1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. ニコール・キッドマン、アラビアの地へ…。映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』が2017年1月公開!

ニコール・キッドマン、アラビアの地へ…。映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』が2017年1月公開!

c2013 QOTD FILM INVESTMENT LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

c2013 QOTD FILM INVESTMENT LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

イラク建国の立役者として尽力し、現地の人々に“砂漠の女王”と称された、イギリス人女性ガートルード・ベルの半生を描いた映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』が、2017年1月21日より日本公開する事が決定。ポスタービジュアルと予告編が解禁となった。

20世紀初頭、ひとりの女性が英国を旅立ち、アラビアの地へ向かおうとしていた―。彼女の名は、ガートルード・ベル。イギリスの裕福な家庭に生まれ、オックスフォード大学を卒業した才女であった彼女は、上流階級の生活を捨て、アラビアの各地を約2,500kmも旅し、現地の部族と交流を続け、やがてイラク建国の立役者として尽力し、イラクとヨルダン両国の国境線を引く偉業を成し遂げた。砂漠に魅せられ、研究に情熱を注いだ彼女を、アラビアの人々は“砂漠の女王”と呼び、尊敬の意を示したという。

c2013 QOTD FILM INVESTMENT LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

c2013 QOTD FILM INVESTMENT LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

時が経ち、彼女の存在は歴史の裏に隠されてしまったが、世界三大映画祭全てで受賞経験を持つ、ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツォークは、ベルの不思議な魅力に取りつかれ、その姿に再び光を当てた。ヘルツォーク監督の長きにわたるキャリアの中で、女性を主人公にした実話映画は、今回が初めて。そんな記念すべき本作で主人公のベルを演じるのは、オスカー女優ニコール・キッドマンだ。撮影は、昼夜問わず、常に過酷な気候がつづくモロッコの砂漠地帯で、4Kカメラを駆使して敢行されたとのこと。

劇中では、豪華俳優陣が演じた、ベルの人生に深く関わる3人の男性にも注目してほしい。ジェームズ・フランコ演じるイギリス大使館・書記官との悲恋。アカデミー賞7部門を受賞の名作『アラビアのロレンス』の主人公として有名な、T.E.ロレンス(ロバート・パティンソン)との友情。ダミアン・ルイス扮する英国副領事官との叶わぬ恋…。3人の男性とベルが織りなすドラマは、それぞれドラマティックで、必見のエピソードになっている。

解禁となった予告編は、キッドマン演じるベルの魅力と、ドラマに富んだ彼女の人生に迫るもの。冒頭では、イギリスの大邸宅で煌びやかなドレスを纏ってダンスを踊る姿や、優秀な学者として海外への憧れを抱く女性としての姿が垣間見える。中盤では、広大なアラビアの砂漠を一人で旅する逞しい一面を覗かせるほか、混沌とした情勢下で部族の襲撃に遭うも、危険にもひるまず、勇敢に行動する姿も確認できる。


映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』
2017年1月21日(土) 新宿シネマカリテほか全国順次公開

監督・脚本:ヴェルナー・ヘルツォーク
出演:ニコール・キッドマン、ジェームズ・フランコ、ダミアン・ルイス、ロバート・パティンソン
原題:QUEEN OF THE DESERT/アメリカ・モロッコ合作/128分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル 字幕翻訳:松浦美奈
配給:ギャガ・プラス

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ニコール・キッドマン

生年月日1968年6月20日(54歳)
星座ふたご座
出生地ハワイ

ニコール・キッドマンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング