1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 森久保祥太郎、新たな兜甲児は先輩・石丸博也から『君が思う兜を演じて」とエールを受けていたと明かす―『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』ジャパンプレミア

森久保祥太郎、新たな兜甲児は先輩・石丸博也から『君が思う兜を演じて」とエールを受けていたと明かす―『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』ジャパンプレミア

上段左から(オカリナ、ゆいP、花江夏樹)、下段左から朴璐美、宮迫博之、森久保祥太郎、上坂すみれ

上段左から(オカリナ、ゆいP、花江夏樹)、下段左から朴璐美、宮迫博之、森久保祥太郎、上坂すみれ

1970年代一世を風靡した永井豪原作の巨大ロボットアニメ「マジンガーZ」。今年画業50周年を迎える永井豪のスーパープロジェクトとして、45年の時を経て復活する『劇場版マジンガーZ/INFINITY』が2018年1月13日(土)より全国公開。海外では先行上映されすでに話題となっている本作のジャパンプレミアが、45年前に「マジンガーZ」が放映を開始した日だという12月3日のメモリアルデーに行われた。

>写真をもっと見る

イベントには主人公・兜甲児役の森久保祥太郎ほか、上坂すみれ(リサ役)、花江夏樹(兜シロー)、朴璐美(あしゅら男爵・女性役)ら人気声優陣に加え、本作にゲスト声優として登場する宮迫博之(あしゅら男爵・男性役)、おかずクラブ(マジンガールズ役/オカリナゆいP)らも駆けつけた。

森久保は「リアルタイムで観ていなかったけど、どこか記憶にマジンガーの(水木一郎の)歌だったりや技だったり、兜甲児の声が残っている作品なので、参加させていただいて嬉しい限りですね」と喜びを語る。

本作では、初代「マジンガーZ」の兜甲児役を務めた石丸博也も別役で声優に参加。本作でその兜甲児を演じる森久保はプレッシャーももちろんあったと言い、アフレコ現場で一緒になった石丸にもアドバイスを求めていたと明かす。「石丸さんとご一緒する機会があって、当時の様子や兜甲児に対する思いや、マジンガーに対する思いを伺いたかったんですけどね。石丸さんからは『君が思う兜を演じてよ』とすごく大きな言葉で押していただけたので、後は楽しんでやるだけでした」

森久保祥太郎と上坂すみれ

森久保祥太郎と上坂すみれ

物語のカギを握るオリジナルキャラクターを演じた上坂は「もともと漫画で読んでいたので、私の中では輝ける昭和のロボットというイメージがありました。私が演じるリサは完全に新キャラクターということで、逆に原作に引っ張られないように自分のリサを作るのが難しかったです。アンドロイドだけど人間の心を持っていて、天真爛漫なカワイイところがところが描かれていたりするので、基本的には純真な女の子のイメージで演じました」と役作りを語る。

そして、森久保演じる兜甲児の弟・兜シローを演じた花江も「シローは大分見た目がカッコイイので、(10年経って)あんなふうに成長するんだなと最初驚きました。もともと悪童みたいなやんちゃなイメージが強かったので、その面影は残しつつ、おとなになった時のちょっとした落ち着きとか、そういうのも入れて演じるように心がけましたね」と続く。

森久保、上坂、花江と役について語ってきたあと、朴はまさかのマイクを上下逆さに持っていたというハプニング。キャスト陣から「うそー!(笑)」と総ツッコミされながら会場も大爆笑。森久保から「お笑いの方の前でそんなこと…」と突っ込まれると「うるさい!」と一括して再び笑いを誘っていた。その朴が演じるあしゅら男爵は男女半々の顔で、相手の宮迫とセリフをシンクロさせなくていはならない。それについては「相手が宮迫さんだと聞いていたので、お芝居しっかりされているし、私のほうが緊張してしまいましたね。アフレコは別撮りかと思ったら同時だったんですよね」と明かし、宮迫も「初めてでしたよね。二人同時は人生初でした。声を合わせることはなかなかしないですから」とその手法に驚いたという。

朴から「息ピッタリでしたよね。合わせやすかったです」と評されると宮迫は「いつもいてる横のおかっぱ(蛍原徹)より合ってましたね」と返して笑いを誘っていた。

特製ケーキと一緒にゼーット!

特製ケーキと一緒にゼーット!

イベントでは、MCのフリで森久保の「マジン・ゴー!」を始め、朴×宮迫のあしゅら男爵の挨拶、おかずクラブの「おっぱいミサイル!」などと掛け声を集まった観客へ生披露するサービスもあり、大いに盛り上がったほか、“マジンガーZ”伝説の誕生を特注ケーキでお祝いするなど盛りだくさんの内容となった。


映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』
2018年1月13日より全国公開

声優:森久保祥太郎 茅野愛衣 上坂すみれ 関俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木渉 山口勝平 菊池正美 森田順平 島田敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 石塚運昇 藤原啓治
原作:永井豪
監督:志水淳児
脚本:小沢高広(うめ)
メカニックデザイン:柳瀬敬之 
キャラクターデザイン:飯島弘也 美術監督:氏家誠(GREEN)
CGディレクター:中沢大樹、井野元英二(オレンジ)
助監督:なかの★陽 川崎弘二
音楽:渡辺俊幸
オープニングテーマ「マジンガーZ」水木一郎
制作:東映アニメーション
配給:東映

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST