1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. <インタビュー>『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』主題歌「ロードムービー」を歌う高橋優が登場!

<インタビュー>『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』主題歌「ロードムービー」を歌う高橋優が登場!

高橋優

◆PROFILE

Yu Takahashi/'83年秋田県生まれ。'10年デビュー前に「福笑い」がCMソングとして抜擢され、同年「素晴らしき日常」でメジャーデビュー。現在までシングル15枚、アルバム5枚をリリース。本作の主題歌「ロードムービー」が4月12日発売。

しんちゃんは僕にとってカリスマ的存在

しんちゃんと出会ったのは小学生のときです。その頃の僕は内向的で、人の顔色をうかがうような子ども。いつも“ほかの子たちからはみ出さないように”と周りに言われているような気がして、それが怖くもありました。でも、アニメの中のしんちゃんは、人前でも平気でケツを出す(笑)。「ヘンでいいんだ、はみ出してもいいんだ!」と衝撃を受けたことを覚えています。しんちゃんは僕のカリスマ的存在だったから、主題歌のオファーは本当にうれしかったです。

曲作りのヒントになったのは、しんちゃんと宇宙人のシリリが空を見上げて会話をするシーン。姿形や生まれ育った環境が違っても、同じようなことにうれしさや寂しさを感じるだろうし、心だけじゃなく体の痛みも同じなんだろうなって。そういう人たちが出会って、珍道中や大冒険を繰り広げる。僕らの日々も同じことですよね。いただいた台本からそんなことを考えて、誰かに話しかけるようなテンションで歌えるようにと思いながら「ロードムービー」を作りました。

僕にとってそうだったように、しんちゃんにはこれからも子どもたちのカリスマでいてほしい。子どもは“よい子”である必要はないし、子どものワガママに困るのも親の仕事だと思うんです。しんちゃんが悪ぶっていると、みさえはちゃんと真剣に怒って、ぶつかり合うことで人間関係が育まれる。それって素敵なことですよね。

4月15日公開 『映画 クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』
劇場版シリーズの第25弾! 全員子どもになった野原一家と宇宙人の大冒険

『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2017

『映画 クレヨンしんちゃん』の25周年記念作にしてシリーズ第25弾となる今回は、しんのすけと宇宙人シリリの出会いから始まる物語。シリリの謎のビームで子どもの姿になってしまったひろしとみさえを元に戻すため、しんのすけはシリリをお尻に隠して日本縦断の旅に出る。シリリの父親を捜す野原一家の活躍と、シリリとの間に芽生える友情は、どんな“ケツ末”を迎えるのか? 高橋優が書き下ろした主題歌「ロードムービー」が流れるラストまで画面にクギ付けだ!

『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』

監督・脚本/橋本昌和
原作/臼井儀人
歌/高橋優
声/矢島晶子
配給/東宝
4月15日公開

関連作もチェック!

『映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』

『映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』

高橋優のオススメ!
「過去を振り返るんじゃなくて、未来を見ようというメッセージが込められていて、大人も楽しめる名作です」

NOW RENTAL & ON SALE
'01年・日
監督/原恵一
声の出演/矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみ、真柴摩利、林玉緒、一龍斎貞友、佐藤智恵、納谷六朗、滝沢ロコ

⇒作品詳細・レビューを読む

(取材・文:ほそいちえ/撮影:岩下洋介)

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

高橋優

生年月日1983年12月26日(38歳)
星座やぎ座
出生地秋田県横手市

高橋優の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング