1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 『アナベル 死霊人形の誕生』公開を前に大ヒット&宣伝活動安全祈願を実施!

『アナベル 死霊人形の誕生』公開を前に大ヒット&宣伝活動安全祈願を実施!

東京・赤城神社にて

東京・赤城神社にて

“実在する”呪いの人形<アナベル>の誕生の秘密に迫る新作ホラー映画『アナベル 死霊人形の誕生』。本作の日本公開に向け、なんと<アナベル>と一緒に≪大ヒット&宣伝活動安全祈願≫が実施された。

本作はすでに全米公開中で、大作を抑えて初登場1位を飾り、公開から7日間で全世界興行収入1.1億ドルを突破。さらに、マレーシア、ベトナム、スウェーデン、ポーランド、ポルトガル、チェコ、セルビア、スロバキア、ハンガリーで「ホラー映画史上最高のオープニング興行成績」を記録し、メキシコ、ブラジル、UAEを含む10の国でもランキング1位を獲得するなど、世界中で大ヒットを飛ばしている。また、本作を含む大ヒット「死霊館」シリーズも、全世界興行収入10億ドル超えを達成。ホラーファンのみならず世界が認める“最恐”シリーズとして、熱い支持を集めている。

世界に続き日本でも旋風を巻き起こすべく、23日に東京・赤城神社にて「大ヒット&宣伝活動安全祈願」が開催された。拝殿には、なんと<アナベル>の姿も。映画では、屋敷を訪れた少女たちの前に現れ異常現象を巻き起こし、「逃げても捨ててもどこまでも“憑いてくる”」<アナベル>の恐ろしさが描かれているが、今回は宣伝チームのあとにしっかりと“憑いて”きたようだ。そんな彼女の魅力である恐ろしさを損なわないよう、「お祓い」ではなく映画の大ヒットとプロモーションにおける安全が祈願された。

<アナベル>といえば“実在する”呪いの人形として知られ、米コネティカット州のオカルト博物館で神父の祈祷を受けていることでも有名だが、今回は日本式の祈祷に参加するという異例の試みを実施。終始厳かな雰囲気のなかで行われた祈祷中は、心なしかアナベルもいつもより神妙な面持ちに?最後は宮司や巫女に囲まれ、お札を抱えながらフォトセッションが行われた。


映画『アナベル 死霊人形の誕生』
10月13日(金)ロードショー

製作:ジェームズ・ワン(『死霊館』『ソウ』『ワイルド・スピード SKY MISSION』)/ピーター・サフラン(『死霊館』)
監督:デイビッド・F・サンドバーグ(『ライト/オフ』)
脚本:ゲイリー・ドーベルマン(『アナベル 死霊館の人形』)
出演:ステファニー・シグマン タリタ・ベイトマン ルル・ウィルソン
アンソニー・ラパリア ミランダ・オットー
配給:ワーナー・ブラザース映画 PG12

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST