1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. C.ノーラン監督最新作『ダンケルク』の予告第2弾で、遂に本格的な戦場が映し出される!

C.ノーラン監督最新作『ダンケルク』の予告第2弾で、遂に本格的な戦場が映し出される!

『ダンケルク』ポスタービジュアルも解禁!

『ダンケルク』ポスタービジュアルも解禁!/(C)2016 Warner Bros. All Rights Reserved.

『ダークナイト』シリーズ、『インセプション』『インターステラー』クリストファー・ノーラン監督待望の最新作『ダンケルク』。第二次世界大戦中、英仏軍の兵士約40万人もの命を救った救出作戦「ダンケルク作戦」の実話を描くスペクタクル・サスペンス大作だ。この度、本作の日本公開が2017年9月に決定! さらに、特報映像第2弾とビジュアルが解禁となった。

マーク・ライランス「観客を戦争のど真ん中へ連れて行く」

映像は、ダンケルクの街を歩く英仏連合軍の兵士たちの頭上に、多くのビラ舞い落ちるシーンから始まる…。

連合軍を包囲したドイツ軍は、地上戦を止め、空からの一斉攻撃での殲滅を勧告。差し迫る絶体絶命の危機を告げるように、「カチカチ」と時を刻む音が臨場感を煽ります。そしてドイツ軍は、あざ笑うかのように容赦ない空襲を開始。次第に激しさを増す戦地。約40万人の兵士は、この絶望を乗り越え、愛する祖国に生きて帰還することが出来るのか!?

本作に出演するオスカー俳優のマーク・ライランスも「これまでになかった展開の素晴らしい映画になる。いきなり観客を戦争のド真ん中へ連れて行く」とEmpire誌でコメントするように、臨場感あふれるスペクタクルな映像が展開される予告編となっている。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『レヴェナント 蘇えりし者』で圧倒的な存在感と迫真の演技を披露したトム・ハーディーがパイロットを演じ、『ブリッジ・オブ・スパイ』でアカデミー賞(R)助演男優賞に輝いたマーク・ライランスがダンケルクに向かう市民、名優ケネス・ブラナーが将校を演じ、本作で映画デビューを飾る元ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズが若き兵士、ノーラン組の常連キリアン・マーフィーも兵士として出演しているのにも注目だ。

>関連記事:「ノーラン監督初の実話映画『ダンケルク』が来年公開!30万人を救った奇跡の救出劇とは?」


『ダンケルク(原題)』
2017年9月 公開予定

監督・脚本・制作:クリストファー・ノーラン
出演:トム・ハーディ、マーク・ライランス、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、ハリー・スタイルズ
撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテマ
美術:ネイサン・クローリー
編集:リー・スミス
衣装:ジェフリー・ガーランド
視覚効果監修:アンドリュー・ジャクソン
英題:Dunkirk

ダークナイト

ダークナイト

出演者 クリスチャン・ベール  ヒース・レジャー  アーロン・エッカート  ゲイリー・オールドマン  マイケル・ケイン  マギー・ギレンホール  モーガン・フリーマン  エリック・ロバーツ  ネスター・カーボネル  モニーク・カーネン
監督 クリストファー・ノーラン
製作総指揮 ベンジャミン・メルニカー  マイケル・E・ウスラン  ケヴィン・デラノイ  トーマス・タル
脚本 ジョナサン・ノーラン  クリストファー・ノーラン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード  ハンス・ジマー
概要 「メメント」「インソムニア」のクリストファー・ノーラン監督が新たな世界観で手掛けた「バットマン ビギンズ」の続編となるダーク・ヒーロー・アクション。クリスチャン・ベイルが引き続きバットマンに扮し、悪の黒幕“ジョーカー”と壮絶な死闘を繰り広げる。なお、そのジョーカーを圧倒的な存在感で怪演したヒース・レジャーは、2008年1月に28歳の若さで急逝した。ゴッサムシティでは、バットマンとゴードン警部補が手を組み、日々の犯罪に立ち向かっていた。だがそんな中、白塗りの顔に裂けた口の“ジョーカー”と名乗る正体不明の男が闇の世界で頭角を現わし、バットマンを嘲笑うかのごとく次々と凶悪事件を引き起こしていく。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

クリストファー・ノーラン

生年月日1970年7月30日(50歳)
星座しし座
出生地英・ロンドン

クリストファー・ノーランの関連作品一覧

ケネス・ブラナー

生年月日1960年12月10日(59歳)
星座いて座
出生地英・北アイルランド・ベルファスト

ケネス・ブラナーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST