1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 映画『スティーブ・ジョブズ』キャスト・スタッフが想いと魅力を語る特別動画が公開

映画『スティーブ・ジョブズ』キャスト・スタッフが想いと魅力を語る特別動画が公開

(C)Universal Pictures

(C)Universal Pictures

アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ『スティーブ・ジョブズ』が、2月12日(金)より公開となる。

パソコンか携帯電話さえあれば、指1本動かすだけで、いつでもどこでも世界中とつながることができる。現代では当たり前のライフスタイルも、この男がいなければ、きっとまだ実現していなかった。ジョブズの生涯の最も波乱に満ちた時期の3大製品──1984年のMacintosh、Appleを追われて作った1988年のNeXT Cube、Appleに復帰して発表した1998年のiMacという重要な3つのフェーズで、ジョブズが人々の心をわし摑みにした伝説のプレゼンテーション〈直前40分の舞台裏〉を描き出し、ただ単に人生を追うだけの伝記映画とは一線を画す一級品に仕上がっている本作。今回、ジョブズへの想いと本作の魅力をキャスト・スタッフが語る特別動画が解禁となった。

映像の冒頭、「芸術と技術の交差点で生きた人物だ」、「先見力のある人物よ」、と次々にジョブズへの想いを語るキャスト・スタッフたち。世界中の人々にコンピューターを届けたいという彼の願いが、我々の生活を変えたことを改めて振り返る。そしてそんな彼の姿を、プレゼンテーションの舞台裏という場面を通し、ドラマとして描いたと語るのは、脚本のアーロン・ソーキンと監督のダニー・ボイル。彼らの言葉と共に次々と流れる、ジョブズと周囲の人々が衝突する姿は、本作が人生をなぞった単なる伝記映画ではなく、ジョブズの人間性そのものを描いた作品であることを感じさせる。

アーロン・ソーキンの「実在の人物が“写真”なら、映画の登場人物は“絵画”だ。本作も“絵画”だ」という言葉の通り、素晴らしい脚色、撮影、演技によってスティーブ・ジョブズの生き様を見事に描いた本作。いよいよ2月12日(金)に公開となる。

>『スティーブ・ジョブズ』の記事をもっと読む


映画『スティーブ・ジョブズ』
2月12日(金)全国公開

原題:Steve Jobs
監督:ダニー・ボイル(『スラムドッグ$ミリオネア』、『28日後…』、『トレインスポッティング』)
脚本:アーロン・ソーキン(『ソーシャル・ネットワーク』、『マネーボール』)
出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ 他

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

マイケル・ファスベンダー

生年月日1977年4月2日(43歳)
星座おひつじ座
出生地独・ハイデルベルク

マイケル・ファスベンダーの関連作品一覧

ダニー・ボイル

生年月日1956年10月20日(64歳)
星座てんびん座
出生地英・マンチェスター

ダニー・ボイルの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST