1. TSUTAYAトップ
  2. TSUTAYA News
  3. 映画
  4. 柳沢慎吾、記者にも“赤色灯”を熱血指導!『ダークタワー』公開直前イベント

柳沢慎吾、記者にも“赤色灯”を熱血指導!『ダークタワー』公開直前イベント

1月17日(水)、東京・虎ノ門にて、イドリス・エルバ×マシュー・マコノヒー共演の映画『ダークタワー』公開直前イベントが開催。イベントにはタレントの柳沢慎吾が登壇した。

「ウーー!」じゃなくて、「アーー!」

作家スティーヴン・キングが1970年代から継続的に執筆し、完成まで30年もの月日を費やしたシリーズを映画化した本作。ニューヨークに住む少年・ジェイクが見た不思議な夢─。本作はジェイクが夢に導かれ入り込んだ“時空を超越する荒廃した異世界”を舞台にした物語。現実世界と密に結びつく異世界では、世界の支柱と言われる<タワー>を巡り、凄腕の銃使い“ガンスリンガー”ローランド(イドリス・エルバ)と世界の崩壊を目論む”黒衣の男”ウォルター(マシュー・マコノヒー)が終わることのない戦いを繰り広げていた─。

柳沢慎吾

柳沢慎吾

イベントが始まるや否や、正義と悪の対決の本作にちなんで一人二役を披露した柳沢。「主役と、脇役の方と、拳銃と拳銃の弾もやって…4役やったの…ちょっと息切れがね…昔はこんなことなかったのにね(笑)」と熱演を披露した。

そんな本作については「90分くらいでね、すごい迫力あったよね」と興奮気味に感想を述べる。また本作の見どころである銃撃戦については「銃撃戦もすごい迫力があったよね…実は私も1990年のVシネマで竹内力さんと『ブローバック 真夜中のギャングたち』っていう作品で2丁拳銃のドンパチやったの。火薬の量が凄過ぎて、破片が顔にあたって病院にいって…そのまま帰っちゃったの。あの頃はコレ(天狗)だったからね(笑)でも、これ観てまた火が付いたね!」と、自身の出演作にも言及し、アクションへの熱意も明かした。

さらに本作の高速アクションについては、「スピーディーに描かれていて撃つところがめちゃくちゃ早くて。俺もどこかああいうスピーディーなところないかなと思ったら、パトカーの赤色灯! 」とお馴染みのパトカーモノマネを披露。さらに「あのスピードだったら誰にも負けないね。アーー!ちょっとやってみて?」とマスコミに振ると記者の一人が「う、うーー!」と柳沢に披露するも、「これもうウーって言った時点でダメね。現職さんの刑事さんに聞いたら今はアーだかね!手の角度は45度で…」と伝統芸のコツを熱血指導した。

さらに、イベントでは“ダークタワー”に見立てたジェンガに挑戦。そのジェンガから「柳沢さんにとっての宿敵は?」との質問が飛んだ。すると柳沢は「中井貴一」と即答。「同じ年ですが、なぜかしっかりしているんだよね!」と絶賛。またモノマネしながら、「あの落ち着きだよね~憧れがあるよね。時任(三郎)さんもイイですよね、あの身長であの落ち着きね…!」と「ふぞろいの林檎たち」で共演したキャストをべた褒め。「おれ過去大好きなんですよね(笑)」と述懐して思い出に浸った。

(取材・文・写真/nony)


映画『ダークタワー』
2018年1月27日(土)全国公開

原作:スティーヴン・キング
監督:ニコライ・アーセル(「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」)
出演:イドリス・エルバ、マシュー・マコノヒー、トム・テイラー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

中井貴一

生年月日1961年9月18日(59歳)
星座おとめ座
出生地東京都

中井貴一の関連作品一覧

柳沢慎吾

生年月日1962年3月6日(58歳)
星座うお座
出生地神奈川県小田原市

柳沢慎吾の関連作品一覧

関連サイト

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST