1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 『僕のワンダフル・ライフ』キャストが俳優犬への愛を語る!フィーチャレット映像が解禁

『僕のワンダフル・ライフ』キャストが俳優犬への愛を語る!フィーチャレット映像が解禁

(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督の最新作で、9月29日より日本公開となる映画『僕のワンダフル・ライフ』より、フィーチャレット映像が解禁となった。

今回到着した映像では、キャストたちが映画初出演にして人間に負けぬ名演技を披露した犬たちを紹介。オリジナルのベイリーを演じたレトリバーのトリップを“友達”と紹介するのは、イーサン(8歳)役のブライス・ゲイサー。またハンナ(10代)役のブリット・ロバートソンは「大好きよ。特別な犬に思えていつもK・Jとトリップを取り合ってた」と笑顔を見せ、イーサン(10代)役のK.J.アパも「才能に溢れた犬で感動した」と称賛の言葉を贈る。

続いて登場するのは、イーサンと過ごした幸せな犬生を終え、ベイリーが生まれ変わりを果たした警察犬・エリー役を務めたシェパードのシャドウ。「仕事する中で素晴らしい絆を築いていった」と語るのは、孤独な警官・カルロス役のジョン・オーティスだ。2度目にベイリーが生まれ変わりを果たしたコーギーのティノ役を演じたマイロを「最高の相棒よ」と紹介するのは、マヤ役のカービー・ハウエル=バプティスト。「私が演じたマヤは無償の愛をくれるティノと出会い、成長する」とも話している。

大人になったハンナ役・ペギー・リプトンに「最高よ。目が素敵なの」と紹介されるのは、セント・バーナードとオーストラリアン・シェパードのミックスであるバディ役のボルト。3度の生まれ変わりを経て、ベイリーが再会することとなる成人したイーサン役を務めたデニス・クエイドは、「犬との生活でイーサンは自分を取り戻す」と語る。本作にて名演技を披露した犬たちへの称賛の声と共に映し出されるメイキング映像では、どの瞬間もキャスト・スタッフたちが犬たちに愛情を注いでおり、映像の最後には、キャストたちの実生活での“相棒たち ”の紹介も行われている。


映画『僕のワンダフル・ライフ』
9月29日より日本公開

監督:ラッセ・ハルストレム『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『ギルバート・グレイブ』
原作:W・ブルース・キャメロン 「野良犬トビーの愛すべき転生」(新潮文庫)
出演:ブリット・ロバートソン、K.J.アパ、ジョン・オーティス、デニス・クエイド with ジョシュ・ギャッド
配給:東宝東和

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST