1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 日本の”モアナ”の歌声をディズニーの巨匠が絶賛!「オスカーに値する」

日本の”モアナ”の歌声をディズニーの巨匠が絶賛!「オスカーに値する」

 

ジョン・マスカー監督、ロン・クレメンツ監督、屋比久知奈、夏木マリ

ディズニー最新作『モアナと伝説の海』のジョン・マスカー監督、ロン・クレメンツ監督の来日イベントが9日に都内で実施され、ゲストとして日本語吹き替え版で主人公モアナのボイスキャストを務めた屋比久知奈と、モアナの祖母であるタラおばあちゃん役の夏木マリが出席。屋比久による吹き替え版主題歌『どこまでも How Far I'll Go』を聞いたマスカー監督は、「彼女の歌はオスカーに値するパフォーマンスでしたよ」と絶賛した。

映画『モアナと伝説の海』は、ポリネシアの島々で語り継がれる神秘的な伝説を基に、海を愛し、海に選ばれた少女・モアナが繰り広げる大冒険を描く海洋ロマン。メガホンを取ったマスカー監督とクレメンツ監督は、『リトル・マーメイド』『アラジン』でもタッグを組んできた名コンビだ。

ディズニー作品史上最大規模のオーディションを勝ち抜いて主役を勝ち取った屋比久は「サプライズで発表していただいたときは、信じられないというのがまず最初で。そこから本当に幸せだなっていう気持ちがどんどんあふれてきて、でもやっぱり夢なんじゃないかって何度も何度も思ったりして。こうして、こんなに素晴らしい作品に参加させていただくことができて、本当に幸せだなと思います」とにっこり。

一方、タラおばあちゃん役でディズニー声優初挑戦となった夏木は「最初に子供のころに見たのが、ディズニーの『101匹わんちゃん』だったんですね。人間は、年を重ねてくるとだんだん赤ちゃんに戻るといいますけど、赤ちゃんに戻りつつある今(笑)、この素晴らしい作品に出会わせていただいて、本当にハッピーでラッキーでした」と笑顔で語った。

ジブリ作品の大ファンだというマスカー監督は、『千と千尋の神隠し』で湯婆婆を演じた夏木に向かって「湯婆婆にお会いすることができて、大変光栄です。宮崎駿監督作品の大ファンなのですが、『千と千尋の神隠し』では素晴らしい演技をなさっていましたね。我々も多くのインスピレーションを受けています」と喜びのコメント。また、宮崎監督の自然と人間の関係の描き方や力強い女性主人公といった要素に影響を受けていることを明かし、「この映画は(ディズニー作品で)最も宮崎監督の影響を受けた作品になったのではないでしょうか」と明かした。

一方のロン監督は、二人が見せた演技について「キャスティングは非常に重要なもので、正しい声を見つけることが我々にとってのカギとなります。今回、夏木さんと屋比久の演技が本当に見事で、私たちの映画に参加していただいて、非常にワクワクしています。参加していただいて、ありがとうございました」と感謝を述べ、満足げな表情を見せていた。

当日は、屋比久が両監督の前で日本版主題歌『どこまでも How Far I'll Go』を披露する一コマも。屋比久の伸びやかで澄んだ歌声を聞いたマスカー監督は「日本語を話すことができなくて申し訳ないのですが、日本語がわからない私にも、感情と情熱、そして憧れという、モアナの思いすべてがちゃんと伝わってきました」と興奮気味に話し、「ご存知のように、この曲はアカデミー賞にノミネートされている曲なのですが、彼女の歌はオスカーに値するパフォーマンスでしたよ」と絶賛していた。


映画『モアナと伝説の海』
2017年3月10日(金)、全国ロードショー

監督:ロン・クレメンツ&ジョン・マスカー(『リトル・マーメイド』『アラジン』
製作:オスナット・シュラー
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
原題:Moana
全米公開:2016 年11月23日

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ジョン・マスカー

生年月日1953年11月8日(68歳)
星座さそり座
出生地

ジョン・マスカーの関連作品一覧

ロン・クレメンツ

生年月日1953年4月25日(68歳)
星座おうし座
出生地米・アイオワ・スーシティ

ロン・クレメンツの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST