1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 『レゴバットマン ザ・ムービー』から特報映像が解禁 バットマンが見せるコミカルな掛け合いは必見!

『レゴバットマン ザ・ムービー』から特報映像が解禁 バットマンが見せるコミカルな掛け合いは必見!

 

(C) The LEGO Group. ™ & (C) DC Comics. (C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

世界中でLEGO現象を巻き起こした『LEGO(R)ムービー』でヒーロー軍団を率いていたレゴバットマンを主人公として、新たなレゴ(R)アドベンチャーを描く映画『レゴバットマン ザ・ムービー』から特報映像が解禁となった。

解禁された映像では、レゴ(R)ブロックで忠実に再現された、『バットマン』シリーズでお馴染みのウェイン邸が映し出される。孤独なダークヒーローに相応しい哀愁漂う表情を浮かべたレゴバットマンが「お母さん、今日も…街を救ったよ。誇りに思ってくれるだろ?」と家族写真を眺めながら呟いているところに、執事のアルフレッドが「ここでしたか」と登場。すると、レゴバットマンは驚きのあまりアルフレッドを蹴とばしてしまうのだが、さすが長年仕えただけあり、アルフレッドは「また昔の家族写真を?前にも同じような時期が…」と、『バットマン』シリーズの劇中映像とともに過去を振り返り、「お悩み聞きますよ」と心配顔を見せる。

孤高のダークヒーローであるはずのレゴバットマンは「まさか!言うもんか!」と突っぱね、次の瞬間、駄々っ子のように「ヤダヤダ!」と床を転がる。しまいには『LEGO(R)ムービー』でみせたご自慢のラップを披露し、これにはさすがのアルフレッドも困惑するが、2人のギャグ満載のコミカルなやり取りが収められた映像を見るだけでも、映画のバットマンと、本作のレゴバットマンが正反対のキャラクターであることが伺える。映像には、スーパーマンやワンダーウーマン、グリーンランタンをはじめとする、DCコミックスの人気キャラがバットマンと共に走る映像も収められおり、どのようなチームプレーを見せるかにも期待が高まるところだ。

本作では、個性豊かなキャラクターを彩る声優陣たちが集結。ウィル・アーネットが『LEGO(R)ムービー』でも演じたレゴバットマン(別名ブルース・ウェイン)の声を再び担当するほか、ザック・ガリフィナーキスがジョーカーの声を、マイケル・セラが孤児ディック・グレイソンの声を、ロザリオ・ドーソンがバーバラ・ゴードン(バッドガール)の声を、レイフ・ファインズが執事のアルフレッドの声を担当する。また、前作に引き続きエミー賞受賞のクリス・マッケイが監督を務め、クリス・マッケイは、ライアン・ハリスとともに製作総指揮にも携わっている。


映画『レゴバットマン ザ・ムービー』
2017年4月1日(土)に日本公開

配給:ワーナー・ブラザース映画

このタグがついた記事をもっと見る

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST