1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 『ゼロ・グラビティ』監督もお墨付き!『ノー・エスケープ 自由への国境』インタビュー映像が到着!

『ゼロ・グラビティ』監督もお墨付き!『ノー・エスケープ 自由への国境』インタビュー映像が到着!

アルフォンス・キュアロンとホナス・キュアロン

アルフォンス・キュアロンとホナス・キュアロン/(C)2016 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

ホナス・キュアロン監督が贈る、メキシコ=アメリカ間の砂漠の国境で、不法入国を試みる移民たちと正体不明の襲撃者の闘いを描いた映画『ノー・エスケープ 自由への国境』が5月5日より絶賛公開中。このたび、本作のプロデューサーで、『ゼロ・グラビティ』の監督も務めたアルフォンソ・キュアロンのインタビュー映像が到着した!

息子に「あまり力みすぎるなよ」とアドバイス

製作プロデューサーのアルフォンソが、息子であるホナスの脚本に瞠目し「とても面白いコンセプトだ。私もこんな映画を作りたい」と告げて作られたのが、第86回アカデミー賞(R)を受賞した『ゼロ・グラビティ』。本作『ノー・エスケープ 自由への国境』は、その傑作『ゼロ・グラビティ』の原点といっても過言ではない作品だ。

そんな息子ホナスとの仕事について、アルフォンスは「ホナスは彼自身のやり方でこの映画の形を作っていった。ホナスが僕が好きな監督達の撮り方に影響を受けているのを観るのは嬉しかった」と、メキシコ映画界の巨匠ギレルモ・デル・トロやアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥの名を出しながら、嬉しそうに語った。また、「ホナスにはあまり力み過ぎないようにと言ったんだ」と親としてではなく、先輩として忠告したと語り、「でも僕たちの関係は、アドバイスや指導ではなく、対等な二人のコラボレーションだった」と充実した共同作業の時間を振り返った。

また、本作について、「素晴らしいアトラクション映画だ。見入ってしまうことを保証するよ」とコメントし、その仕上がりに自信を覗かせている。


映画『ノー・エスケープ 自由への国境』
絶賛公開中!

監督:ホナス・キュアロン(『ゼロ・グラビティ』共同脚本)
プロデューサー:アルフォンソ・キュアロン(『ゼロ・グラビティ』監督)
脚本:ホナス・キュアロン、マテオ・ガルシア
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル(『バベル』)ジェフリー・ディーン・モーガン(「ウォーキング・デッド」シリーズ)
原題:DESIERTO/2015年/

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST