1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 新・3大「ダメンズ恋愛映画」(洋画編)~ダメな私に恋してください~―TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

新・3大「ダメンズ恋愛映画」(洋画編)~ダメな私に恋してください~―TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

おすすめの恋愛映画情報や、恋愛映画のランキング! 今回はダメなメンズが主役の新・3大「ダメンズ恋愛映画」(洋画編)を特集。 “名前を付けて保存”な男の恋愛観や、ダメながらもその中で成長していく姿が面白い映画を紹介します。人生も学べますよ。

「何%の確率で復縁できる?」とか聞いちゃう―『ハイ・フィデリティ』

  ハイ・フィデリティ

ハイ・フィデリティ

好評レンタル&発売中

音楽をこよなく愛するロブ・ゴードンは、シカゴで小さな中古レコード・ショップのオーナーをする30代の独身男。音楽へのこだわりがあまりに強すぎるためか店のほうはパッとしない。同棲中の彼女ローラとは結婚もせずに中途半端な状態。ついにある日、ローラは理由も告げずに家を飛び出してしまい……。

【ダメンズのPoint】
音楽オタクで恋愛オンチの主人公が、別れた女性に対して、「何%の確率で復縁する可能性があるか?」を執拗に聞いたり、今までの恋愛をランキング形式で振り返ったりするのですが、女性にとっては「うわっ」とちょっと引いてしまうような出来事も、大半の世の男子はなんとなく共感してしまいます。

男の恋愛は上書き保存でなく別名保存なのだと言ったりもしますが、しみじみとそう感じさせてくれて面白い。ちなみにこの主人公のロブはジョン・キューザックが演じているのですが、彼は喋る時にカメラに向かって話しかけてくるんですね。「ちょっと聞いてくれよ」的な感じで。なんかそれが自分に話しかけられているような感じになってきて、画面に向かってうんうんってなってしまって面白いんですよ(笑)。

ダメンズの代表でもあるような彼が、徐々に色んなことに折り合いをつけながら成長を見せていくのですが、その点も注目(ダメンズは出てきますが、ダメ映画ではないです)。

レコードショップが舞台というのもありますが、主人公は恋愛はダメでも音楽には精通していますし、劇中の音楽もオシャレ。音楽好きにもオススメの1本です。

⇒作品紹介・レビューを見る

振り回されたってイイと思える魅力もある―『(500)日のサマー』

  (500)日のサマー

(500)日のサマー

好評レンタル&発売中

グリーティングカードの会社に勤めるライター、トム。彼はある日、アシスタントとして入社してきたサマーに一目惚れしてしまう。やがて、ぎこちないながらもサマーとの距離を縮め、ついに晴れて交際へと漕ぎ着ける。このバラ色の時間がいつまでも続くと信じて疑わないトムだったが…。

【ダメンズのPoint】
運命の恋を信じるナイーヴな青年トムをジョセフ・ゴードン=レヴィットが演じますが、この草食感がまず現代の男性を表現しているようで良いです。

一方対照的に、運命の恋など信じない恋愛観の女性サマーをゾーイ・デシャネルが演じますが、この小悪魔っぷりがまた良い。いや、良くないか。いやいや、やっぱり良い笑(観るとこの気持ちがわかると思います)。

そんな2人が、シュガー&スパイスでビター&スイートな日々を過ごした500日の愛の軌跡を、青年トムの側からリアルに描くちょっと不思議なラブ・コメディです。

くっついたり離れたり、逃げられると追いかけたくなって、時にはサマーの悪口を言っても、結局はそんな振り回してくる相手に夢中になっているし、妄想も捗る。そして時に与えてくれるアメにさらに惹かれてしまう、そんな愛すべきダメ男。

「着かず離れずが恋の術でも傍にいたいのよ」って以前どこかの有名なミュージシャンが歌ってましたが、そんな“つよがり”な気持ちが楽しめる青春要素満載の恋愛映画の名作です。

⇒作品紹介・レビューを見る

実は哲学的で素晴らしい映画―『恋はデジャ・ブ』

  恋はデジャ・ブ

恋はデジャ・ブ

好評レンタル&発売中

時間の迷路にはまり田舎町の退屈な祭事の日を何度も繰り返さなければならなくなった男が、何度もやり直すうちに自己中心的な性格を改めて恋を成就させるまでを描くラブ・コメディ。

【ダメンズのPoint】
「100万回生きたネコ」を映画化したようなお話なのですが、主人公はひょんなことから何度も何度も同じ日を繰り返すことになったTVキャスターのフィルという男。

あれ、もしかして同じ日繰り返している?って気づいた彼は、困りながらもその経験値を使って、同僚を口説こうとしたり、強盗したりとホント最初は自分の欲望のままに酷いことするダメ男なのですが、ずーっと繰り返しているうちに、ある日、ふと大切なことに気づいて、今まで自分のことばかり考えていた彼が、周りのことに目を向け始めるんです。

無限のように続く日々の中で、自分の中にではなく、他人の中にある幸福が自分の幸福にも繋がるという、そんな人生の教訓のようなものに気付くんですね。

ジャケットと邦題からは想像しづらいと思うのですが、ダメ男のループ映画と見せかけて、最終的には人生において大切なものを教えてくる哲学的な傑作映画です。

⇒作品紹介・レビューを見る

【オススメ人】
TSUTAYAスタッフ:村上 光

初代TSUTAYA発掘良品の中の人。発掘良品の立ち上げに携わり『バトル・オブ・シリコンバレー』や『L.A.コンフィデンシャル』などの発掘(レンタル化)をしていました。
好きなジャンルはSF・サスペンス・ヒューマン・野球・ドラえもん。

>様々なジャンルやテーマで映画をおすすめ中! TSUTAYA映画通スタッフが教えるとっておきの映画はコチラ

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST