1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 『ワンダーウーマン』“美女だらけの島”の美しさだけじゃないキャスティングとは?

『ワンダーウーマン』“美女だらけの島”の美しさだけじゃないキャスティングとは?

映画『ワンダーウーマン』

映画『ワンダーウーマン』の生まれ故郷セミスキラに迫る…/(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC

女性監督の興行収入歴代No.1を獲得し、空前の大ヒットを記録している映画『ワンダーウーマン』が8月25日(金)よりいよいよ日本公開! このたび、ワンダーウーマンが生まれ育った“女性だけの島”に登場する美女戦士たちの意外な素顔が明らかになった!

格闘家やヴィクトリアズ・シークレットのモデルも参戦!

“女性だけの島”セミスキラは、ワンダーウーマンが生まれ故郷で、島に暮らす女性の中でも、美しさと強さを兼ね備えた美女戦士たち。彼女たちを演じるキャストには、様々なバックグラウンドを持つパワフルな美女たちが35名集結した。

美女戦士たちは、多様な女性たちの中から選ばれたが、美しく、身長も174cm以上あることを理想としてキャスティングされている。その中には、ヴィクトリアズ・シークレットのトップモデルで、VOGUE誌の表紙を飾ってきたドウツェン・クロースも参加。美しさだけでなく戦う能力も必要で、ボクシング・チャンピオンやマーシャル・アーツのメダリスト、総合格闘家、五種競技選手など、7人のプロのスポーツ選手やフィットネス専門家も出演している。その上、役によっては乗馬も出来なければならず、肩書だけではなく、これらの厳しい条件を満たした女性たちが、映画の世界観に合わせて選ばれた。

そんな彼女たちは、筋肉増量やウエートリフティング、心機能増強、アーチェリー、剣さばき、乗馬などのあらゆるトレーニングを1日4時間、6カ月もの間行っている。アクションの動きだけでなく見た目の面でも、美女戦士たちは撮影の際、セクシーでありながら、鍛え上げられたことが分かるコスチュームを着用。彼女たちが男性の兵士たちを倒すことができるという説得力が、スクリーンから観客に伝わるだろう。また、撮影中でもキャストたちを指導できるよう、トレーナーたちが待機し、彼女たちを美女戦士として鍛え上げた。

しかし、そんな過酷なトレーニングを乗り切る上で、常に他の女性たちと一緒に行動することが、キャストたちの間に友情を超えた姉妹愛のようなものを生み、それがプラスに働いたという。トレーナーは、「女性たちの集団だと、感情がより豊かなんだ。競争心があおられる環境では、男たちの場合、征服欲がもっとあらわになって、ちょっと乱暴になることがある。でも女性陣はもっと分かち合っている感じだったね。『競い合うことでお互いを高め合う』っていう感じだったよ」と語る。

監督のパティ・ジェンキンスは、「強いというのは、力ずくで戦うことではないの。彼女たちはチームとして戦うのよ。男性とはまた違うのだけれど、同様に効果的なの」とコメント。これまでの男性中心のアクション映画とは全く異なる、セミスキラの浜辺で、70人以上で戦うアクションシーンは必見だ!


映画『ワンダーウーマン』
8月25日(金)全国ロードショー

配給:ワーナー・ブラザース映画
監督:パティ・ジェンキンス
出演:ガル・ガドット、クリス・パイン

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST