1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. リーアム・ニーソン主演『ザ・シークレットマン』2018年2月24日に日本公開!予告編・ビジュアルも解禁

リーアム・ニーソン主演『ザ・シークレットマン』2018年2月24日に日本公開!予告編・ビジュアルも解禁

(C)2017 Felt Film Holdings.LLC

(C)2017 Felt Film Holdings.LLC

リーアム・ニーソンを主演に迎え、全てを犠牲にしてまで「ウォーターゲート事件」の真相を暴こうと戦った男の姿を描いた映画『MARK FELT:THE MAN WHO BROUGHT DOWN THE WHITE HOUSE』が、『ザ・シークレットマン』として2018年2月24日より、新宿バルト9他にて公開となることが決定。ビジュアルも解禁となった。

本作は、プロデューサーを務めるリドリー・スコットも映画化を熱望したという、アメリカ政治史上類を見ない政治スキャンダルの実像と、最高権力者を敵に回し孤独な戦いを挑んだ一人の男の姿を、圧倒的な緊迫感とともに描いた傑作サスペンス。メガホンを取ったのは『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』『コンカッション』で実話を映画化し、高評価を獲得してきた俊英ピーター・ランデズマン監督だ。

完成したビジュアル、そして予告編には、ホワイトハウスと対立するFBI捜査官マーク・フェルトを演じるリーアムの、決して権力には屈しないという力強い意志を感じさせる姿が映し出されている。果たしてマークは、どのようにして「ウォーターゲート事件」の真相を暴こうと戦ったのだろうか?その真相は、ぜひ劇場で目撃してほしい。

【STORY】
権力には屈しない 相手が大統領であっても――
1972年6月17日深夜、5人の男がワシントンD.C.の民主党本部に侵入し、盗聴装置を仕掛けようとしたところを逮捕される。後に「ウォーターゲート事件」と呼ばれる、アメリカ合衆国史上類をみない政治スキャンダルの発端である。捜査を指揮するのはFBI副長官マーク・フェルト。遅々として進まない捜査に苛立つフェルトは、やがてホワイトハウスがCIAを通じ捜査を妨害していることを察知する。事件そのものがホワイトハウスの陰謀によるものだと悟ったフェルトだが、フーバー亡き後FBI長官に就任したグレイはニクソン大統領の忠臣であり、協力は望めない。フェルトは事件の真相を白日の下に晒すため、ある決断をする。


映画『ザ・シークレットマン』
2018年2月24日に日本公開

出演:リーアム・ニーソン、ダイアン・レイン、マイカ・モンロー、ブルース・グリーンウッド
監督・脚本・製作:ピーター・ランデズマン(「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」)
配給:クロックワークス
2017 年/アメリカ/DCP5.1ch/103 分/原題:MARK FELT:THE MAN WHO BROUGHT DOWN THE WHITE HOUSE

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

リーアム・ニーソン

生年月日1952年6月7日(69歳)
星座ふたご座
出生地

リーアム・ニーソンの関連作品一覧

ダイアン・レイン

生年月日1965年1月22日(57歳)
星座みずがめ座
出生地米・ニューヨーク

ダイアン・レインの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST