1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 若手実力派エズラ・ミラー、DCコミックスのヒーロー集結映画『ジャスティス・リーグ』の魅力を語る

若手実力派エズラ・ミラー、DCコミックスのヒーロー集結映画『ジャスティス・リーグ』の魅力を語る

 

(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

元祖アメコミ界のスーパーヒーローチームの活躍を描く映画『ジャスティス・リーグ』(2017年冬に全国公開)から、待望の初写真が解禁。併せて、地上最速の好青年フラッシュを演じる、若手実力派俳優エズラ・ミラー(『少年は残酷な弓を射る』『ウォールフラワー』など)からのコメントも到着した。

解禁された写真には、世界の平和を守るために結成されたヒーロー集団“ジャスティス・リーグ”のメンバー3人の姿が収められている。街を守るため人を欺き、孤独に悪と戦ってきたバットマン。人類に失望してその身を隠し、たった1人で生きてきたワンダーウーマン。そして、友達が少ない事を気にしている地上最速の好青年フラッシュだ。荒廃した建物の中で、少し驚いたような表情を見せる彼らの視線の先には、一体何があるのだろうか?

一見するとバラバラな3名だが、本作のメガホンを取ったザック・スナイダー監督は、「ヒーローたちの相性がすごく良くて本当に大満足しているんだ!」とメンバーたちのケミストリーに自信を覗かせている。また、正式に初登場となるフラッシュ(バリー・アレン)を演じるミラーは、「僕が演じているフラッシュは、ちょっと天然で大人たちを少しイラッとさせるんだ(笑)。ビートルズでいえばリンゴ・スターって感じのキャラクターだね」と軽快に解説。さらに、ベン・アフレック演じるバットマン(ブルース・ウェイン)と、ガル・ガドットが演じるワンダーウーマン(ダイアナ・プリンス)についても、「バットマンってのは無愛想で不機嫌なんだよ。ワンダーウーマンは思いやりがあって優しい人だね」とお茶目に語っている。

果たして、それぞれ異なる個性を持つヒーローたちは、どんな脅威に立ち向かい、どんな戦いを見せてくれるのか?その全貌は未だ謎に包まれたままだが、映画『ジャスティス・リーグ』の公開に期待が高まる。


映画『ジャスティス・リーグ』
2017年冬全国公開

日本公開:2017年冬
全米公開:2017年11月17日
配給:ワーナー・ブラザース映画
監督:ザック・スナイダー
出演:ベン・アフレック(バットマン)、ガル・ガドット(ワンダーウーマン)、ジェイソン・モモア(アクアマン)、エズラ・ミラー(フラッシュ)、レイ・フィッシャー(サイボーグ)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST