1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 新作映画『美しい星』を観るべき3つの理由――迷える現代人の背中を押す日本版『メッセージ』

新作映画『美しい星』を観るべき3つの理由――迷える現代人の背中を押す日本版『メッセージ』

(C)2017「美しい星」製作委員会

(C)2017「美しい星」製作委員会

『美しい星』ってどんな映画?

気象予報士の大杉重一郎はある日、愛人を乗せて高速道路を走っていると、突然の閃光に包まれ、目覚めるとたった1人、田んぼの真ん中で放置された車中にいた。同じ頃、彼の家族にも異変が。フリーターの長男・一雄はひょんな出来事から大物政治家と出会い、長女の暁子は謎めいたストリートミュージシャンの青年と恋に落ちる。妻の伊余子は怪しげな水ビジネスにのめり込み…。やがて、重一郎と子どもたちは宇宙人として覚醒を遂げる。

観るべき理由:1――野暮なツッコミを寄せ付けない、圧巻の127分

原作は三島由紀夫が1962年に発表し当時、賛否両論を巻き起こした同名の異色SF小説。ある日、平凡な家族が宇宙人として覚醒する…という三島自身も“へんてこりん”と認めた物語が、発表から55年の時空を超えて、初の映画化が実現した。監督は『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』の吉田大八監督。大学時代に読んで以来、30年越しの悲願を叶えて、本作のメガホンをとった。

火星人、水星人、金星人にそれぞれ覚醒した重一郎、一雄、暁子。そして、地球人として家族を見守る伊余子。覚醒の後に始まる彼らの暴走、そして家族を襲う悲喜劇を描く本作は、野暮な論理やツッコミを寄せ付けず、三島文学の映像化という枠をもブチ壊す、疾走感たっぷりの上映時間127分。脳をダイレクトに刺激し続ける、瞬き厳禁の新感覚なスペクタクルショーをお見逃しなく。

観るべき理由:2――最近、なんだか空回り…そんな悩みにエールをおくる

宇宙人に覚醒したキャラクターたちに、最初こそ戸惑いを覚えてしまうかもしれないが、ストーリーが思わぬ方向に転がり始めると、だんだんと愛おしい存在に思えてくるのが不思議な見どころ。その理由は地球環境の保護を訴える“火星人”の重一郎をはじめ、水星人の一雄、金星人の暁子がそれぞれに自分の使命に目覚め、たとえ周りには理解されなくても、必死に奮闘しているから。

ちょうど今は5月。職場や学校など、新たな環境での生活に慣れ始める一方で、「自分なりに頑張っているつもりだけど、なんだか空回りしている」と感じる人も多いはず。そんな悩める現代人の背中を押し、へんてこりんな宇宙人たちがエールを送ってくれる。そんな不思議な作品でもあるのだ。

観るべき理由:3――『メッセージ』と通底した、日本のSF映画の新基準

果たして「宇宙人に覚醒する」とはどんな意味なのか? 実は生まれながらの宇宙人だった? それとも、地球外生命体が彼らを“選び”、人類に何かを伝えようとしているのか? そんな疑問にハッキリした答えを提示はせず(いい意味で)おくちポカーンなクライマックスを迎える本作には、ありきたりな言葉では説明しきれない人間の業、人生の奥深さがしっかりと刻まれている。

この余韻は、『2001年宇宙の旅』、『未知との遭遇』、そして現在“ばかうけ”公開中の『メッセージ』(ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督)に確かに通じており、日本が生んだSF映画という点でも斬新かつ画期的! 原作がそうであったように、もしかするとこの映画も評価されるのに、少し時間がかかるかもしれないが、私たちを覆う不安といかに向き合うべきか教えてくれる映画『美しい星』は、今こそ絶対に観るべき作品だ。

(文:内田涼)


映画『美しい星』
2017年5月26日
全国ロードショー

リリー・フランキー
亀梨和也 橋本愛 中嶋朋子 / 佐々木蔵之介

原作:三島由紀夫「美しい星」(新潮文庫刊)
脚本:吉田大八 甲斐聖太郎
音楽:渡邊琢磨
製作:依田巽 藤島ジュリーK. 市村友一 吉川英作 中川雅也
エグゼクティブプロデューサー:小竹里美
Co. エグゼクティブプロデューサー:松下剛
プロデューサー:朴木浩美 鈴木ゆたか
撮影:近藤龍人
美術:安宅紀史
照明:藤井勇
録音:矢野正人
編集:岡田久美
助監督:甲斐聖太郎
ラインプロデューサー:新野安行
製作:「美しい星」製作委員会
助成:文化庁文化芸術振興費補助金
企画・制作プロダクション:リクリ
企画・製作幹事・配給:ギャガ
監督:吉田大八

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

リリー・フランキー

生年月日1963年11月4日(57歳)
星座さそり座
出生地福岡県北九州市小倉

リリー・フランキーの関連作品一覧

亀梨和也

生年月日1986年2月23日(34歳)
星座うお座
出生地東京都

亀梨和也の関連作品一覧

橋本愛

生年月日1996年1月12日(24歳)
星座やぎ座
出生地熊本県

橋本愛の関連作品一覧

関連サイト

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST