思い出されました…。別の登場人物視点に切り替わる描き方も面白い!

【あらすじ】
コミュ障のオタク男子という自覚を強く持ち、教室の隅で過ごす茅野。 自分とは関係ない階級にいるはずの女子、繭との接近で、自分のイメージしていた世界に変化が訪れる…。

作品詳細・レビューを見る

少女漫画の胸キュンだけじゃない!ほっこり優しい気持ちになります

『昏倒少女』(安藤ゆき 著、集英社 刊)

昏倒少女 』( 安藤ゆき 著、 集英社 刊)

【 1巻完結ならでは ポイント】
他の少女漫画とは少し違うユニークな視点で描かれる胸キュン少女漫画。短編5集、どれもテイストが違くとっても面白いです。その中でも、“昏倒少女”は甘酸っぱくて2人の恋を応援したくなること間違いなし。

【あらすじ】
それはきっと 世界をシャットアウトした唯一の瞬間。朝会のたびに昏倒…。親譲りの虚弱体質で保健室の常連となっている小日向。今日も保健室で目が覚めると、ベッド脇には柔道部の橘くん。何やら事情がありそうで…。ほか4編収録。

作品詳細・レビューを見る

さまざまなジャンルやテーマでマンガをおすすめ! TSUTAYAマンガ通スタッフが教えるとっておきの作品はコチラ

ニックネーム

猫とマンガ

猫とマンガとポテトをこよなく愛してます。
最近、壁一面の本棚を購入し、本棚に大好きなマンガ・本たちを自分好みに並び替えることがマイブーム。急に寒くなってきた今日この頃、上記の大好きに囲まれて家から一歩も出たくありません。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

藤田和日郎

生年月日1964年5月24日(55歳)
星座ふたご座
出生地北海道旭川市

藤田和日郎の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST