1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. シャーリーズ・セロンのキレキレなアクションに注目!映画『アトミック・ブロンド』本編映像

シャーリーズ・セロンのキレキレなアクションに注目!映画『アトミック・ブロンド』本編映像

(C) 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

(C) 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

シャーリーズ・セロンが主演を務めたスパイ・アクション映画『アトミック・ブロンド』より、本編映像が解禁。映像には、シャーリーズ演じる主人公が繰り広げる男顔負けの超絶アクションが収められている。

本作は、MI6の女スパイであるロレーン・ブロートン(シャーリーズ)が、消された諜報員と消えた最高機密のリストの奪還を命じられたことを機に、世界の運命を握るリストを追ってベルリンを訪れ、世界中のスパイによる争奪戦に加わる姿を描くスパイ・アクション。キャストには、ジェームズ・マカヴォイのほか、ソフィア・ブテラ、ジョン・グッドマン、トビー・ジョーンズも名を連ねている。監督は、『ジョン・ウィック』で共同監督を務めたデヴィッド・リーチが担当した。解禁された映像は、シャーリーズ演じるロレーンが、どこかの部屋に侵入しているところを警察に見つかり、脱出を図るシーンを収めたもの。本作の見どころのひとつである、シャーリーズの体を張ったアクションは、男性俳優のそれに引けを取らない、実にスピーディで激しいものとなっている。

このシーンで注目すべきは、女性スパイであるロレーンが、様々な道具を使って相手を倒していくこと。本作でジェームズ・ガスコインを演じ、さらに第2班の監督を務めたサム・ハーグレイブは、ロレーンの戦闘スタイルを「(『ダイ・ハード』の)ジョン・マクレーンを複雑にしたもの」と語っている。ロレーンは決して握りこぶしで直接殴ったりはせず、広げた手や拳を横にして打ち、すばやく肘で突き、手のひらでたたき、男が1発殴る間に3発殴る。周囲にある物、目に入った物を何でも武器にするのだ。

また、室内でかかっているジョージ・マイケルの「ファザー・フィギュア」にも注目してほしい。ワム!のメンバーとして活躍したジョージの代表作の一つである同曲のスローリーでムーディーな曲調が、ロレーンの素早いアクションとコントラストを生むことによって、本作には独特な味わいが生まれている。


映画『アトミック・ブロンド』
10月20日より日本公開

監督:デヴィッド・リーチ(『ジョン・ウィック』共同監督、『DEADPOOL2(原題)』)
キャスト:シャーリーズ・セロン(『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』、『モンスター』)、ジェームズ・マカヴォイ(『X-MEN』シリーズ、『ウォンテッド』)、ソフィア・ブテラ(『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)、ジョン・グッドマン(『アルゴ』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)他 2017年/アメリカ映画/115分/配給:KADOKAWA

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST